プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer, Inc.

Supermicro、NEBSレベル3認証を取得した「2U Ultra-Eショートデプス」サーバーを発表

AsiaNet 86237

Supermicro、NEBSレベル3認証を取得した「2U Ultra-Eショートデプス」サーバーを発表

サーバーポートフォリオの拡充により、データセンターの計算能力をテレコム向けエッジに提供:負荷の高いワークロードの処理、NEBS準拠、フリーエアクーリング、AC/DC電源オプション

カリフォルニア州サンノゼ, 2020年10月27日 /PRNewswire/ — Super Micro Computer, Inc.(Nasdaq:SMCI)は、エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワークソリューション、グリーンコンピューティングテクノロジーのグローバルリーダーです。同社は、市場をリードしているデータセンターサーバー機能https://www.supermicro.com/ja/products/5g )を、世界各国の5G、通信、エッジでの高速化ワークロード向けに提供しています。そしてこのたび、Supermicroが拡充を続けるNEBS(Network Equipment Building System)レベル3認定サーバー製品ラインナップに、新しく「2U Ultra-Eショートデプス」サーバーを追加しました。これにより、従来データセンターに設置されていた業界標準でオープンサーバーの計算能力を通信やその他エッジアプリケーションへ展開、運用することができます。

Supermicroは、エッジからクラウドまで、インテリジェントでシームレスな接続を可能にする、強力かつ豊富な機能を備えたシステムを通じて、通信業界に変化をもたらしています。SupermicroのUltra製品ラインナップは、柔軟性に優れパワフルなコンピューティングをお客様に提供し、オールNVMe、ハイブリッドストレージ、低遅延の最適化、幅広い種類のネットワーク、革新的な省スペースのUltraライザーカードを含む拡張性など、最高クラスの機能を誇るカスタマイズ可能なオプションを有する多彩な製品のひとつです。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1317833/supermicro_short_depth.jpg

Supermicroの社長兼最高責任者(CEO)であるチャールズ・リアン(Charles Liang)は次のように述べています。「Supermicroが提供する業界標準のエッジインフラストラクチャ向けサーバーテクノロジーの計算能力に対する需要はますます高まっています。当社のUltra SuperServerは、エッジアプリケーションに最適です。2U Ultra-Eショートデプスサーバーは、GPUやFPGAのサポートなどの拡張機能および、より高速なパフォーマンスを提供します。また、消費電力削減が求められている5Gや通信アプリケーションでの幅広いワークロード向けに最適化されており、さらにNEBS認証を取得しています。」

本日発表された2U Ultra-Eショートデプスサーバーhttps://www.supermicro.com/ja/products/system/2U/2029/SYS-2029U-MTNRV.cfm )は、エッジ・マイクロデータセンターを対象としており、最大205ワットTDPのデュアル第2世代インテルXeonスケーラブル・プロセッサーを搭載しています。同製品は、奥行き57.4センチメートルのコンパクトな筐体に、フロントにホットスワップドライブ、ファンモジュールを備えています。また、24 DIMMスロットで最大6TBのDDR4メモリーに対応し、ネットワーク、GPU、FPGAを自由に選択できる8つのPCI-E 3.0拡張スロットを装備しています。このシステムの柔軟性とさまざまな構成オプションにより、データセンターやエッジインフラストラクチャ最新化をサポートします。Ultra-E NEBSレベル3バージョンは、ACまたはDC電源のいずれかを選択できます。

ショートデプスシステム、NEBS準拠、DC電源オプションを通して、Supermicroは通信業界への取り組みを続けていきます。同時に、Supermicroは業界をリードする5Gや通信ソフトウェアプロバイダーとの連携を重ね、より充実したソリューションを提供します。新しいインフラストラクチャの構築に向けた市販(COTS)サーバーを必要としているお客様のために、Supermicroは、O-RANなどの標準化団体とオープンスタンダードに取り組んでいます。

2U Ultra-Eショートデプスサーバーの製品動画(英語)はこちらをご覧ください SuperMinutehttps://www.youtube.com/watch?v=TmVqqRElBkA&feature=youtu.be ).

Ultra製品の詳細は こちらhttps://www.supermicro.com/ja/products/ultra )をご覧ください。

Supermicroの最新ニュースおよび発表資料は、 LinkedInhttps://www.linkedin.com/authwall?trk=bf&trkInfo=AQEnW4_QPFeWZQAAAXVn-TY44gt3tEdMLQXa0EEBU9BFE9Modfn7ieTPdSjzrWfVJz0CNv3rHpNtEg-TrO6OJHkJR_JowX3HGotTUs4-mXMnttc3A0J_g0qj9t7JMQz6HW97cOY=&originalReferer=&sessionRedirect=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fsupermicro )、Twitterhttps://twitter.com/Supermicro_SMCI )、Twitter(Japan)https://twitter.com/supermicrojapan )、Facebookhttps://m.facebook.com/Supermicro )でご覧いただけます。

(以上)

Super Micro Computer, Inc.について(SMCI)
高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro(R)は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のプレミアプロバイダーです。Supermicroは「We Keep IT Green®」イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供しています。

報道関係者お問合せ先
Super Micro Computer Inc. 国内広報代理

Supermicro、Server Building Block Solutions、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc. の商標または登録商標です。

Intel、Xeonは、Intel Corporationまたはその子会社の商標です。

他のすべてのブランド、名称、商標は、それぞれの所有者に帰属します。
https://mma.prnewswire.com/media/1317833/supermicro_short_depth.jpg 

ホフマンジャパン株式会社
担当: 小嶋 / 佐藤 / 小倉
Email: supermicrojp@hoffman.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ