プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Avidity Science

Avidity Science(TM)社がBio Medic Data Systems、Hydropac(R)、Lab Products, Inc.、Harford Systemsを買収し生物医学研究事業を拡張

AsiaNet 86227

Avidity Science(TM)社がBio Medic Data Systems、Hydropac(R)、Lab Products, Inc.、Harford Systemsを買収し生物医学研究事業を拡張

【ウォーターフォード(米国ウィスコンシン州)2020年10月27日PR Newswire】

Avidity Science社は、10月27日にBio Medic Data Systems、Hydropac(R)、Lab Products, Inc. およびHarford Systemsの買収を通じ、生物医学研究分野における同社の世界的な主導的地位を拡大するための戦略を発表しました。

今回のこれらの投資は、Avidity Science社の実験動物飼育市場における、飲用水製造、室内配管、動物管理および監視システム全般と、保守能力を拡大し、世界中の生物医学研究者への支援を強化します。

Avidity Science社の最高経営責任者(CEO)であるDoug Lohseは、今回の買収に関して、「Bio Medic Data Systems、Hydropac(R)、Lab Productsは、生物医学研究市場において革新的で、実証された素晴らしい製品と技術であり、これらが当社の業界を主導する生物医学研究向けソリューションに加わることで今後当社は、包括的で技術的に優れた製品とサービスの組み合わせをお客様に提供し、世界中の生物医学研究を支援することができる。」と述べています。

 ・BMDS(マイクロチップ実験動物識別システム)は、安全かつ正確に実験動物を特定するための先進的な最先端の製品を提供し、研究者と施設向けの研究データの収集、記録、検証を自動化するよう設計された完全統合的なシステムを創出します。

 ・Hydropac(R)は、給水バルブ付き実験動物用の飲水バックシステムです。長年に亘り、実験動物市場で認められた飲用給水ソリューションであるHydropac(R)システムは、シングルユースで滅菌済みのDisposable Valve(TM)と米国食品医薬品局(FDA)グレードのフレキシブルフィルムの給水バッグ、そして無菌的に飲用水を飼育室内でバックに充填・密閉する充填機器で構成されます。

 ・Lab Products, Inc.は、小型金属製、プラスチック製ハウジングから多様な高性能の環境管理システムに及ぶ広範囲な研究モデルのハウジングと実験動物飼育設備に不可欠な製品を製造しています。同社の市場で認められた実証済みの特許取得の技術は、実験動物と研究員を同時に保護するという研究課題に対処し、飼育施設、時間、労務費用の効率的な活用を実現します。

Lab Products, Inc.のGeorge Gabriel社長兼最高経営責任者(CEO)は、「Avidity Scienceが優れたイノベーションと強力な製品とサービスの提供を組み合わせ、当社の長年の顧客を支援し続けることを確信している。成長を続けるAvidity Science社のチームに当社の仲間が加わり、円滑な事業移行を確かなものとすることは非常に喜ばしい」と述べています。

Avidity Science社のグローバル生物医学事業の最高責任者であるLaura Sarlin氏は、「生物医学研究は、急速に成長しており、世界的に重大かつ新たな健康懸念に対処するために行われている重要な研究に対してAvidity Science社が高品質の製品とサービスを提供することは極めて重要である」と述べています。

Doug Lohse氏は、「今回の投資は、科学の力で生活の質を向上するという当社のビジョンを達成する上でさらなる重要なステップであり、Avidity Scienceは、多様なソリューションポートフォリオとグローバル・フットプリントを確立し、研究市場における信頼できるパートナーとしての当社の位置を強化することに繋がる」と締めくくった。

▽Avidity Scienceについて
Avidity Science社は、実験動物飼育市場における飲用水製造、供給、管理および監視システム。生命科学向け純水、超純水製造装装置、生物医学研究向けの製品とサービスにおける世界的リーダーです。1969年の創立以来、当社の使命は科学の力で生活の質を向上することです。米国、欧州およびアジアで事業を展開する当社は、比類ないテクノロジーとサポートを通じ、世界の研究市場のお客様に対しての信頼できるパートナーであり続けます。これらの投資と当社の詳細についてはwww.AvidityScience.com を参照願います。
▽問い合わせ先 Amber Hegemann, 電話:+1-262-534-5181 Ext 254, Amber.Hegemann@AvidityScience.com
または、

▽問い合わせ先 田向康人 電話:+81-3-6277-8440, Yasuto.Tamukai@AvidityScince.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ