プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

小杉織物株式会社

日本を代表する繊維産地企業がタッグを組んだ国産「デニム×シルクマスク」を発売 

「絹織物産地」福井県の小杉織物と「デニムの聖地」岡山県の青木被服が提携

小杉織物株式会社

 浴衣帯など和装製造の小杉織物株式会社(福井県坂井市、小杉秀則社長)と、デニム衣料製造の青木被服株式会社(岡山県井原市、青木茂社長)は、日本を代表する繊維産地のコラボレーションによる商品開発を目指し提携しましたのでお知らせいたします。第一弾として、コロナウイルスの再流行が懸念される今冬に向け、小杉織物のシルク生地、青木被服のデニム生地を活用した「デニム×シルクマスク」を、両社のECサイトで販売開始しました。コロナ禍の影響が続く国内の繊維産地のメーカーが連携し、より良い商品を提供することで、産地の活性化にも貢献してまいります。

 小杉織物は羽二重、絹織物といった織物の一大産地である福井県において和装帯を中心に製造。特に浴衣帯分野では価格、品質競争で中国産に打ち勝ち、国内シェア90%を獲得しております。青木被服は高品質な国産デニム生地の産地である岡山県において、デニム製品を生産。自社ブランド「FAGASSENT(ファガッセン)」は、パリやミラノでも高評価を得ています。

 両社はこれまで受注生産を主軸としてまいりましたが、コロナウイルスの影響で受注が激減。今春には自社の縫製技術を生かした布マスク製造およびECサイトでの直販事業にそれぞれ乗り出しました。小杉織物の「涼やか絹マスク」、青木被服の「デニムマスク」は、マスメディア等で大きな話題となり、コロナ禍において地方で生き残りを懸ける中小企業として注目を集めました。

 コロナ禍で大打撃を受けつつも技術力を生かして生き残りを図るストーリーが類似している両社が、産地間連携によって国産繊維商品の新たな価値を創出することを目的に提携しました。高品質の国産布マスクはもちろん、今後は両社の本業領域でも新商品開発でタッグを組んでまいります。デニム生地を活用した浴衣および浴衣帯、シルク生地を取り入れたデニム衣料製品など、お客様に新たな提案ができる商品を検討してまいります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010205963-O1-BJK26naE

 提携第一弾として発売中の「デニム×シルクマスク」は、表地に青木被服のデニム生地を、裏地に小杉織物のシルク生地を使用。デニム生地は、糸の段階から染料を浸透させ色合いを保持する「反応染め」と呼ばれる特別な染色方法で織られたもので、何度洗っても殆ど色落ちがしないのが特徴です。染色には地元の小田川の上質な水を使用することで、なめらかな色合いときめ細やかな質感に仕上げています。 シルク生地は、小杉織物自社工場で織ったマスク専用のもの。同社独自の「特殊メッシュ織」技術により、絹本来が持つ肌がよろこぶ質感に加え、通気性、快適性が増すように工夫しています。耳ゴムも同社工場で織っております。

 また、デニム生地、シルク生地の間に、一般的な不織布フィルターと東洋紡製の高機能抗ウイルスフィルター「ヴァイアブロック」の計2枚を挟み込んだ4重構造とすることで、これからの季節にも使いやすいようにしております。「デニム×シルクマスク」の縫製は、今年4月から累計80万枚を販売してきた小杉織物が担います。デニム×シルクマスクは、両社のECサイト「Itokala by 小杉織物」(https://kosugiori.thebase.in/)、「青木被服倉敷本店」(https://aokihifuku.base.shop/)で購入できます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010205963-O2-CNkvGypV
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010205963-O3-HLfu0dZk
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010205963-O4-e53f7Kuh
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010205963-O5-uAk3gr82
【デニム×シルクマスク商品概要】
※価格
真鍮リベット付3080円(税込)、リベットなし2860円(税込)
※カラー
ノイヤー、アールブルー、アメリア、アシュリー、ロイヤルブルー
※サイズ
Lサイズ 高さ約12.8cm×巾約22.8cm
Mサイズ 高さ約12.2cm×巾約21.8cm
Sサイズ 高さ約11.8cm×巾約20.8cm
※素材
◆マスク生地
表は綿100%、裏は絹100%
◆フィルター(2枚入り)
ポリプロピレン100%×1枚
抗ウイルスフィルターポリエステル70%アクリル30%×1枚
◆紐(耳ゴム)
ポリエステル68%、ナイロン21%、ポリウレタン11%
◆マスクの洗い方について
・中性洗剤で優しく手洗い(押し洗い)します。
・洗濯後、水道水で十分すすいでください。
・すすいだ後、軽く絞り、形を整えてから直射日光を避け風通しの良い日陰干しをお勧め致します。
・アイロンは絶対に使用しないでください。中のフィルターが溶ける恐れがあります。
・漂白剤は黄変しますのでご利用にならないでください。
◆販売方法(インターネット)
「Itokala by 小杉織物」(https://kosugiori.thebase.in/
「青木被服倉敷本店」(https://aokihifuku.base.shop/

■小杉織物株式会社について
 当社は1937年の創業以来、「ほかのどの企業にもまねの出来ない質の高い独創的な商品を作ること」「どこよりも早く、お客様の要望に応えられる商品開発力をつけること」「ほかのどの企業よりも、効率的な生産体制をつくること」等に力を入れることで、浴衣帯製造分野でナンバーワンの座を獲得しております。4月からは、当社の織物技術を駆使した「洗える絹マスク」の製造、販売を開始。受注枚数は、おかげさまで約7カ月で80万枚を突破いたしました。本社福井県坂井市丸岡町猪爪5-3-1。

■青木被服株式会社について
 1961年創業。デニムの聖地・岡山県井原市に本社をおき、60年間にわたりデニム製品の受注生産を行っております。1970年代にはデニム生地生産が活性化し、国内外に自社工場を増設。2010年にはデザイナーの青木俊樹がブランド「FAGASSENT(ファガッセン)」を創設し、パリとミラノにてメンズコレクションを開始、そのデザインと巧みな縫製技術は海外からも評価を得ております。今年3月からはデニムマスクの製造、販売を始めております。本社岡山県井原市西江原町501。 

denimsilkmask2
denimsilkmask4
denimsilkmask7
denimsilkmask5
denimsilkmask8
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ