プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

電気興業株式会社

ローカル5G無線機(28GHz帯)販売開始及びDKKローカル5G導入コンサルティングサービス開始のお知らせ

 
ローカル5G無線機(28GHz帯)販売開始および DKKローカル5G導入コンサルティングサービス開始のお知らせ

 
 電気興業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松澤幹夫、以下 DKK(ディーケーケー))は、新規事業の一環として昨年度より取り組んでいるローカル5G事業で、自社開発の無線機(28GHz帯)を2021年4月に販売開始する予定です。また、これからローカル5Gの導入を検討するお客様に対し、各々の対象エリアにおける電波環境調査、エリアシミュレーション、総務省への免許申請代行、機器販売・設置工事、保守・メンテナンス、アフターケアまでを包括的にサポートする「DKKローカル5G導入コンサルティングサービス」を無線機の販売と同じ2021年4月に開始予定いたします。

 ローカル5Gは大手通信キャリア以外の事業者が通信サービス提供できるシステムなので、多くの企業が事業参画に取り組んでいます。更に利用するお客様は、IoTやスマート化を実現しようとするあらゆる企業や団体であるため、大きなマーケットが存在すると想定されています。
総務省がローカル5Gに許可している周波数帯はSUB6帯(4.6~4.9GHz帯)と28GHz帯(28.2~29.1GHz)があり、一般には相対的に伝送容量は少ないけれども障害物の裏側にも回り込み易いSUB6帯の方が、伝送容量は多いが直進性があり回り込みにくい28GHz帯よりも扱いやすいとされています。
DKK(ディーケーケー)が敢えて28GHz帯の開発に踏み切ったのは、本来5Gに求められている高速大容量を実現するには周波数の帯域を多く取れるとされる28GHz帯の方が現実的であることに加え、欠点と考えられている回り込みにくい性質を弊社が70年間アンテナ開発で培ってきた技術とノウハウでその点を補完できると考えたからです。これまで様々な実証を経て開発を進めてまいり、来年4月にはご提供できる見通しがつきましたため、ここに発表させていただきます。
なお、本ローカル5G無線機(28GHz帯)はO-RAN規格に対応しております。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010236150-O2-2654kzwJ
        DKK(ディーケーケー)が開発中で2021年4月販売開始予定のローカル5G無線機(28GHz帯)
          (2021年4月のリリース時は、商品の形状・色等が写真と異なることがあります。)

 これから様々な企業や団体がローカル5Gを導入されると思いますが、ローカル5Gは通信エリア設計に専用機器やノウハウが必要であったり、無線局免許取得の際には、これまでの経験などが要求されるなど、導入検討中のお客様が自身で取り組むには少なくとも電波の専門的な知識が必要であると考えます。
前述のように特に弊社が国内で自社開発を進めている28GHz帯は直進性が強く、対象エリアに満遍なく電波を行き届かせるためには技術やノウハウが必要です。
更に電気通信工事では、通信ならではの特殊な作業が発生するため、お客様がローカル5Gの機器のみを購入したとしても有資格者が所属する施工業者を探して設置工事を発注することになります。
 そこでDKK(ディーケーケー)は、ローカル5G導入をご検討されているお客様を対象に企画提案からエリア設計、免許申請代行、機器提供、設置工事、保守・メンテナンスまでトータルでサポートする「DKKローカル5Gコンサルティングサービス」をご提供いたします。
今年で創立70周年を迎えるDKK(ディーケーケー)は、創業以来放送や通信に欠かせないアンテナや鉄塔の設計・開発・製造・設置・保守を中心とした事業で常に業界をリードしてきた歴史を持っています。この70年間の実績で培われた技術とノウハウは、ローカル5Gを実現するための専用機器や専門知識を持った人材として形になっております。これらを活かすことで他社とは差別化された新しいサービスをご提供し、できるだけお客様の負担なくローカル5Gを導入できるお手伝いをしたいと考えております。
DKK(ディーケーケー)では、ローカル5G事業の根幹を成す要素として本サービスを位置づけ、ビジネスの幅を大きく広げるとともに新たなマーケットの構築を目指しています。

サービス内容について
 この度DKK(ディーケーケー)が発表いたします「DKKローカル5G導入コンサルティングサービス」の内容は大きく次の3つの領域に分類できます。各領域は各々3つのサービスがあり、合計9つのサービスで構成されています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010236150-O4-E74dvaF1

 なお、このたび発表いたしますDKKのローカル5G無線機(28GHz帯)およびDKKローカル5G導入コンサルティングサービスにつきましては、来る10月28~30日に幕張メッセで開催される通信・放送Week2020 第3回5G/IoT通信展に出展いたしますDKK(ディーケーケー)ブースにおいてご紹介いたします。
また、ご用命の方は弊社担当営業または下記までお問い合わせください。

               お問い合わせ先:電気興業株式会社 総務部 広報課 03-3216-1682

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010236150-O5-d16K5wfx

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ