プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Omdia

Covid-19の影響で2020年第2四半期のクラウドサービスサーバー出荷記録を更新(出典:Omdia)

AsiaNet 86218

Covid-19の影響で2020年第2四半期のクラウドサービスサーバー出荷記録を更新(出典:Omdia)

ロンドン, 2020年10月22日 /PRNewswire/ — 世界サーバー市場は、第2四半期最高の出荷記録を更新しました。 2020年第2四半期において、合計340万台のサーバーが出荷され、前年比で39%増加しました。 (Omdiaの最新のデータセンターサーバー機器マーケットトラッカーからの出典。)(https://omdia.tech.informa.com/OM006920/Data-Center-Server-Equipment-Market-Tracker—Q2-2020

サーバーの出荷台数の増加は、消費者と企業のクラウドサービスへの依存度が高まったことを示しています。 消費者は、ロックダウン期間中、娯楽、社会的交流、および学習のためにクラウドサービスを使う機会が増加しました。

さらに、世界的なパンデミックにより多くの企業がオフィスを閉鎖し続け、企業のクラウドサービスへの依存度が高まっており、その結果として、リモート業務を支援するデスクトップ仮想化インフラストラクチャ(VDI)などのサービスに対する需要が高まっています。
OmdiaのデータセンターコンピューティングシニアアナリストであるManoj Sukumaran氏は、次のように述べています。 「第2四半期には、Tier 2クラウドサービスプロバイダー(CSP)および通信サービスプロバイダー(Comm SP)のサーバーに対する需要が増加しました。」

「多くの企業にとって、クラウドサービスへの移行は、データセンターIT資本的支出(CapEx)を回避し、Covid-19による収益の減少を相殺するために使用されるコスト削減策でした。 Netflix、YouTube、Huluなどのストリーミングメディアサービスの消費増加と、より質が高いメディアコンテンツの使用により、CommSPからのサーバー需要を促進するコンテンツ配信ネットワークを拡大する必要性が高まっています。」

Omdiaのデータセンターサーバー機器マーケットトラッカーhttps://omdia.tech.informa.com/OM006920/Data-Center-Server-Equipment-Market-Tracker—Q2-2020 )も、サーバーの平均販売価格(ASP)の上昇していることを発見しており、それに2つの原因があること提示しています。 まず第一に、より多くのサーバーがより高いASPを搭載するTier 2CSPおよびCommSPに出荷され、ハイパースケールクラウドサービスプロバイダーに出荷される低コストサーバーの量が減少したことです。 第二に、メモリやフラッシュストレージなどのコンポーネントの価格が上昇したことです。 これらの結果として、サーバーの収益は出荷台数の成長に続き、前年比で18%増加しました。

2020年の見通し
Omdiaはサーバーの収益予測を更新し、世界的なCOVID-19パンデミックによるクラウドサービスサーバーの需要増加と企業支出の引き締めが織り込まれています。 現在、Omdiaは2020年のサーバー収益が8%増加すると予測しており、前回の予測から8%ポイントの上方修正となります。 本予測の更新により、2020年のサーバー市場の価値は850億ドルまで増加しました。

「本更新を推進した主な要因は2つありました。1つはクラウドサービスの持続的な需要であり、もう1つは新しいCPUリフレッシュサイクルです」とSukumaran氏は述べています。 「Facebookは最新のIntel Cooper LakeCPUベースのYosemite v3 サーバーを導入する予定です。これは、コア数が多く、XeonDよりもコストがかかる可能性があります。」

Omdiaは、2020年に1,320万台のサーバーが出荷されると予測しており、2019年に比べて11.5%の増加となります。 この出荷数は2024年までに1800万を超えると予想されており、年平均成長率は9%です。 CY24で出荷されるすべてのサーバーのうち500万以上(26%の)がエッジサーバーで、CY19の200万(20%)よりも高い数値となっています。
2020年の第2四半期には、Wiwynn、QCT(Quanta)、Tyan(MiTAC)、Ingrasys(Foxconn)などのWhite Box Vendorsはサーバー収益の24%を占めました。これは、CSPからの需要が引き続き堅調だったためです。 Dell EMCのシェアは15%で、HPEが13%で続いています。 Omdiaのデータセンターサーバー機器市場トラッカーhttps://omdia.tech.informa.com/OM006920/Data-Center-Server-Equipment-Market-Tracker—Q2-2020 )によると、Inspurの四半期は好調であり、20年第2四半期にシェアを12%に増やしました。これは、前四半期と比べて4%ポイント増加しています。 Lenovoは7%のシェアでトップ5で締め締めくくりました。

  Omdiaについて 
Omdiaは、Informa Techの研究部門(Ovum、Heavy Reading、Tractica)と買収されたIHS Markit技術研究ポートフォリオ*の合併で設立された、世界的な技術研究の大手です。
当社では、400人を超えるアナリストのテクノロジースペクトラム全体にわたる専門知識を駆使して、150の市場を分析し、3,000のリサーチソリューションを公開して、14,000を超える加入者に情報提供しています。このような分析では、数千のテクノロジー、メディア、通信会社をカバーしています。 

当社の徹底的なインテリジェンスとテクノロジーの専門知識により、今日の絶えず進化するテクノロジー環境の理解を容易にし、今後の事業改善するのに役立つ実用的な洞察を提供することができます。

Omdiaは、InformaPLCおよび/またはその関連会社の登録商標です。 他のすべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標である可能性がございます。   Informa PLCは、英国とウェールズにおいて会社登録番号8860726で登録されており、登録事務所と本社は5 Howick Place, London, SW1P 1WG, UKです。   Copyright   (c) 2020 Omdia All rights reserved.

* IHS Markitテクノロジーリサーチ製品およびソリューションの大部分は、2019年8月にInformaによって買収され、現在はOmdiaの一部となっています。

インフォグラフィック – https://mma.prnewswire.com/media/1317265/Omdia_Sever_Shipments_2019_2024_Infographic.jpg
インフォグラフィック – https://mma.prnewswire.com/media/1317266/Omdia_2Q20_DC_Server_Revenue_Market_Share_Infographic.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ