プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Detect-It LLC

Detect-It LLCがコーダーフリーのニューラル・ネット・ライフサイクル管理ソリューションを発表

AsiaNet 86197 (1907)

 
【オークパーク(米ミシガン州)2020年10月21日PR Newswire=共同通信JBN】
*すべての人が生活をより便利に、より安全に、より生産的にするための人工知能

Detect-It LLCは21日、スマートソフトウエア製品のDetect-It(TM)Net-Developerを発表した。Net-Developerは企業全体のニューラル・ネット・ライフサイクル管理ソリューションであり、ニューラルネットワーク(Detect-It-Nets)を作成、展開、管理するコーダーやプログラマーを必要としない。Detect-It-Netを実装するスマート製品は、まず工業生産および自動車メーカーに導入され、次に地方自治体および消費者市場でリリースされる。

Video – https://www.youtube.com/watch?v=M5BxrWv_piE
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1315604/Detect_It_Logo.jpg

Detect-It LLCのKevin Kerwin社長は「AIの力を一般の人のレベルまでおろし、日常生活におけるスマート製品を利用して、人々に恩恵をもたらしたいと考えた。また、製品が成功するためには、プログラマーやコーダーに依存する必要がないこともわかっていた。こうして、当社のすべての製品に力を与えるDetect-It-Netsの製作と改善に向けてわれわれが協力できるようになる、プラットフォームから独立したコードフリーの開発ツールのアイデアが生まれた」と述べた。

Detect-It-Netsは、進化する顧客のニーズと環境の変化を学習し、それに適応する。検出を重ねるごとに、Detect-It-Netsはよりスマートになる。Detect-It-Netsを使用する人が増えれば増えるほど、正確で有益になる。さらに、ユーザーはDetect-It(TM)アプリを介して、新しいカスタムDetect-It-Netsを要求することができる。このアプリは、Detect-It(TM)ユーザーベース全体で訓練と展開が可能だ。Detect-It(TM)を使用してビジネスやユーザーを支援する方法はほぼ無限にある。

Detect-It(TM)は、次の4つの方法で市場に出る。

*医療および軍事を視野に入れた、産業、地方自治体、消費者市場セグメント向けのパッケージ化されたハードウエア・ソフトウエア製品。
*Detect-It(TM)Web Net StoreからダウンロードしたDetect-It-Netsの使用に関する月次リース/ライセンス、Detect-It-Netsの他社へのライセンス。
*月額制Detect-It(TM)Net Developerのクラウドベースのエンタープライズ・ソフトウエア・モジュール利用。
*産業、地方自治体、消費者市場向けのカスタムソリューション。

Detect-It(TM)はまず、ARKK Engineering Inc.によって産業・製造・地方自治体の市場で統合される。ARKK Engineering Inc.は、産業システムの設計、統合、エンジニアリングサービスのグローバルプロバイダーとして35年の歴史を持つ。ARKK Engineering Inc.には、ほぼすべての主要な自動車メーカーとティア1サプライヤーを含む広範な顧客基盤がある。

Detect-It, LLCは、人工知能とニューラル・ネットワーク・テクノロジーを専門とするハードウエア・ソフトウエア会社だ。Detect-It(TM)は、プロセスとタスクをより正確、効率的、かつ収益性の高いものにして、人々の生活をより便利で、より安全で、より生産的にする製品を作る。

ソース:Detect-It LLC

▽問い合わせ先
Detect-It LLC
Kevin Kerwin
President
+1 248-548-7050
kevinkerwin@detect-it.ai

Detect-It LLC
Rick DiLoreto
Director of Marketing and Communications
+1 248-548-7050
rickdiloreto@detect-it.ai

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ