プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

ドコモが国立科学博物館とXR体験イベントを実施

2020年10月21日

株式会社NTTドコモ

ドコモが国立科学博物館とXR体験イベントを実施
~「Magic Leap 1」を通して、空間上で動物の頭骨等を観察~

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、独立行政法人国立科学博物館(以下、国立科学博物館)内の 空間構造データ※1を取得し、動物の剥製に頭骨の3Dオブジェクトや詳細情報を表示するなどの実証実験を行い、得られたデータをもとにしたXR※2体験イベント「ドコモ×国立科学博物館 XRで楽しむ未来の展示」を2020年11月12日(木)から11月25日(水)まで、国立科学博物館地球館3階「大地を駆ける生命」展示スペースにて開催します。
本イベントでは、「Magic Leap 1※3」を通して、本物の剥製を見ながら表示される動物の情報や頭骨などの3Dモデルを操作することにより、これまでにない視点から観察するなど、新しい博物館展示をガイドツアー形式で体験できます。

本取り組みは、ドコモが国立科学博物館と締結した「空間プラットフォーム技術検証の実施および新たなXRコンテンツ展示手法の検証・イベント実施における協定」の一環です。

 ドコモは、国立科学博物館とXR技術を活用した新たな展示手法の可能性について、今後も検討してまいります。

※1 空間構造データ:現実空間を構成する要素(壁や床、モノの形状・サイズ・位置)を含んだデータ。
本技術検証では、「Magic Leap 1」を用いて、国立科学博物館地球館3階「大地を駆ける生命」展示スペースをスキャンする ことによって取得した空間構造データをもとに3Dオブジェクトなどを表示している。
※2 XR:VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、 MR(複合現実)といった先端技術の総称。
※3 「Magic Leap 1」:Magic Leap社の軽量なウェアラブルヘッドセットで、リアルとデジタルを融合したインタラクティブな世界を  提供。モニターがなくても、シームレスにデジタルコンテンツに見て触れることが可能。
「MAGIC LEAP」「MAGIC LEAP 1」、Magic Leapのロゴおよびその他のすべての商標は、Magic Leap, Inc.の商標です。
https://www.nttdocomo.co.jp/product/magicleap1/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ