プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人日本盲導犬協会

オンライン「盲導犬ユーザー受け入れ・接客セミナー」開催 コロナ禍 店舗や施設でサービス提供時の不安解消

補助犬育成団体で初の試み 誰でも 全国どこからでも 無料で参加できます

2020年10月20日
公益財団法人 日本盲導犬協会

 
  【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195907-O1-ypafHdUK
                                       
報道関係者各位

公益財団法人日本盲導犬協会(理事長:井上幸彦)の神奈川訓練センター(神奈川県横浜市)は、盲導犬ユーザーが外出先でコロナを理由に援助を受けにくくなっている実情を踏まえ、「オンライン盲導犬ユーザー受け入れ・接客セミナー」を11月~12月に6回開催します。受講者はスーパーやコンビニ、飲食店、公共交通機関などの関係者を主に想定していますが、関心のある方なら誰でも参加できます。
 企業や施設、店舗単位でしか受けられなかったセミナーを、個人にも、そして一般の方々へも広く公開するのは全国でも例がなく初の試みとなります。視覚障害や盲導犬について、コロナ禍だからこそ知っていただきたい、そんな情報を発信いたします。

 

■コロナ禍で視覚障害者の生活に支障
新型コロナウイルスの流行以来、日本盲導犬協会には感染予防を理由に受け入れ拒否に遭った盲導犬ユーザーからの相談が寄せられています。
協会では、2020年5月~6月にかけて、262人のユーザー一人ひとりへ電話をかけ、困っていることや不安はないか、盲導犬の状況や人の健康に大きな変化はないかなど状況や気持ちを聞き取っていきました。「スーパーでの買い物の際に店員に援助を頼みにくくなった」「人との距離がわかりにくい」「買い物リストを渡して入口で待つようにしているけど、やっぱり自分で品物を確認しながら買い物したい」といったように、苦労している声がたくさん寄せられました。

■ 店舗、施設でも対応に悩む
一方、受け入れ事業者側からも「視覚障害者の手引きや案内をどうしたらいいか」、など接客についての悩みの電話が入っています。鉄道関係者や店舗経営者などはソーシャルディスタンス確保を十分にできるか、不安を抱いているようです。
 
   【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195907-O4-GRXLG1Mw
(写真右:2020年7月2日、横浜市緑区役所で実施した受け入れセミナー。 実際の盲導犬ユーザーも参加して実演を行います )
     
手をこまねいていては、障害のある人が店舗や施設を利用しにくくなることが懸念されます。本セミナーは、盲導犬ユーザーが店舗などの施設を利用する際の対応といった基礎編から、コロナ禍で困っているユーザーの生の声などの応用編まであり、さらには質疑応答の時間もつくります。協会が作成したコロナ禍での盲導犬受け入れの考え方を盛り込んだパンフレットも参加者にネットを通じて配布します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195907-O5-bl5HpP8s】  【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195907-O6-20p91POe
(ユーザーの声を受けて作成した「盲導犬受け入れ」についてのパンフレット。受け入れ相手に手渡して読んでもらえるよう、協会のユーザーに10部ずつ配布しました)
 
報道関係の皆さまにはぜひ、「オンライン盲導犬ユーザー受け入れ・接客セミナー」を告知、取材いただき、どんな状況にあっても「誰も取り残さない社会」を目指して発信してくださいますようにお願い申し上げます。

■ 「オンライン盲導犬ユーザー受け入れ・接客セミナー」詳細

1.開催日時 2020年11月 4日(水)10:00~11:00
            11月 9日(月) 8:00~ 9:00
            11月17日(火)19:00~20:00
            11月26日(木)14:00~15:00
                                          11月29日(日)14:00~15:00
                                          12月12日(土)10:00~11:00

※事業者や会社勤務の人など、都合に合わせて参加しやすい時間帯をお選びいただけます。

 
2.場  所 公益財団法人日本盲導犬協会 神奈川訓練センター
       〒223-0056 神奈川県横浜市港北区新吉田町6001-9
       ※参加者はオンラインで参加、無料

3.内  容
・身体障害者補助犬と盲導犬
・盲導犬の受け入れと身体障害者補助犬法
・新型コロナウイルス感染を含めた犬の衛生面について
・盲導犬ユーザーが施設を利用する際の対応(コロナ禍での対応含む)【実演】
・障害の社会モデルについて(障害者差別解消法の趣旨)
・質疑応答

4.申し込み
日本盲導犬協会ホームページ申し込みフォームより受け付け
https://www.moudouken.net/
セミナーの問い合わせ先:TEL.045-590-1595

 
■ 2021年からは定期的にオンラインでのセミナーを開催予定
年明け以降は、より多くの方にご参加いただけるよう、オンラインでのセミナーを定期的に開催する予定です。
併せて、企業、店舗、事業所単位で行う対面でのセミナーの受け付けも継続しています。新型コロナウイルス感染予防を徹底した上で実施いたします。
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195907-O7-WyFmrcwH
(2017年4月7日、西武鉄道株式会社のセミナー。実際の駅ホームを利用し、たくさんの駅職員の方が案内の方法を学びました)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195907-O8-L7b1Rmws】  【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195907-O9-cr0n8k9g
(2019年10月18日、株式会社利久 富沢店(仙台市)で実施したセミナー。飲食店では、手引きのほか料理の説明の仕方など、現場に即してより具体的なこともお伝えします)

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ