プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road

Xinhua Silk Road:中国東部の樟樹市で第51回樟樹全国TCM原料・医薬品見本市が開幕

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010205982-O1-U51KFZGn
AsiaNet 86170 (1891)

 
【北京2020年10月19日PR Newswire=共同通信JBN】China Association of Traditional Chinese Medicine(中国漢方医学協会)の主催による第51回Zhangshu National TCM Materials and Pharmaceuticals Trade Fair(樟樹全国TCM原料・医薬品見本市)は10月16日、中国東部江西省の県級市、樟樹で開幕した。

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1315159/Zhangshu.jpg

「本質を継承、革新に専念」をテーマにした3日間のイベントは、経済・貿易、学術交流、業界研修、文化振興で構成され、特別展示、オンライン交流、薬用食品健康文化フェスティバルが含まれている。

見本市に参加するため、全国から8600以上の医薬品会社が集まり、最大2万7000種の展示が行われ、初日の取引高は108億7000万元に達した。

樟樹のDong Xiaoming党総書記によると、第51回樟樹全国TCM原料・医薬品見本市はオンライン展示を行うため、インターネットやビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの最新情報技術を活用し、見本市のデジタル化への一段の変革を推進している。

地元のTCM(伝統中国医学)業界の革新的発展を後押しするため、医薬品産業投資促進会議も開かれ、生物医学、医療機器、医薬品生産・流通などの18件のプロジェクトが同会議で契約され、総投資額は53億1100万元に達した。

さらに、科学技術の成果を実際の生産性に移し変えるため、200余りの最新科学技術の成果と150余りの技術要件が、供給と需要の関連当事者の交流プラットフォームとして機能するオンライン会議で収集された。

樟樹は近年、同市の経済を活性化する戦略的手段として、特徴的なTCM産業を発展させることに焦点を当てている。2019年に同市の医薬品産業クラスターは、913億元の営業収益を達成し、同市のTCM産業は4年連続で全国の県経済産業クラスターの上位100の中にランクされた。

同市には現在、44万8600ムー(約2万9907ヘクタール)のTCM原料作付け面積と326の医薬品企業がある。

オリジナルリンク: https://en.imsilkroad.com/p/316878.html

ソース:Xinhua Silk Road

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=374469
写真説明:見本市での取引をリアルタイムで映し出す「インターネット+医薬品」体験ホールの大型スクリーン

見本市での取引をリアルタイムで映し出す「インターネット+医薬品」体験ホールの大型スクリーン
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ