プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

マカフィー株式会社

選挙のフェイク動画排除に向けDeepfakes Labを設立

2020年10月20日

マカフィー株式会社

マカフィー、選挙のフェイク動画排除に向け
Deepfakes Lab(ディープフェイクラボ)を設立
データサイエンスの高度な専門知識とツールを活用し、
2020年アメリカ大統領選の候補者や政党を中傷する
ディープフェイク動画を特定

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195909-O1-vkhpPzk7

デバイスからクラウドまでを保護するサイバーセキュリティ企業である
米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は、
McAfee Deepfakes Labの設立を発表しました。

ディープフェイクの疑いがある動画を最新の人工知能(AI)を活用して
分析し、マスメディアやソーシャルメディアに提供します。
これらのフェイク動画は、2020年アメリカ大統領選や今後の選挙で、
候補者や政党を中傷する偽情報の拡散に利用される恐れがあります。

マカフィーのシニア バイス プレジデント兼最高技術責任者(CTO)である
スティーブ・グロブマン(Steve Grobman)は次のように述べています。

「フェイク動画は、選挙期間中、セキュリティと偽情報に関する
多くの重大な懸念をもたらすでしょう。
最新のAI技術を使用することで、あらゆる分野の悪意ある攻撃者が、
候補者がしてもいない言動をあたかもしているかのような
ディープフェイク動画を作成することができるようになりました。

このような偽のビデオ映像が大統領選投票日の11月3日以前に流布され、
有権者を特定の行動に仕向ける恐れがあります。
McAfee Deepfakes Labはマカフィー独自のAI機能により、
マスコミ各社が偽情報を特定し、対策を講じるよう支援することで、
有権者が惑わされるのを防ぎます」。

ディープフェイク動画は、敵対的生成ネットワーク(GANs)と呼ばれる
高度なディープラーニング技術を活用して、既存の画像、音声、動画を
ソースメディアファイルに重ね合わせることによって作成されます。

GAN技術を使って人工的に映像を合成し、
本物と見分けがつかないような精巧な映像を作成することが可能です。
残念なことに、それらは有害で政略的な動画コンテンツを開発するために
使用される可能性があり、当事者や有力な報道機関が動画に異議を唱える
間もなくソーシャルメディア上で拡散される可能性があります。

McAfee Deepfakes Labは培ってきたデータサイエンスの専門知識と、
コンピュータビジョンおよび隠れたパターンを読み解く
ディープラーニング技術を組み合わせた自社ツールを活用し、
元のメディアファイルの認証に重要な役割を果たす
合成された動画要素を検出します。

報道機関やソーシャルメディアプラットフォームの管理者が疑わしい動画を
Deepfakes Labに提出すると、マカフィーは動画の信憑性の評価し、
検出スコアとヒートマップを提供します。

グロブマンはさらに次のように述べました。

「AIの進歩によりこれらの動画作成が容易になったことで、
この手の偽情報を封じ込めるためにはテクノロジーだけでなく
自己啓発が欠かせません。
残念ながら、私たちは長い"ディープフェイクとの攻防"の渦中にいるのです。

私たちは、本人とは違う見栄えやキャラクターに加工した
"フォトショップ"画像には馴染みがありますが、ディープフェイクで
加工された偽動画についても同じように熟知する必要があります。
奇妙なものに出会ったら、その出処を疑い、本物かどうかを見極めてください。
それが予防線となって、個人や社会に与えるであろう
損害を抑えることができます。
McAfee Deepfakes Labはその一方で、私たちを騙そうとする
悪意ある攻撃者たちに後れを取らないようにサポートします」。

McAfee Deepfakes Labの利用を希望される場合は、
疑わしいコンテンツのリンクを次のアドレス宛に送信してください。
送信先アドレス:media@mcafee.com

<参考情報>
●マカフィーブログ:
ディープフェイクラボ:高度なAIを使用したディープフェイクの検出と防御

選挙2020-この選挙で偽のディープフェイクの動画を見つける方法

●ビデオ:McAfee CTO Steve Grobman discusses the Deepfakes threat to Election 2020

■マカフィーについて
マカフィーはデバイスからクラウドまでを保護する
サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を
越えて共に力を合わせることで実現するより安全な世界を目指し、
マカフィーは企業、そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。
詳細は https://www.mcafee.com/ja-jp/ をご覧ください。

* McAfee、マカフィー、McAfeeのロゴは、米国およびその他の国における
 米国法人 McAfee, LLCまたはその関連会社の商標又は登録商標です。
* その他の会社名、製品名やブランドは、該当各社の商標又は登録商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ