プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DoubleVerify

DoubleVerifyが業界初のCTVブランドセーフティ・ソリューションで コネクテッドテレビの透明性を向上させる

AsiaNet 86050

DoubleVerifyが業界初のCTVブランドセーフティ・ソリューションで コネクテッドテレビの透明性を向上させる

*DoubleVerifyは、CTVに対する広告主の需要増大に応じ、あらゆるビデオ環境におけるメディア投資の品質担保において先行し続ける

2020年10月19日、東京 – デジタルメディア測定、データおよび分析のソフトウエアプラットフォーム大手のDoubleVerify(以下、DV)は14日、業界初のコネクテッドTV(CTV)ブランドセーフティ・ソリューションを発表した。これは、広告主向けの同社の完全なビデオソリューションをあらゆる環境において前進させるものだ。

このソリューションは、CTVに新しい透明性をもたらし、広告主にCTVの購入で3つの重要なコントロールを提供する。除外リストと非除外リストによって、広告主は特定のCTVアプリをターゲットにするか、回避することで、在庫とブランドの適合性要件を調整できる。また、ブランド広告主は配信リポートを監視して、キャンペーンの品質を測定し、「違反」を特定できる。さらに、稼働中の広告キャンペーンを最適化し、将来のキャンペーン戦略を改善することができる。

DoubleVerifyのMark Zagorski最高経営責任者(CEO)は「オーディエンスがチャンネルに集まるにつれて、CTVの透明性に対する広告主の需要は加速し続けるだろう。このソリューションを市場で最初に導入し、グローバルな広告主のために効果的なCTVのアプリレベルのブランドの安全性と適合性のコントロールを可能にすることを誇りに思う」と述べた。

チャンネルがアプリおよびコンテンツレベルのデータを収集する方法は複雑なため、CTVのアプリレベルのコントロールが以前から課題となっていた。現在、アプリ情報は(広告の)販売者に渡されないことが多い。共有される場合でもバンドルID形式で行われるが、これは標準化されていない。実際、DVは、IAB規則に準拠したアプリ名を持っているCTVオークションはわずか23%であることを確認した。また、(広告の)販売者は、自動化または検証された形式でコンテンツレベルのデータを提供していない。購入者はキャンペーン後の概要リストを受け取る場合があるが、これは通常キャンペーンで実行したプログラムのサブセットの詳細であり、正確性や量を保証するものではない。

Zagorski氏は「CTVキャンペーンを展開している環境やプログラムに特有の明確なデータまたは検証済みのデータがない場合、すべての広告主がCTVで購入する際にブランド適合性のリスクにさらされる。当社の新しい除外リストと非除外リストにより、適合性の標準とその基準に適合するアプリのみを選択することで、ブランドコンテンツの適合性への広告主のコントロールが向上するようになる」と述べた。

DVの新しいソリューションは、広告主顧客にアプリレベルの透明性を提供し、直感的で正規化された方法でアプリデータを提示することで、その機能を果たす。 DVは非標準のランダムなアプリバンドルIDを提示するのではなく、包括的で実際のアプリ名とそれに関連付けられたデバイスとIDを提供してすることになる。

今年初めにDVは、CTV在庫の新しい透明性およびレポートソリューションを立ち上げることで、CTVの透明性 の欠如への取り組みを開始した。DVのレポートソリューションは、プラットフォームとデバイス間でアプリ名をマッピングしてIAB標準に従ってそれらを正規化し、そのCTVキャンペーンが展開する場所で完全な透明性と正確なデータを広告の購入者に提供する。このソリューションを立ち上げてからすぐに、6000を超えるアプリが主要な業界プラットフォームにマッピングされた。

DoubleVerifyの詳細な情報は、japan@doubleverify.com に問い合わせをいただきたい。

DoubleVerifyについて
DoubleVerifyはデジタルメディア測定、データおよび分析の大手ソフトウェアプラットフォームです。DVのミッションは、世界最大のブランド、パブリッシャー、デジタル広告プラットフォームのためのデジタル広告の品質と有効性に関する透明性とデータドリブンなインサイトの最も信頼できる情報源になることです。DVの技術基盤は、品質を最大限に向上させるために利用できる一貫性のある公平なデータと分析を広告主に提供し、デジタル広告投資に利益をもたらします。DVは2008年より、より良い業界の構築を支援するデジタル広告のエコシステムに、クラス最高のソリューションを提供することによって、フォーチュン500の数百社がメディア出資から最大の利益を上げることを支援してきました。詳細はwww.doubleverify.comをご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ