プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ZTE Corporation

ZTEとChina MobileがBroadband World Forum2020でBest Enterprise Private Line Solution Awardを受賞

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195912-O1-6cv0C79i

AsiaNet 86130 (1866)

 
【深セン(中国)2020年10月16日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者テクノロジー・ソリューションの大手国際プロバイダーであるZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)とChina Mobileは、Broadband World Forum(BBWF)2020で、両社のクラウド管理インテリジェントOTNエンタープライズ専用回線が評価され、Best Enterprise Private Line Solution Awardを受賞した。

ZTEとChina Mobile東莞支店は、ユーザーの様々なアクセスのニーズを満たすために、このインテリジェントOTNエンタープライズ専用回線ソリューションを共同で構築し、高品質のネットワークを提供している。

エンタープライズ専用回線は、帯域幅リソースをより有効に活用するために2M-100Gの調整可能な粒度をサポートしている。さらに、自動CPE展開とPnP(プラグアンドプレー)を実装できるため、CPE展開が数日から数時間に短縮される。

一方、エンタープライズ専用回線では、インテリジェント管理および制御プラットフォームを介してCPEを分解できるため、エンドツーエンドのベンダー間管理が可能になる。

また、ネットワーク全体の迅速なエンドツーエンドの展開とプロビジョニングをサポートし、サービススケジューリングを数時間から数分に短縮することで、市場投入までの時間(TTM)を大幅に短縮し、垂直産業におけるChina Mobileの競争力を強化している。

リアルタイムの遅延測定とアラームにより、インテリジェントOTNエンタープライズ専用回線の遅延指標はユーザー要件を十分に満たすことを保証する。

ZTEは、消費者、事業者、企業、公共部門の顧客に対する高度通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズのテクノロジー・ソリューションのプロバイダーである。通信および情報技術の分野が集約していく中で、ZTEは卓越性と価値をもたらすため、顧客に統合的なエンドツーエンドのイノベーションを提供することに全力で取り組んでいる。香港と深センの証券取引所(H share stock code: 0763.HK / A share stock code: 000063.SZ)に上場されているZTEは、160以上の国で製品とサービスを販売している。

▽メディア問い合わせ先
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース:ZTE Corporation

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=374210
(写真説明:Best Enterprise Private Line Solution Award)

Best Enterprise Private Line Solution Award
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ