プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社大和ネクスト銀行

「応援定期預金」残高が1,000億円を突破

2020年10月19日
株式会社大和ネクスト銀行

 「誰でも気軽に社会課題の解決に参加できること」をコンセプトに、2017年11月に取り扱いを開始した、株式会社大和ネクスト銀行(以下、大和ネクスト銀行)の「応援定期預金」の残高が、2020年10月16日に1,000億円を突破しました。

 約3年という短期間で残高1,000億円に到達できたことは、“SDGs”への社会的な関心の高まりを背景に、本商品が“SDGsに貢献できる預金”として、多くのお客さまにご評価いただいた結果と考えております。改めて感謝申し上げます。
 
 今後も、大和証券グループが掲げるSDGs推進アクションプラン“Passion for SDGs”に則り、SDGsの達成へさらに貢献できるよう、様々な施策を実施していきたいと考えておりますので、大和ネクスト銀行「応援定期預金」について引き続きご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
●「応援定期預金」の商品概要 (詳しくは大和ネクスト銀行のウェブサイトをご確認ください)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010155755-O4-hgMq62P2
※応援定期預金のお預入れは、お客さまによる寄付行為ではありません。そのため、寄付を証する書面等の発行はありません。税制等について、詳しくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談ください。

 
●大和ネクスト銀行の「応援定期預金」が2020年度のグッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞
 グッドデザイン賞とは、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は48,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。
               ( 出典:グッドデザイン賞ウェブサイトhttps://www.g-mark.org/

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010155755-O2-RA94NEgB

 
●株式会社大和ネクスト銀行(代表取締役社長:夏目景輔)について
 「“貯蓄から資産形成へ”の潮流の中、証券グループの銀行として、お客さまの資産形成ニーズに沿った商品・サービスを提供すること」および「銀行の公共的使命を全うするため、健全な業務運営、安定的な経営基盤の維持・強化に努め、社会からの揺るぎない信頼を確立すること」を経営方針として、2011年に開業した大和証券グループ本社が100%出資する銀行です。

 
以上

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010155755-O3-OK3oWZPa

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ