プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

JUD care

JUD careが患者隔離の革命的ソリューションである移動可能病室sRoomの国際パートナープログラム開始

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010195890-O1-wo6Q6p4p

AsiaNet 86149 (1879)

 

【深セン(中国)2020年10月16日PRNewswire=共同通信JBN】スマート医療・健康管理ソリューション分野の主要ハイテク企業であるJUD careは、医療スタッフがさまざまな場所に緊急隔離室をすぐに設置できる患者隔離の革命的ソリューションである新たに開始した移動可能病室sRoomの国際パートナープログラムを開始した。わずか10分で6+平方メートルの1人用陰圧隔離室を設置でき、衛生上の緊急事態、特に感染症対策の場合の重要な設備となる。この国際パートナープログラムに関心がある個人や組織は次で同社と直接接触して問い合わせを:judcare@clearofchina.com

Video – https://www.youtube.com/watch?v=0LzqjJiNm6o

JUD careのHe Wei最高執行責任者(COO)は「隔離は呼吸器感染症の予防・管理の基本的・決定的対策だ。JUD careの使命であるEmpower Healthcare with Technology and Commence(技術で医療に力を備え、始める)をよく表している移動可能病室sROOMは即時隔離の革命的ソリューションであり、医療スタッフによるウイルス拡散防止の迅速かつ確実な処置に加えて人間の健康保護に役立つ。世界中へのCOVID-19の突然の発生と急速な拡散は国際協調の必要性を際立たせた。当社はこの国際的な闘いにもっと多くの人々が国際パートナーとして加わることを歓迎する」と述べた。

sRoomは完全な隔離、高度なろ過、新鮮な空気から汚れた空気への流れを提供し、汚染空気の漏出を防ぎ、室内の感染粒子の濃度を下げる陰圧環境を作る。耐火天蓋は気密空間を作り、自動ドアロックシステムは手の接触をなくし、伝染リスクを軽減する。複数のエアフィルターが毎時150立法メートルの新鮮な空気を供給し、HEPAフィルターと二重消毒システムを備えた排気口が99.99%以上の粒子を捕捉、1時間に12回以上部屋を換気して病原体の濃度を下げる。

スマートで効率的な医療環境を作るために、sRoomには幅広いインテリジェントインタラクションが装備されている。室内の気圧、気温、湿度、空気質など、重要な情報を監視し、液晶表示タッチスクリーンにリアルタイムで表示する。調節可能な気温制御システムは、気温をセ氏20-26度に維持し、快適な医療環境を生み出す。

加えて、安全、確実である。緊急バックアップ電源と二重制御システム、および構成設備の耐用年数を示す自動リマインダーを備えており、sRoomは停電が発生した場合も機能を維持する。

さらに、この費用効果の高いソリューションは、ユニバーサルホイールと、折りたたむとコンパクトな形状のため、移動性が高く、展開が簡単。設置すると、sRoomは病院ベッド、医療機器、さらにビルトインのドライトイレ、ソケット、酸素パイプも収容できる。使用後は、金属フレームと再利用可能な防水シートを簡単に消毒し、折りたたんで保管できる。

直感的な体験を通じて患者の即時隔離と効果的な感染制御をもたらすsRoomは、さまざまな医療シナリオで重要な設備として機能し、有利な1回の投資で、幅広い医療部門に大きな価値を提供する。

▽JUD careについて
JUD careはスマート医療・健康管理ソリューションの分野の主要なハイテク企業の1つである。中国の深センに本社があるJUD careは、完全な研究開発、マーケティング、サービスネットワークと1400人以上の従業員を擁する。その商品とサービスは、中国の30省と世界の50を超える国・地域の3500を超える病院で利用されている。

詳細は次を参照、またはフォロー:
https://s-room.clearofchina.com/
https://www.linkedin.com/company/judcare/

ソース:JUD care

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=374341
写真説明:JUD careが新たに開始した移動可能病室sRoomは、医療スタッフがさまざまな場所に緊急隔離室をすぐに設置できる患者隔離の革命的ソリューションである

JUD careが新たに開始した移動可能病室sRoomは患者隔離の革命的ソリューションである
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ