プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

c2a-sec Ltd.

C2AセキュリティがAutoSecをリリース 設計から廃車まで車を監視保護する史上初の自動車サイバーセキュリティの ライフサイクル管理プラットフォーム

AsiaNet 86088

C2AセキュリティがAutoSecをリリース 設計から廃車まで車を監視保護する史上初の自動車サイバーセキュリティの ライフサイクル管理プラットフォーム

AutoSecは、OEMsとTier-1サプライヤー間で保護の開発と導入を調和させながら、
車のサイバーセキュリティ管理にかつてない可視性と制御および保護をもたらします。

エルサレム 2020年10月14日 /PRNewswire/ — 信用ある自動車サイバーセキュリティソリューションズの大手プロバイダーであるC2Ahttps://c2a-sec.com/ )は、本日、本社の主力製品であり、史上初の包括的サイバーセキュリティのライフサイクル管理プラットフォームであるAutoSechttps://www.youtube.com/watch?v=wVRvI4Er7k4&feature=youtu.be )の発売を発表しました。AutoSecは、業界の利害関係者がサイバー攻撃を識別し軽減できるようにするオープンプラットフォームを用いて、車両サイバーセキュリティの急速に進化している課題に対応します。

ビデオを見る:https://www.youtube.com/watch?v=wVRvI4Er7k4&feature=youtu.be

AutoSecは業界の危機的な時期に登場しました。現代の車体構造はかつてないほど脆弱です。OEMsとTier-1は、国連欧州経済委員会の自動車基準調和世界フォーラムはもちろん、新しいISO/SAE 21434国際標準規格にも取り組んでおり、サイバーセキュリティチームは責務を調整し効果的に伝えるために奮闘しています。

今日の車両に必要な新しい基準と規制を完全に満たすサイバーセキュリティ保護を実装するために、まず第一に、OEMsとTier-1はあらゆる車両モデルにおいて、サイバーセキュリティステータスの全範囲可視性を獲得しなくてはなりません。二番目に、OEMsとサプライヤーは、車両ライフサイクルにわたってのサイバー攻撃に対する車載保護を配備し維持できなければなりません。AutoSecにおいて、C2Aセキュリティはその二つのニーズを満たすプラットフォームを開発しました。このサイバーセキュリティ・ハブはこの種の最初のものであり、サイバーセキュリティのライフサイクル全体に比類のない透明性をユーザーに提供し、リスク・アセスメント、プランニング、ポリシー作成と施行などの各フレーズをクリックするだけの合理化された管理を可能にします。

AutoSecは、自動車サプライチェーンの利害関係者の間で、より高いレベルの調整を可能にし、セキュリティ・チームが業界への未来のサイバー攻撃に備えることを可能にする新しいコラボレーションの機会を作ります。自動車業界で初めて、AutoSecは全てのプレーヤーからサプライヤー・チェーンまでのコミュニケーションを調和させ、車両ライフサイクルを通じた車載サイバーセキュリティを維持するリスク・マネージメントのための統一された効果的な経路を作成します。業界全体のサイバーセキュリティの改善を加速し、サプライチェーン組織全体のサイバーセキュリティの取り組みの調和を促進するために、C2Aセキュリティは「フリーミアム」モデルでAutoSecをリリースします。関心をお持ちののサイバーセキュリティ・チームは、AutoSecを無料で使い始めることができ、すぐに車両のコンポーネント全ての全範囲可視性を得られます。

最高製品責任者でありマーケティング責任者であるナサニエル・メロンは、以下のように述べています。「C2Aの使命の中核は、自動車産業が真に安全で、会社もドライバーも同様に保護することです。その使命を果たすために、AutoSecは現在業界に欠けている3つの重要な機能―可視性、制御と保護―をたった一つの集中化されたプラットフォームでお届けします。自動車サイバーセキュリティ・イノベーターの幅広い意見を取り入れてAutoSecを開発し、全てのプレーヤーに無料で使ってもらえるようにすることで、今日や明日の数多くのサイバーセキュリティの課題に取り組む業界の現在進行形の取り組みに貢献しているのです。」

AutoSecは、C2Aの一連の車載サイバーセキュリティ・ソリューションに加わります。

このソリューションは、サイバーセキュリティに多層アプローチを採用し、自動車関連の保護と安全の適合性を提供します。

AutoSecのデモンストレーションをご希望の方は、以下のEメールにご連絡ください。
C2ASecurity@antennagroup.com

C2Aセキュリティについて
C2Aセキュリティとは、信用のあるエンド・ツー・エンド車載サイバーセキュリティソリューションのプロバイダーです。本社の組み込みサイバーセキュリティソリューションは多層アプローチを取り、安全要求事項を満たしている車に適切な保護を提供しています。C2AのAutoSecとは、包括的サイバーセキュリティのライフサイクル管理プラットフォームであり、車両の全ライフサイクルにわたって、接続された車両のサイバーセキュリティニーズを満たすために求められる可視性をOEMやTeir1に提供しています。市場の中立性、自動車業界のニーズに完全に精通していること、統合の容易さをもって、C2Aは車両サイバーセキュリティのエコシステムを再定義しています。C2Aは最もフレキシブルで包括的で可視性の高いサイバーセキュリティソリューションの唯一のプロバイダーです。C2AはMore Ventures、OurCrowd、とManiv Mobilityの支援を受けています。

詳細は以下のリンクをご覧ください:https://www.c2a-sec.com/

https://www.youtube.com/watch?v=wVRvI4Er7k4  
https://mma.prnewswire.com/media/1311075/AutoSec.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ