プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人日本損害保険協会

高校生向け講師派遣の講演を動画化

2020年10月13日

一般社団法人 日本損害保険協会

交通事故のリスクと損害保険の概要を学べる動画教材を作成
~高校生向けの講演内容を動画化、授業や自習で活用可能に~

一般社団法人 日本損害保険協会(会長:広瀬 伸一)では、主に高校生向けの講師派遣で使用している「交通事故とその責任」、「自転車を取り巻くリスクとその責任」について、動画教材を作成しました。
本年7月以降は、新型コロナウイルス感染症の防止策を講じたうえで、講師を派遣し講演活動を実施していますが、本動画教材により、自動車や自転車等の交通事故のリスクと損害保険の概要について、オンデマンド形式でも学習することが可能となりました。
また、本動画教材は、通常の授業だけでなく臨時休校等で授業時間が足りない場合の自習教材としても活用いただけます。動画の最後には、学習した内容を確認するクイズもありますので、併せてご活用ください。
当協会では、引き続き、新型コロナウイルス感染症の防止や学校現場の状況に配慮し、様々な工夫を凝らしながら「だれもが」「いつ」「どこでも」「分かりやすく」学べるような環境を用意し、損害保険リテラシーの向上に取り組んでいきます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009264876-O1-14H902mR 】      

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009264876-O2-2AMFp631

<動画教材の概要>
高校生が楽しみながら動画を視聴できるよう、交通安全や損害保険について優しく丁寧に教える「わんぽ先生」と「生徒役のキャラクター」による対話を通じて学習する構成にしています。動画の最後には、学習した内容を確認するクイズもありますので、振り返りとしてご活用ください。
ダイジェスト版はこちらです。▼
【動画: https://youtu.be/bgtTqzy-xek

(1)交通事故とその責任
自動車や自転車による交通事故のリスクやその大きさ、交通事故を起こすことで生じる法律上の責任および交通事故に備える損害保険について学習することができます。また、自転車安全利用五則といった安全運転のルールも併せて紹介しています(本編33分、クイズ9分)。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009264876-O4-f0G44MB8

(2)自転車を取り巻くリスクとその責任
「交通事故とその責任」の内容のうち、自転車の運転に潜むリスクや安全運転のルール、自転車事故に備える損害保険に特化して学習することができます (本編26分、クイズ5分30秒)。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009264876-O6-GAcUO5pN

<入手方法>
当協会ホームページ「講師派遣の講演に関する動画教材のご案内」からお申し込みください。お申し込みいただきましたら、本動画のURLを申し込まれた方のメールアドレス宛にお送りします。

◆日本損害保険協会ホームページ「講師派遣の講演に関する動画教材のご案内」
https://www.sonpo.or.jp/about/efforts/action/koushi/douga.html

<お問い合わせ先>
 一般社団法人 日本損害保険協会
 業務企画部 啓発・教育グループ
 03-3255-1215 consumer@sonpo.or.jp

「交通事故とその責任」講演動画
学習内容を振り返るクイズ
001
003
009
007
017
019

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ