プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トリナ・ソーラー(Trina Solar Co., Ltd )

トリナ・ソーラーのVertex 600W+シリーズモジュールが世界的に認知された業界のIEC認証を取得

AsiaNet 86028
 

【常州(中国)10月12日PR Newswire】太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションの提供で世界をリードするTrina Solar Co.,Ltd.(以下「トリナ・ソーラー」または「同社」)はこのほど、ガラスバックシートおよび両面ガラスモジュールのVertex 600Wおよび550Wシリーズが、テュフ ラインランド(TUV Rheinland)の太陽光電池モジュールのIEC基準の連続的試験に合格し、IEC61215とIEC61730の2つの認証を取得したと発表した。Vertexシリーズは、PV業界でIEC認証を取得した最初の600W+の高出力PVモジュールとなった。

トリナ・ソーラーのVertexモジュール(600W/550W)は、210mmサイズのセルを使用しており、大規模な地上設置型PV発電所や大規模な産業および商業用屋上プロジェクトに適した高出力、高効率、高信頼性の特性を備えている。 トリナ・ソーラーの優れたPERCおよびマルチバスバー技術に加えて、低電圧および高ストリング出力設計を採用しており、モジュールの1ストリングの電力を40%以上増加させる。同時に、ダメージレスカッティング(Non Destructive Cell Cutting)、高密度セル相互接続を統合している。両面ガラス構造のモジュールはまた、 IEC 61730規格のクラスAの最高の防火レベルを備えており、操作上の安全性と長期的な信頼性を高めている。

600Wおよび550Wモジュールの短絡電流(Isc)および最大出力電力(Pmax)は、前世代と比較して10%以上増加している。IEC62915太陽光発電モジュールの再試験ガイドラインによると、さまざまなタイプの研究室承認と安全性テストが必要となる。設計関連の認証と型式承認は、温度サイクル(TC200)試験、ホットスポット(HS)試験、ダイオードの加熱と機能(BD)試験を適用して行われる。高ストリング出力機能により、モジュールIscはそれに応じて高くなり、増加した試験電流がこれらの試験中に適用されることになる。これは通常、モジュールの設計と材料にいくつかの課題をもたらす。しかしながら、Vertexのより優れた信頼性と最適化された設計が、より厳しい課題に対応するために展開され、この厳しいテストに合格した。同時に、セルサイズが大きくモジュール電流も非常に大きいため、サポートするジャンクションボックスもIEC62790規格に従ってアップグレードする必要がある。

テュフ ラインランド・中華圏のZou Chichengソーラーサービス担当副社長は、「600W+の超高出力モジュールは、太陽光発電業界の重要な発展の方向である。600W+の太陽光発電オープンイノベーション・エコロジカル・アライアンスのメンバーとして、トリナ・ソーラーとテュフ ラインランドは、600W+の超高出力モジュールの開発を支援および促進するために、それぞれの利益になるような重要な役割を果たしている。テュフ ラインランドは、トリナのVertexシリーズモジュールの研究・開発の初期段階から議論に参加し、製品の安全性と信頼性に関する独自の経験を共有してきた。超高出力モジュールは、電流がさらに増加することを意味する。高電流の影響を排除することは、メーカーにとって大きな課題であり、サードパーティーの認証機関の機能に対してより高い要求を提示している。トリナ・ソーラーのVertex 600W+モジュールは、テュフ ラインランドの包括的で厳格な試験に合格してIEC認証を取得し、サードパーティー組織によって認定された業界初の600WPVモジュールになった。そのため、トリナの長年にわたって蓄積した研究・開発と産業チェーンのサポートにおける強さをくまなく示しており、『quality is a habit(品質こそ習慣)』というトリナの一貫した哲学を体現している」と述べた。

トリナ・ソーラーの製品戦略・マーケティング部門の責任者であるZhang Yingbin博士は「Vertexの超高出力モジュールは、トリナの20年以上の技術経験と革新、優れた研究開発チームと一流の国内インテリジェント製造拠点を組み合わせました、まったく新しい210/M12セル技術に基づいています。この組み合わせにより、Vertexシリーズモジュールはすぐに業界の新しいベンチマークになりました。技術革新と同時に、トリナ・ソーラーはサードパーティーの組織と協力して、モジュールの長期的な信頼性に関する試験方法と評価基準を共同で探求してきました。テュフ ラインランドの信頼性の認証を取得したことは、権威のあるサードパーティーによってVertexモジュールの高い信頼性が再び評価されたということです。このことはl、トリナ・ソーラーが、Vertexシリーズモジュール向け新しい高信頼性の保証スキームを定義する重要な一部です。より高い効率、より高い出力、より高い信頼性を備えたこのモジュールによって、お客様の投資利益が高まると確信しています」と述べた。

▽トリナ・ソーラー(SH 証券コード:688599)について

トリナ・ソーラーは、1997年に創立された太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションの世界有数のプロバイダーです。同社は、太陽光発電関連製品の研究開発、製造および販売、太陽光発電所の開発、EPC、O&M、スマートマイクログリッド、マルチエネルギーシステムの開発および販売、ならびにエネルギークラウドプラットフォームの運営管理をおこなっています。2018年にトリナ・ソーラーはエネルギーのIoTブランドを立ち上げ、中国国内外のトップ企業や研究機関と共同で、Trina Energy IoT Industrial Development Allianceを設立し、New Energy IoT Industry Innovation Centerを設立しました。パートナーのみなさまと共にエネルギーIoTのエコシステムを構築し新エネルギーの IoTの革新的な基盤作りをするために全力で取り組んでいます。2020年6月10日、トリナ・ソーラーは上海証券取引所科創板(Sci-Tech innovation board)でA株を新規発行し、「スター・マーケット」という名称でも知られる上海証券取引所科創板に上場した最初の太陽光発電関連製品・システム、および、スマートエネルギーの企業となりました。

詳細については、http://www.trinasolar.com/jpをご覧ください。

ソース:Trina Solar Co., Ltd

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ