プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer, Inc.

Supermicro、最高密度のGPUサーバーでポートフォリオを拡張

AsiaNet 85934

NVIDIA HGX A100 8-GPUサーバーと、最大20枚のA100 PCI-E GPUカードを搭載可能な8U SuperBlade(R)

サンノゼ, 2020年10月9日 /PRNewswire/ — Super Micro Computer, Inc. (Nasdaq: SMCI)は、エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワークソリューション、グリーンコンピューティングテクノロジーのグローバルリーダーです。同社は本日、8つの NVIDIA(R) HGX A100(TM) GPU を搭載し、GPU機能を強化した新しい4U GPUサーバーを発表しました。今回の柔軟な4Uシステムは、6倍のAIトレーニング性能、7倍の推論ワークロード容量を実現し、最高のGPU搭載密度を実現しています。また、新しいSuperBladeでは8Uで最大20枚のA100 PCI-E GPUをサポートします。Supermicroは、柔軟にカスタマイズ可能なSuperBladeサーバーから、1U、2U、4U、10U構成のGPUサーバーまで、業界で最も種類豊富なGPUシステムのポートフォリオを提供しています。

Supermicroは現在、エッジからクラウドまでアプリケーションを強化する新しいNVIDIA HGX A100(TM) GPUを搭載したサーバーを、業界で最も豊富なGPUシステムラインナップで提供しています。ポートフォリオ全体には、AMD EPYC(TM)や、インテル(R) ディープラーニング・ブーストテクノロジーを搭載したインテル(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーを採用する、1U、2U、4U、10UのラックマウントGPUシステムや、Ultra、BigTwin(TM)、組み込みなどのソリューションが含まれます。

Supermicroの社長兼最高責任者(CEO)であるチャールズ・リアン(Charles Liang)は、次のように述べています。「Supermicroは、NVIDIA HGX(TM) A100 8GPUベースボード(開発コード名Delta)を実装した新しい4Uシステムを発表し、現在のシステムと比較して6倍のAIトレーニング性能と7倍の推論ワークロード容量を実現しました。また、先日発表したNVIDIA HGX(TM) A100 4-GPUボード(開発コード名Redstone)は市場での反響もよく、グローバルなお客様との継続的な関係性を築くことができていることを嬉しく思っています。これらの新しいSupermicroのシステムは、HPC、データ分析、ディープラーニングトレーニング、推論など、急速に変化する市場で必要とされる高速化ワークロードに対応するため、全体的なパフォーマンスを大幅に向上させます。」

カスタムヒートシンクやオプションの液体冷却を含むSupermicroの高度な熱設計を活用した最新の高密度2Uおよび4Uサーバーは、NVIDIA HGX A100 4-GPU、8-GPUベースボードと、8つのNVIDIA A100 PCI-E GPUをサポートする新しい4Uサーバーを特色としています。SupermicroのAdvanced I/Oモジュール(AIOM)のフォームファクタは、高い柔軟性でネットワーク通信をさらに強化します。AIOMは、NVIDIA GPUDirect(R) RDMAおよびGPUDirect Storageや、拡張可能なマルチGPUシステムにボトルネックのない連続したデータストリームを提供するNVIDIA Mellanox(R) InfiniBandのNVME over Fabrics(NVMe-oF)をサポートする最新の高速、低遅延のPCI-E 4.0ストレージおよびネットワークデバイスと組み合わせることができます。さらに、Supermicroのチタニウム・レベル電源は、GPUの冗長サポートを可能にしながら環境にやさしいシステムを保ち、業界最高となる96%の効率性でさらなるコスト削減を実現します。

NVIDIAのアクセラレーテッド・コンピューティング製品管理担当シニアディレクターであるパレシュ・カーリャ(Paresh Kharya)氏は、次のように述べています。 「NVIDIA A100を搭載したSupermicroシステムは、数千ものGPUにすばやく拡張することができます。また、新しいマルチインスタンスGPUテクノロジーを使用して、各A100 GPUを7つのGPUインスタンスに分割し、異なるジョブを同時実行することもできます。TensorFloat-32を搭載したNVIDIA A100 Tensor コアGPUは、いかなるコードの変更も必要とせずに、前世代と比較して最大20倍の計算能力を提供します。」

SupermicroによるHGX A100 4-GPU向けの高度な2U設計

この2Uシステムは、Supermicroの高度なサーマルヒートシンク設計を採用したNVIDIA HGX A100 4GPUベースボードを搭載し、コンパクトなフォームファクタでフルロード時も最適なシステム温度を維持します。このシステムは、NVIDIA NVLink(R)を介した高速GPUピア・ツー・ピア通信、最大8TBのDDR4 3200Mhzシステムメモリー、GPUDirect RDMAをサポートする5つのPCI-E 4.0 I/Oスロット、およびGPUDirect Storage機能を備えた4つのホットスワップ対応NVMeを実現します。

HGX A100 8-GPUを搭載した高密度で汎用性の高い4U設計

新しい4U GPUシステムは、NVIDIA HGX A100 8GPUベースボード、最大6つのNVMe U.2と2つのNVMe M.2、10のPCI-E 4.0 x16スロットを搭載し、Supermicro独自のAIOMサポートにより、GPUDirect RDMA、GPUDirect Storage、InfiniBandのNVMe-oFなどの最新テクノロジースタックを通じて、8-GPUの通信とシステム間のデータフローを促進します。システムはNVIDIA NVLinkとNVSwitchテクノロジーを採用しています。大規模なディープラーニングトレーニング、研究調査や国立研究所向けのニューラルネットワークモデルアプリケーション、スーパーコンピューティングクラスター、HPCクラウドサービスなどに最適です。

20のA100 PCI-E GPUを搭載可能な超高密度でエネルギー効率の高い8U SuperBlade

業界最高密度のGPUブレードサーバーは、Supermicroの8U SuperBladeエンクロージャにおいて、1ノードあたり2枚のシングル幅GPU、または、1枚のNVIDIA Tensor コア A100 PCI-E GPUを搭載し、最大20ノードと40GPUをサポートすることができます。8Uに20枚のNVIDIA A100 PCI-E GPUを搭載することで、より小さな設置面積、消費エネルギーを最小限におさえて、計算能力の密度を高め、総所有コスト(TCO)を節約できます。SuperBladeは100%ノンブロッキングのHDR 200Gb/s InfiniBandネットワークインフラストラクチャを提供し、ディープラーニングを加速し、リアルタイムの分析と意思決定を可能にします。これにより、GPUに最適化された構成をサポートし、要件の厳しいAIアプリケーションに必要とされる最高レベルの性能とスループットを維持します。SuperBladeは、高い密度と信頼性、アップグレードが可能である特徴により、AI主導のサービスを提供するエンタープライズアプリケーションに理想的な構成要素となります。

業界で最も種類豊富なGPU高速化システムのポートフォリオ

Supermicroは、お客様の使用環境や要件に合わせて最適化された多様なフォームファクタで、NVIDIAの高度なGPUのサポートを続けています。SYS-1029GQ 1U GPUシステムでは、NEBSレベル3認定の5G/エッジ対応モデルや、NVLink対応のNVIDIA GPUを最大4つ搭載したモデルがあります。SYS-2029GP-TR 2U GPUシステムは、1つのシステムでデュアルPCI-Eルートコンプレックスで、最大6つのNVIDIA V100 GPUをサポートすることができます。SYS-9029GP-TNVRT 10U GPUサーバーは、デュアルインテルXeonスケーラブル・プロセッサーと、16のV100 SXM3 GPUでAIを加速させます。

NVIDIA GPUとGPUソフトウェアによる柔軟で幅広いNVIDIA NGC(TM)エコシステムのソリューションでは、開発モデルでのAI推論からHPC、ハイエンドのトレーニングまで、さまざまな分野に対応する組織の多様なタスクに適した、ビルディングブロックサービスを提供します。

Supermicroの最新ニュースおよび発表資料は、 LinkedInhttps://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2939214-1&h=936106960&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fsupermicro&a=LinkedIn )、Twitterhttps://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2939214-1&h=207379330&u=http%3A%2F%2Ftwitter.com%2FSupermicro_SMCI&a=Twitter )、Twitter(Japan)https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2939214-1&h=3971502224&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fsupermicrojapan&a=Twitter%EF%BC%88Japan%EF%BC%89 )、Facebook (https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2939214-1&h=2490878333&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSupermicro&a=Facebook )でご覧いただけます。

(以上)
Super Micro Computer, Inc.について(SMCI)

高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro(R)は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のプレミアプロバイダーです。Supermicroは「We Keep IT Green(R) 」イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供しています。

Supermicro、Server Building Block Solutions、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc. の商標または登録商標です。

他のすべてのブランド、名称、商標は、それぞれの所有者に帰属します。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1306929/Super_Micro_Computer_A100_Servers.jpg 

報道関係者お問合せ先: Super Micro Computer Inc. 国内広報代理, ホフマンジャパン株式会社, 担当: 小嶋 / 佐藤 / 小倉, Email: supermicrojp@hoffman.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ