プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Home First Finance Company India Ltd

ウォーバーグ・ピンカスがインドの主要住宅金融会社Home Firstに9500万ドル(70億インドルピー)を投資へ

AsiaNet 86014 (1811)

 
【ムンバイ(インド)2020年10月8日PR Newswire=共同通信JBN】米国を本拠とする未公開株投資企業ウォーバーグ・ピンカス(Warburg Pincus LLC)は2020年10月2日、子会社のOrange Clove Investments BVを通じ、Home First Finance Company India Ltd(「Home First」)に約9500万ドル(70億インドルピー)を投資する契約を結んだ。成長投資に重点を置く世界的な未公開株投資企業が8日に発表した。約70億インドルピーの投資は1次資金調達と既存株主による2次売却の組み合わせである。ウォーバーグ・ピンカスは既存の一流未公開株投資企業株主のTrue North、Bessemer Venture Partnersと手を組む。

Home Firstは、初めての住宅を建設または購入する低・中所得層の顧客に住宅ローンを提供する技術主導の手頃な価格の住宅金融会社である。Home Firstは過去10年間にインドの11州および1連邦直轄地の60地区で5万人以上の顧客に住宅ローンを提供してきた。2020年3月31日の管理資産は4億8000万ドル(361億8000万インドルピー)、純資産は1億2400万ドル(93億3000万インドルピー)、総不良債権(GNPA)は0.87%だった。

この投資はインドの手頃な価格の住宅セグメント全般と、より具体的にはこの世界的危機をものともしないHome Firstの実績に対する大きな信頼の表明である。

ウォーバーグ・ピンカスのNarendra Ostawalマネジングディレクター(MD)は「Home Firstは10年間という比較的短期間で大手の手頃な価格の住宅金融会社になる目覚ましい道筋をたどった。これは、パンデミックのさなかに成果を上げ、手頃な価格のセグメントの成長力を活用するよう同社を導き続ける非常に有能なチームと強固な業務プロセスが推進している。ウォーバーグ・ピンカスはTrue Northとの提携に期待し、拡大の次の段階でManoj氏(Home FirstのManoj Viswanathan最高経営責任者)と経営陣を支援することを楽しみにしている」と語った。

True NorthのDivya Sehgalパートナーは「当社が技術をうまく利用し、COVID-19のかじ取りにデジタルファーストのアプローチを採用したやり方を誇りに思う。ウォーバーグ・ピンカスを歓迎し、Home Firstのこれからの道程での彼らとの提携に期待している」と述べた。

Home FirstのManoj Viswanathan最高経営責任者(CEO)は「Home Firstはこの新段階でウォーバーグ・ピンカスと組むことを非常に喜んでいる。True Northは、当社が小企業から中規模企業に拡大するのに際し、大きな支援をしてきた。技術への共通の情熱、持続的成長と強固な企業統治への信念は、複数の破壊的な出来事を通じてわれわれを成長させてきた」と述べた。

ウォーバーグ・ピンカスとHome Firstの詳細はhttps://homefirstindia.com/app/uploads/2020/10/Press-Release.pdf を参照。

▽注記
インドルピー(INR)為替レート
1米ドル=INR 75.3859(2020年3月31日)、INR 73.3834(2020年10月1日)
(Source for 1 USD: www.fbil.org and www.rbi.org.in )2020年10月2日は公休日のため、10月1日のレートを採用

▽免責事項
Home First Finance Company India Limitedは必要な認可、市場状況、その他の事由を条件に、同社の普通株の新規株式公開(IPO)の実施を提案しており、2019年11月28日付の予備目論見書案(「DRHP」)をインド証券取引委員会(SEBI)に同年11月29日に提出した。DRHPはSEBIのウェブサイト(www.sebi.gov.in )、引受主幹事Axis Capital Limited、Credit Suisse Securities (India) Private Limited、ICICI Securities Limited、Kotak Mahindra Capital Company Limitedの各社のウェブサイト(www.axiscapital.co.inhttps://www.creditsuisse.com/in/en/investmentbanking/regionalpresence/asiapacific/india/ipo.htmlwww.icicisecurities.comhttp://investmentbank.kotak.com )、National Stock Exchange of India Limited(インド国立証券取引所)のウェブサイト(www.nseindia.com )、BSE Limitedのウェブサイト(www.bseindia.com )で参照できる。投資家は、株式投資が高度のリスクを伴うことに留意しなくてはならない。このようなリスクの詳細はDRHPの「Risk Factors」を参照。潜在的投資家はいかなる投資決定でもDRHPに頼るべきではない。

Home Firstの普通株は米国で、1933年米国証券法修正法(「米国証券法」)またはいかなる州証券法の下でも登録されたことはなく、登録されない。また、そのように登録されなければ、米国証券法と該当の州証券法の登録要件の免除による場合を除き、または登録要件を条件としない取引を除き、米国内で販売の申し出や販売をできない。従って、このような普通株は(1)米国証券法規則Sとこのような売買が可能な法管轄域の該当法に従った米国外のオフショア取引(2)米国証券法4条(a)に規定された私募免除に従い(米国証券法規則144Aに定義されたように)「適格機関投資家」に販売の申し出と販売がなされる。このリリースもHome Firstのウェブサイト上の情報も、米国内またはそのような申し出、勧誘、販売が違法ないかなる場所でもこのような普通株のいかなる販売の申し出も購入、引き受け申し出の誘いも意味せず、あるいはその一部をなすものではない。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1309509/HomeFirst_Logo.jpg

ソース:Home First Finance Company India Ltd

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ