プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)

カナダ造幣局、ニューファンドランド・ラブラドル州クラレンビル上空で観察されたUFOの輝く光がコインに命を吹き込む

AsiaNet 86016 (1812)

 
【オタワ(カナダ・オンタリオ州)2020年10月9日PR Newswire=共同通信JBN】カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)は大好評のCanada’s Unexplained Phenomena(カナダの未解明現象)シリーズに、ニューファンドランド・ラブラドル州クラレンビルの空で1978年に目撃されたUFOの不思議な話を加えた。クラレンビル事件は、暗闇で光る新コレクターコインに生き生きと描かれ、王立カナダ騎馬警察(RCMP)の巡査と複数の目撃者がクラレンビル近郊上空に浮かぶ未確認飛行物体の神秘的な光と楕円形を観察した瞬間を捉えている。造幣局は現在、この魅力的なコインの注文を受け付けている。

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1309655/Royal_Canadian_Mint_The_Glowing_Vision_of_a_UFO_Observed_Over_Cl.jpg

Logo –
https://mma.prnewswire.com/media/1309656/Royal_Canadian_Mint_The_Glowing_Vision_of_a_UFO_Observed_Over_Cl.jpg

東海岸のアーティストであるAdam Young氏は、キャンバスのような長方形のコインに、クラレンビルがUFOの歴史に残した1978年10月26日の事件を再現した。その晩、RCMPのJames Blackwood巡査は驚いた見物人から通報を受けた。現場に駆け付けると、空中で明るく輝く物体に注意を向けるよう目撃者から促された。彼らは双眼鏡と高性能スコープを使って、ランダム島近くの水面上空に浮かぶ尾びれの付いた楕円形の飛行体を観察した。音は出さず、巡査がパトカーのライトバーを点滅させると、謎の飛行体は直ちに模倣した。それは1時間近くとどまった後、突然上昇して航跡も残さず闇に消え、信頼できる目撃証言だけが残された。

Adam Young氏は「私はこの作品に1978年の事件の全ての要素を盛り込み、ニューファンドランドの光景によく見られる起伏に富む風変わりな海岸線も取り入れようと思った。光と線の方向もデザインの重要な側面で、構図全体に円形の視覚的な流れをつくっている。これは刺激的な芸術の試みで、私はデザイン研究を通して、他のカナダのUFO目撃事件というウサギの穴に転がり落ちてしまった」と説明した。

その晩の目撃者が表現した場面通り、ブラックライトを当てるとコインの発光素子が輝く。長方形の$20 Fine Silver Coin – Canada’s Unexplained Phenomena: The Clarenville Event(20ドル純銀コイン-カナダの未解明現象:クラレンビル事件)は5000枚の限定鋳造で、小売価格は129.95ドル。

この新コレクションコインは、カナダの電話番号1-800-267-1871、米国の電話番号1-800-268-6468でカナダ造幣局に電話するか、ウェブサイトwww.mint.ca からオンラインで注文できる。

コイン画像は以下を参照:
https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2944561-1&h=2770786000&u=https%3A%2F%2Fwww.dropbox.com%2Fsh%2Fw50iia3bu1k0puz%2FAADQvvfmBDgC8pOfrK5EtXUYa%3Fdl%3D0&a=here

▽カナダ造幣局について
カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)はカナダで流通するコインの鋳造、流通に責任を持つ国営企業である。造幣局は世界最大で最も多様な造幣局の1つであり、幅広い特殊な高品質コイン鋳造商品とそれに関連するサービスを国際規模で提供している。造幣局とその商品、サービスの詳細はwww.mint.ca を参照。また、Twitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2944561-1&h=1763100672&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FCanadianMint&a=Twitter )、Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2944561-1&h=180307167&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FCanadianMint%2F&a=Facebook )、Instagram(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2944561-1&h=3940831390&u=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fcanadianmint%2F&a=Instagram )で造幣局のフォローを。

▽メディア問い合わせ先
Pascale Poulin
Coordinator, Public Affairs
Telephone: 613-724-8083
poulinp@mint.ca

ソース:Royal Canadian Mint (RCM)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ