プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Beko

Bekoの新たな家電製品シリーズは細菌や(コロナウイルスを含む)ウイルスを99%以上除去

AsiaNet 85987 (1805)

 
【イスタンブール2020年10月7日PR Newswire=共同通信JBN】
バーチャル体験を通じて発表された新たな家電製品シリーズは、家庭での除菌にUV技術の熱と蒸気を使用

欧州の大手家電ブランドBekoは、ポスト・ロックダウン時代の新たな消費者ニーズに応える画期的な家電製品ラインアップHygiene Shield(ハイジーン・シールド)を開発した。

この新たなポートフォリオには、消費者が自宅で「新たな日常」に順応できるよう、包装済みの食品や所持品を除菌する除菌プログラムと機能が組み込まれた7つの家電製品が含まれている。世界中で実施した綿密な消費者調査に基づき、革新的な新技術で開発されたHygiene Shield製品シリーズは、細菌や(コロナウイルスを含む)ウイルスを99%以上死滅させる能力があり、市場で他の追随を許さないレベルの安心感を提供する。

Bekoが31カ国で実施した消費者調査で明らかになったのは、一番の関心事の1つが衛生であることだ。われわれの多くは、帰宅時にスーパーマーケットで購入したものを除菌したり、携帯電話や鍵の取り扱いを気にしたり、家にコートを持ち込まなかったりしている。人々は家の中で掃除や洗濯の量を増やしており、初めて寝具を除菌する人もいる。75%の人がより頻繁に家を掃除し、64%がより多くの洗濯をし、68%が購入した製品の包装の清潔さにより注意を払っている。

このシリーズは自然から着想を得て、消費者が家庭で蒸気や熱などの方法で優れた衛生効果を得られるようにしている。Arcelik(アルチェリッキ)のZeynep Yalym Uzun最高マーケティング責任者(CMO)が、ゲストスピーカーの医療コメンテーターで総合診療医のSarah Jarvis博士、Future LaboratoryのChristopher Sanderson共同創業者兼最高経営責任者(CEO)と行ったバーチャルディスカッションには、ArcelikのHakan Bulgurlu CEOも加わった。

Hakan Bulgurlu氏は「今年は非常に困難な年だったが、われわれは、誰もがこれまで以上に自らと周囲の環境に配慮した質の高い製品を手にできるようになるべきだと考えている。Bekoの最新のイノベーションを紹介し、全く新しい製品のフルラインアップを市場に投入できることをうれしく思っている。これらの製品は、消費者が家庭で専門家レベルの衛生水準を達成し、感染症や病気から身を守れるようにできている。当社の技術は、権威ある生物医学研究組織Airmid Health Groupの独立した評価を受けている。現時点で、HygieneShieldの洗濯機、洗濯乾燥機、オーブン、冷蔵庫はウイルスを99%以上除去できることが明らかになっている。Airmidでは現在、UV除菌キャビネットと回転式乾燥機の評価が行われており、11月までには試験と認証プロセスが完了する予定だ。食洗機の評価はラインワール応用科学大学が独立して行っており、10月には試験と認証プロセスが完了するはずだ。われわれ全員が「新たな日常」への順応を続けている中で、当社の製品が消費者に自宅は安全で清潔だという安心感を与えられればいい」と語った。

Sarah Jarvis博士は「私はテレビで、消毒目的のUVライトについて肯定的に話してきた。これは、病院、航空機、工場でここ数年、広く殺菌に使用されてきた。今年4月からは中国でも使用されている。COVID-19でわれわれは皆、マスクをしソーシャルディスタンスを保った屋外での過ごし方について考えるようになったが、私の患者たちは、はるかに多くの時間を過ごす家庭内の衛生について考え始めている。私はまだ、全員が職場に戻るべきだとは考えていない。可能な限り自宅から仕事をすることで、安全を確保し、COVID-19の拡散を抑えることができる。菌のない状態を保つことが課題だ。私は患者に(特に階下のトイレの)タオルや布巾をより頻繁に洗い、マスクは使用するたびに洗うよう勧めている」と語った。

ロンドンのトレンド予測コンサルタント会社Future LaboratoryのChristopher Sanderson CEOは新しいレポートに「今般の世界的危機で家庭は極めて重要な役割を果たしており、オフィス、学校、ジム、レストラン、さらには医療機関の兼務を余儀なくされている。自宅が外での生活の最前線になっている」と記している。

自宅での衛生体験を向上させよう

1. UV洗浄キャビネット

コロナウイルスは滑らかな表面では5日間生存するため、このキャビネットはUV技術を使い、屋外で使用したアイテムや気になるアイテムを除菌する。鍵、電話、財布、スーパーのパッケージ商品、ビニール袋、哺乳瓶、おもちゃは全て、本体を傷付けることなく、20-40分周期で安全に除菌できる。この賢いポータブルデバイスは家中どこにでも置いておけ、タッチディスプレーで使いやすい。

2. 除菌庫付きコンビ冷蔵庫

この冷蔵庫は、元々密封包装された食品を除菌し、約40分で細菌とウイルスを99%以上除去する。スーパーから持ち帰ったものをいちいち拭いたり、安全な場所に数日間保管したりしなくても、この冷蔵庫が代わりにやってくれる。野菜室の上の独立した除菌庫が、庫内にめぐらされたUV技術でウイルス、バクテリア、細菌を除去する。

3. UVライト技術を備えた回転式乾燥機

毎日服を洗ったり、ある種の服を高温で洗ったりするのは現実的ではないが、それでも自分の服は間違いなく衛生的だと思いたいものだ。この回転式乾燥機は、安全で便利な方法で細菌やウイルスを除去し、洗濯物を除菌する。UV衛生リフレッシュプログラムは、最大6着の乾いた衣類をリフレッシュできる。さらに、UV衛生乾燥プログラムは、低温での洗濯が必要な衣類でも、最大5kgの洗濯物を乾燥、除菌する。

4.&5. HygieneShield洗濯機、洗濯乾燥機

布地に付着したコロナウイルスの生存期間は不明で、われわれの多くが帰宅時に衣服について心配している。パンデミックの結果、人々がより高い温度でより長く衣服を洗うようになっていることは分かっている。これは高くつくこともあり、持続可能ではなく、お気に入りの服を傷めるリスクもある。

スマートアルゴリズムを使用し、ヒーターチャネル、ファンシステムを増設した衛生セラピープログラムは、ドラムを熱風で満たし、洗濯物を60℃に保つことで水なしで衣類を完全に殺菌する。ウイルスと細菌の99%以上が58分で2 kgの衣服から除去され、化学物質や余計な水の使用からあなたのお金と地球を守る。

6. 飽和蒸気と熱を備えたビルトインオーブン

このオーブンは食べ物を調理するだけでなく、除菌もする。飽和蒸気と熱の並外れた殺菌力を利用するこの家電には、共に熱と蒸気を使いそれぞれ70℃と120℃で動作する、2つの別々の除菌プログラムがある。このオーブンを70℃で15分間使用すれば、包装済みの食品の表面が除菌され、焼いた食品の味や形には影響を与えずに外側がより衛生的になる。このオーブンを120℃で20分間使用すると、金属製のボウルやガラス製品などのアイテムが除菌できる。

7. HygieneShield食洗機

人々の食洗機に対する信頼度は手洗いよりはるかに高く、われわれの79%が自宅でより頻繁に調理するようになり、食器は山積みになりがちだ。より高い衛生効果を得るため、この食洗機には、蒸気と追加の高温すすぎ機能を利用した衛生機能がある。

より高い温度と追加の高温すすぎから生み出されるスチームミストは、全ての食器の表面全体を完全に衛生的な状態にしてくれる。

HygieneIntense機能付き食洗機は、60℃(主洗浄中)および70℃(高温すすぎ)の高温使用殺菌を提供する全プログラムの使用が可能。この技術は、60度以上の温度を50分間維持してキッチンアイテムの消毒ができることも意味している。Hygiene Intense機能は追加のすすぎステップを提供、衛生レベルをさらに上げることができる。この技術は、ラインワール大学が独立した評価を行っている。

(注)アイルランドのR&D・評価機関

編集者注

▽Bekoについて
Bekoは、140カ国以上で事業展開しているArcelik(アルチェリッキ)の国際家電ブランドである。大型家電、エアコン、小型家電などの製品ラインアップを提供している。Bekoは、欧州の白物家電分野で有数の独立家電ブランドで、英国ではNo.1の大型家電ブランドである。同ブランドは、FCバルセロナのメーンパートナー、フェネルバフチェ男子バスケットボールチームのネーミングパートナー、リーグ・オブ・レジェンド欧州選手権(LEC)の公式サプライヤーである。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1308934/Beko_HygieneShield_Product_Line.jpg
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1308930/Beko_Fridge.jpg
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1308933/Beko_Washer_Dryer.jpg
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1308932/Beko_UV_Disinfection_Cabinet.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/998182/beko_logo_Logo.jpg
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1309134/Arcelik_CEO_Hakan_Bulgurlu.jpg

ソース:Beko

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ