プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社インフォメーション・ディベロプメント

インフォメーション・ディベロプメント 「マルチクラウドソリューションサービス ID-Cross」の提供を開始

DX戦略の中核とするクラウド事業を強化

インフォメーション・ディベロプメント 「マルチクラウドソリューションサービス ID-Cross」の提供を開始 DX戦略の中核とするクラウド事業を強化

株式会社インフォメーション・ディベロプメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山川 利雄 以下、当社)は11月2日から、「マルチクラウドソリューションサービスID-Cross (ID Cloud Resource Outsourcing Solution Service)」の提供開始を決定しました。また、当サービスの運用拠点として「IDクラウドマネージドセンター」を鳥取県米子市に開設することをお知らせします。

■サービス提供の背景
昨今の新型コロナウイルスにより、需要が大きく変動し、市場動向が急速に変化するなか、ニューノーマルの時代にふさわしい働き方を実現するため、これまで以上にクラウド利用の拡大が予想されます。そこで当社は、お客さまのIT環境を、オンプレミスからクラウドへ移行し、さらに移行後の運用までをトータルにサポートすべく、「マルチクラウドソリューションID-Cross」のサービスの提供を決定しました。
また当社は、IT産業の誘致に積極的であり、当社の山陰事業部がある鳥取県米子市に当サービスの運用拠点を設けることとしました。

■マルチクラウドソリューションサービスID-Crossとは
クラウド環境の設計および構築から移行までをサポートする「マルチクラウド導入サービス」と、クラウド環境移行後の運用保守をサポートする「マルチクラウドマネージドサービス」の2つのサービスで構成され、お客さまのニーズに合わせた最適なサービスを提供します。

当サービスの特徴
・当社が金融機関向け運用サービスで培ってきた長年のノウハウやセキュリティを含んだ運用設計
・移行ツールを活用したダウンタイムの最小化
・メニュー化されたシステム構成による、要件定義の簡易化および組みやすい提供価格
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010085446-O1-kOgcU04E
<サービスイメージ>
■今後の計画
当サービスは、当社のDX戦略のなかでも重要な位置づけにあり、3年間で売上高30億円を目指しています。

■インフォメーション・ディベロプメントについて
株式会社インフォメーション・ディベロプメントは、金融、公共、航空など幅広い業種のお客さまへ、創業以来約50年にわたり、システム運営管理やシステム開発を中心としたITサービスを提供しています。
また、約20年間蓄積してきたサイバーセキュリティのノウハウと、長年の運営管理や開発における経験を組み合わせ、お客さまの課題を解決してきました。インフォメーション・ディベロプメントは今後も引き続き、お客さまのIT環境の向上に貢献します。

社名 : 株式会社インフォメーション・ディベロプメント
本社所在地 : 〒102-0076 東京都千代田区五番町12-1 番町会館
代表取締役 : 山川 利雄
U R L : https://www.idnet.co.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ