プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

『データで読み解くモバイル利用トレンド2020-2021 ―モバイル社会白書―』を出版

2020年10月6日

株式会社NTTドコモ

『データで読み解くモバイル利用トレンド2020-2021 ―モバイル社会白書―』を出版
~携帯電話所有者のうちスマートフォンの比率は約9割まで拡大~

株式会社NTTドコモの社会科学系の研究所であるモバイル社会研究所※は、2010年から2020年までのモバイルICTの利用トレンドをまとめた『データで読み解くモバイル利用トレンド2020-2021 ―モバイル社会白書―』 (以下、本データブック)を2020年10月中旬に、中央経済社より出版します。
また、2020年10月中旬にモバイル社会研究所のウェブサイト上で一部のデータを無償公開いたします。
URL:https://www.moba-ken.jp

本データブックでは、モバイルICTの11年間の利用動向をはじめ、子どもや シニアの利用実態、SNS・動画の利用動向などについて、アンケート結果を基に分析し 最新のトレンドを掲載しています。また、5G、在宅勤務、SNS使い分け、MaaS、地方創生など、時代に即したトピックに関するコラムを7本掲載しています。
紙書籍版は1,200円(税別)で、電子書籍版は600円(税別)です。

≪主なトピックス≫
今年見られた特徴として、2010年にはわずか4.4%だったスマートフォン比率(2台目まで含む)が88.9%となりました。特に、子どものスマートフォン所有率は中学生になると約6割に拡大しています。
  
また、シニアのスマートフォン所有状況では、70代のスマートフォン所有率が2019年に初めてフィーチャーフォン所有率を上回る結果となり、2020年には約5割に達し、スマートフォンの普及がシニアにも進んでいる状況が見られました。幅広い世代において、スマートフォンが生活の一部として根付いてきていることがわかります。

モバイル社会研究所は、今後もモバイル・コミュニケーションの現在および将来への社会・文化的影響を研究・分析し、世の中に向けて広く研究成果を発信してまいります。

※モバイル社会研究所は、通信業界の直接の利害を離れ、自由で独立した立場から、モバイルICTのもたらす光と影の両面を広く解明し、その成果を社会に還元することを目的に2004年に設立されました。モバイルICTの使われ方を量的に把握する調査を毎年実施するとともに、モバイルICTの利用による生活者の行動・価値観の変化を解明する研究に取り組んでいます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ