プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Mercy Ships

Mercy Shipsが世界最大のNGO病院船「Global Mercy」を発表

AsiaNet 85610 (1594)

【ガーデンバレー(米テキサス州)2020年10月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*外科治療の不足で毎年1600万人以上が死亡;Mercy Shipsが未来のためにこの世界的問題に対応

Mercy Shipsは6日、「Global Mercy」の名で2021年後半にアフリカへの航海を計画している世界最大の非政府組織(NGO)病院船建造の概要を発表した。慈善の寄付者やボランティアに支えられている信仰に基づく世界的組織であるMercy Shipsは40年以上にわたり、必要とする人々に無償で世界クラスの外科的治療を提供している。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1273533/Global_Mercy_Exterior.jpg

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1273534/Mercy_Ships_Logo.jpg

Mercy ShipsのRosa Whitaker会長は「Global Mercyは最新の病院の特別あつらえの設備、最先端技術、高度な訓練を受けた人材を備えた完全に特別仕様の病院船で、真に現代の驚異となる。奉仕を求められた誰もが参加できる独自のコールトゥアクション(CTA)も体現し、世界の医療に積極的に影響を及ぼす用意のある人々にその技能を利用する機会を与える」と語った。

Lancet Global Surgery 2030報告書によると、年間で推定1690万人が外科治療を受けられずに死亡している。サハラ以南アフリカの人口の93%超が安全で適時の外科的処置を受けられない(注1)。COVID-19がすでに脆弱な医療システムを世界的に脅かし、基本的な救命治療を提供する必要性は、とりわけ中低所得国でこれまで以上に大きくなっている。Global Mercyは多くのアフリカ諸国に安全で清潔な環境を届け、世界で最高クラスの訓練を受けた医師らの支援と処置を提供する。50年と予想される同船の耐用年数にわたり、15万人以上の生活が船内での外科的処置だけによっても変わるだろう。

外科的処置の提供に加え、Global Mercyは仮想・拡張現実、マネキン人形、その他の訓練装置を備えたシミュレーション実習室、術後ケアシミュレーション室などの最新の訓練スペースを装備し、低リソース環境での最善の措置を教えるために教官が地元の条件と限界をシミュレートできるようになる。

長さ174メートル、3万7000トンの船は手術室6室があり、外科医、船員、料理人、教師、電気技師、運営スタッフなど多くの専門分野の世界中からの志願者600人超を収容する。港に停泊中に最大950人の乗員に対応できるよう計画された682席の講堂、学校、体育館、プール、カフェ、売店、図書館もある。

Global Mercyは現在の旗艦Africa Mercyに加わって、この慈善団体が提供するボランティアとサービスの効果を2倍以上にする。Mercy Shipsの詳細、Global Mercyの最新情報、または志願や寄付については次を参照: www.mercyships.org

(注1)Lancet Global Surgery 2030(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2916106-1&h=214617345&u=https%3A%2F%2Fwww.thelancet.com%2Fjournals%2Flancet%2Farticle%2FPIIS0140-6736(15)60160-X%2Ffulltext&a=Lancet+Global+Surgery+2030

▽MERCY SHIPSについて
Mercy Shipsは病院船を利用して、発展途上世界でほとんど利用できない人々に無償で世界クラスの医療サービス、能力育成、持続可能な発展をもたらす。1978年にDon、Deyon Stephens夫妻が創設、55ヵ国以上で17億ドル以上相当のサービスを提供し、280万人以上に直接の恩恵を与えた。組織の船には50ヵ国以上から年平均2000人超の志願者が乗り組む。外科医、歯科医、看護師、医療教官、教師、料理人、船員、技師、農業家らの専門家が時間と技能を寄贈する。Mercy Shipsは16ヵ国の事務所とアフリカビュローがあり、個人に変化をもたらし、それぞれの国々へのサービス提供を目指している。詳細は次を参照: www.mercyships.org

ソース:Mercy Ships

▽問い合わせ先
Diane Rickard
International Media Relations Manager, Mercy Ships
international.media@mercyships.org, or mercyships.org

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ