プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社文化工房

これからの行政広報を考える。200名以上が参加した「伝わる広報」セミナー第2弾を11月8日(日)に開催!

“伝わる広報が未来を変える”がコンセプトの無料広報イベントに、杉並区広報専門監の谷浩明氏が登壇

2020年10月6日
株式会社文化工房

株式会社文化工房(本社:東京都港区)は、2020年9月に広報イベント・BK PR MTGを初開催し、延べ200名以上の方にご参加いただきました。11月8日(日)には、東京都杉並区広報専門監の谷 浩明氏を招聘して、第2回となる「BK PR MTG 2020 Vol.2〜伝わる広報が未来を変える」を開催いたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010055324-O2-6Umbn9pj

第1回BK PR MTG(文化工房 広報PRミーティング)は、「Withコロナ時代に求められる広報とは」をテーマに、元埼玉県三芳町秘書広報室の佐久間 智之氏をお招きし開催しました。 行政広報に携わる延べ200名以上の参加者から高い満足度をいただき、好評のうちに終了しました。
続く第2回開催では、東京都杉並区広報専門監、静岡県知事戦略局広報アドバイザーの谷 浩明氏をお招きして、「住民に“伝わるコミュニケーション”をデザインしよう」をテーマに講演いたします。

「BK PR MTG〜文化工房 広報PR ミーティング」について
BK PR MTGは、文化工房を略した「BK」、パブリックリレーションズの「PR」、そして内容の一方的な押し付けではなく、“同じ分野の課題に向き合う仲間たちが意見交換を行う”ことを意識して「MTG(ミーティング)」と名付けました。
 「伝わる広報が未来を変える」をコンセプトに、自治体・省庁のオフィシャル広報誌を多数手がける文化工房が、行政広報のトップランナーとタッグを組んでプロデュースする広報イベントです。
皆さんのご参加を、ぜひお待ちしております。
▶︎BK PR MTG特設サイト:http://prmtg.bun.jp/

 
BK PR MTG 2020 Vol.2〜伝わる広報が未来を変える

■日時:2020年11月8日(日) 17時~(90分程度予定)
■配信:オンライン(ウェビナー/YouTube Live)
※動画視聴方法は、お申し込みいただいた方へ招待URLをお送りいたします。
※ライブ配信終了後、後日アーカイブ配信を行います。アーカイブ配信期間中は何度でも視聴可能です。
■対象:公務員、または広報やPRに携わる方
■講演概要:「伝わる広報が未来を変える」をコンセプトに、谷氏の講演や当社の最新事例紹介、トークセッションを展開いたします。
▷講演『住民に“伝わるコミュニケーション”をデザインしよう ~これからの行政広報に必要なキーワード~』
〈スピーカー〉谷 浩明(東京都杉並区広報専門監/静岡県知事戦略局広報アドバイザー)
▷講演『メディア同士の連携によるリニューアル戦略』
〈スピーカー〉永井伸英(株式会社文化工房 広報メディア局チームリーダー)
▷トークセッション『伝わる広報が未来を変える』
〈スピーカー〉谷 浩明/永井伸英
■参加費:無料 ※事前申込み制
■申込み方法:11月8日(日)12:00までに、特設サイト(http://prmtg.bun.jp/)の参加申込みフォームより、必要事項をご記入のうえお申込みください。
※アーカイブ配信をご希望の方も参加申込フォームからお申し込みください。

———————————–

◆スピーカー:谷 浩明(たに ひろあき)氏メッセージ
広報に携わっているみなさんにとって身近な「広報」という言葉。
この「広報」という言葉が一体何なのか、考えたことはありますか?

みなさん自身が「広報」を改めて認識することで、
住民に情報が“伝わる”ためにどうしたらいいのか?が見えてくるかもしれません。

今回は「住民に“伝わるコミュニケーション”をデザインしよう」をテーマに
これからの行政広報に必要なキーワードを交えながら、
日々の業務に役立つヒントがお話できればと思っています。

みなさんと一緒に“これからの行政広報”について考えていければ幸いです。

〈谷氏プロフィール〉
東京都杉並区広報専門監/静岡県知事戦略局広報アドバイザー
クリエイティブディレクター(合同会社MACARON 代表)
デザインだけでなくコミュニケーションをデザインすることを主軸とし、NPO・市民団体等の広報活動のサポート、広報研修を多数実施。2016年からは東京都杉並区広報専門監として、基礎自治体の広報活動(広報紙・動画・SNS、広報相談、広報研修など)をサポートしながら他自治体の広報研修も精力的に行う。2020年からは静岡県知事戦略局広報アドバイザーとして広域自治体の広報活動もサポートしている。
広報・情報学修士(MICS)。平成29年度東京都広報コンクールで最優秀賞、平成30年度/令和元年度で二席など受賞歴多数。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010055324-O1-ADn03Nc2
◆主催:株式会社文化工房
テレビ朝日グループである株式会社文化工房は、「テレビ番組制作事業」「テレビ番組技術事業」「広報メディア事業」を主要事業とした制作会社です。
広報メディア事業では、自治体、官公庁、企業等の広報・PRツールを、30 年以上制作してきた実績と経験があります。特に広報誌制作においては、関東圏の26自治体・8 省庁/団体(※)を手がける高いシェアと、全国および各地域の広報コンクールで数多くの受賞実績を誇るスペシャリスト集団です。
(※)2020年4月現在

BKPRMTG_Vol2
BKPRMTG_Vol2_speaker
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ