プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Thought Machine

MoneseがThought MachineのコアバンキングプラットフォームVaultを採用し、さらに数百万人の顧客に手を伸ばす

AsiaNet 85922 (1772)

 
【ロンドン、シンガポール2020年10月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*Moneseは欧州と英国の口座保有者をThoughtMachineのコアバンキングプラットフォームに移行させる
*Thought Machineの現代的コアバンキングプラットフォームとMoneseのモバイルファースト・アプローチの合体は数百万人の顧客に新たな特徴と機能を解き放つ

31カ国でインスタントでローカライズされたモバイルマネー口座を提供する人気がある汎欧州の銀行サービスであるMoneseは5日、同社はThought Machineのクラウドネイティブ・コアバンキングプラットフォームVaultを採用すると発表した。消費者とビジネスの両方に口座を提供するMoneseは、同社のコアテクノロジープラットフォームと銀行インフラストラクチャーの強化に注力しているため、既存の顧客ベースをThoughtMachineのクラウドネイティブ・プラットフォームに移行させる。

Logo-https://photos.prnasia.com/prnh/20201002/2936839-1LOGO

Smart Contractsとして知られるVault独自の製品構築ツールキットにより、銀行やフィンテック企業は、オンボーディングと継続的な顧客体験を根本的に改善しつつ、新製品を迅速に構築することができる。これは、柔軟性のないレガシーテクノロジーに制約されている銀行とはまったく対照的である。VaultはMoneseに、先駆的な顧客体験を迅速に提供し、何百万もの顧客にレジリエンスを強化するために必要なクラウドテクノロジーの基盤を提供する。

今回の提携は、金融サービスの将来に対する共通のビジョンと製品開発における卓越したエンジニアリングへの深い情熱を持つ2つのフィンテック企業を一体化させる。2014年、元GoogleエンジニアのPaul Taylor氏によって創設されたThought Machineは、真のクラウドネイティブ・テクノロジーをコアバンキングにもたらす。Thought MachineのプラットフォームVaultのクライアントおよびユーザーにはロイズ銀行グループ、Atom、SEB、スタンダードチャータードがある。

Moneseは、起業家のNorris Koppel氏が新しい国で銀行口座を開設する際の煩わしさを直接体験した後、2015年に設立した。モバイルマネー口座、31カ国全体での可搬性、14の言語での利用可能性により、Moneseはインスタント、オンデマンドで金融包摂的である。同社の英国と欧州の口座はVaultを利用しており、新規および既存の顧客向けにより迅速な商品供給、より大きなレジリエンス、よりシームレスな銀行業務を可能にする。

MoneseのNorris Koppel最高経営責任者(CEO)は「Moneseの目標は、真に現代的で可搬性のあるバンキングサービスを提供することである。これにより、顧客は世界中のどこにいても自由に繁栄することができる。Vaultを採用することで、われわれは新しい可能性を解き放ち、より多くの顧客にリーチするのに必然的に役立つシームレスなバンキング体験を提供する」とコメントする。

Thought MachineのPaul Taylor最高経営責任者(CEO)は「最も野心的で最も支配的なテクノロジー企業はすべて、システムを完全にクラウドで実行している。Moneseはいま、顧客にイノベーション、セキュリティー、レジリエンスを大規模に提供する金融サービス企業のエリートグループに加わった。Vaultの極めて柔軟なコアバンキングプラットフォームにより、クライアントは必要に応じて銀行サービスを構築し、提供することができる。Moneseが真のクラウドネイティブ・プラットフォームを使用して金銭的自由というビジョンを実現するのを楽しみにしている」と付言した。

▽Thought Machineについて
Thought Machineは2014年に創業し、銀行が最新システムを展開して銀行業界を悩ますレガシーITプラットフォームから脱皮することを可能にする使命を掲げている。同社はクラウドネイティブ・コアバンキングプラットフォームVaultによってこれを実現している。この次世代システムは、完全なクラウドネイティブ・プラットフォームとしてゼロから書かれている。これは、レガシーないしはクラウド以前であるコードは1つも含まない。

起業家のPaul Taylor氏が創業したThought Machineの顧客には、ロイズ銀行グループ、SEB、スタンダードチャータード、Atom Bankなどがある。同社は現在、ロンドン、シンガポールのオフィスに展開する350人以上のチームを擁しており、Eurazeo Growth、Draper Esprit、SEB、British Patient Capital、IQ Capital、Playfair Capital、ロイズ銀行グループ、Backedから1億1000万ポンドの資金提供を受けている。

詳細な情報はthoughtmachine.net を参照するか、press@thoughtmachine.net まで電子メールを。

▽Moneseについて
Moneseは、インスタントで可搬性のあるモバイルマネー口座を提供する、最も人気があり信頼できる汎欧州の銀行サービスの1つである。起業家のNorris Koppel氏が新しい国で銀行口座を開設する際の煩わしさを直接体験した後、2015年に立ち上げたMoneseは、人々にどこでも繁栄する自由を与えることに向け取り組んでいる。

Moneseは、複数通貨の口座、31カ国全体での可搬性、14の言語での利用可能性により、人々が英国と欧州全体で地元の人のように銀行を利用できることができるようにしている。

詳細な情報はhttp://www.monese.com を参照するか、press@monese.com まで電子メールを。

ソース:Thought Machine

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ