プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Peanuts Worldwide

Peanuts Worldwideが「ピーナッツと大事に」イニシアチブ立ち上げ

AsiaNet 85923 (1774)

 
【ニューヨーク2020年10月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*チャールズ・シュルツ氏の愛される連載コミック生誕70周年を記念

*「ビーナッツ」全編に見られるケアリングテーマを活用、イニシアチブは国際的な病院アートプロジェクトとともに幕を開け、職員と患者が世界70カ所の病院でスヌーピーとウッドストックの壁画作成を支援

*各組織が協力する事業は誰もが「自分を大事に」、「互いを大事に」、「地球を大事に」することを奨励

*Apple TV+で配信されるAppleのオリジナル新作「スヌーピーショー」のテーマは「大事に」

Peanuts Worldwideはチャールズ・シュルツ(Charles Schulz)氏の愛される連載コミックから直接ヒントを得て、新しい複数年イニシアチブ「TAKE CARE WITH PEANUTS(ピーナッツと大事に)」を発表した。われわれ全員が善良なグローバル市民であることを想起させるケアリングキャンペーンである。そのイニシアチブが、ピーナッツが70周年を祝う、10月2日に始まった。

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1306230/Peanuts_Worldwide_Peanuts_Worldwide_Launches_Global__Take_Care_W.jpg

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1306226/Peanuts_Worldwide_Peanuts_Worldwide_Launches_Global__Take_Care_W.jpg

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1306227/Peanuts_Worldwide_Peanuts_Worldwide_Launches_Global__Take_Care_W.jpg

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1306228/Peanuts_Worldwide_Peanuts_Worldwide_Launches_Global__Take_Care_W.jpg

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1306229/Peanuts_Worldwide_Peanuts_Worldwide_Launches_Global__Take_Care_W.jpg

TAKE CARE WITH PEANUTSは3つの重要なメッセージ―Take Care of Yourself(自分を大事に、心身の健康に焦点)、Take Care of Each Other(互いを大事に、コミュニティーと社会奉仕活動)、Take Care of the Earth(地球を大事に、自然と持続可能性)―を盛り込んでおり、主要な世界の慈善事業を元気づけるものなどがある。

ピーナッツの生みの親である故チャールズ・シュルツ氏のジーニー・シュルツ(Jeanne Schulz)夫人は「TAKE CARE WITH PEANUTSは、夫が連載コミックで常に取り上げていたあらゆるテーマを祝福しているので、私の心にかなうイニシアチブである。スパーキー(Sparky、夫)は長年、互いを大事にし、自然に敬意を払うメッセージを共有していた。夫はいつも時代に先んじていた!」と話した。

▽慈善:全世界を大事に
Peanuts Worldwideと非営利団体Foundation for Hospital Art(FFHA)の国際的な協力事業、TAKE CARE WITH PEANUTS病院壁画プログラムを皮切りとする慈善プロジェクトは、イニシアチブの重要な要素になる。世界中の病院に楽しいアートをもたらすFFHAミッションの一環として、ピーナッツは6大陸の病院にスヌーピーとウッドストックの壁画70点を寄贈する。国際的な参加都市をいくつか例に挙げると、米国の12都市のほか、北京、ボゴタ、ケープタウン、パリ、ソウル、シドニー、トロントなどである。

プログラムは10月1日、ニューヨークのOne Brooklyn Health at Brookdale Hospitalとカリフォルニア州オレンジ郡のCHOC Children’s Hospitalでデビュー。両病院のボランティア、病院職員、患者が一緒に49″ x 56″の壁画づくりに参加する。そこには、赤屋根の犬小屋の上で大笑いするスヌーピーとウッドストックの明るいイメージをつくる分かりやすいテンプレートが備わっている。世界の各病院は同じ壁画を描き、コミュニティーとケアリングの世界的絆を生み出す。

Foundation for Hospital Artプロジェクトは複数年にわたる慈善事業の始まりにすぎず、各地域のPeanuts Worldwide慈善パートナーがTAKE CARE WITH PEANUTSのイニシアチブに加わる。

▽ソーシャルメッセージビデオ:ケアリングのアニメ物語
ピーナッツのキャラが登場する1分のオリジナル・アニメビデオは、イニシアチブ全体でTAKE CAREテーマに脚光を当てる。ビデオは10月13日、チャーリー・ブラウンの妹、サリーがオリジナルソング「Take Care」を歌って始まる。2021年2月からは毎年、オリジナルビデオ10本がリリースされ、全て10カ国語に吹き替えられる。

▽授業プラン:TAKE CAREを児童に指導
2020年11月からpeanuts.com で、教師と親はYoung Minds Inspired(YMI)のカリキュラム専門家による標準ベース授業プランを11カ国語で無料ダウンロードできる。4–11歳の児童生徒用に考案された授業プランはピーナッツのキャラが登場し、Take Careテーマが児童生徒のSTEM(科学・技術・工学・数学)、言語科目、社会科のスキル強化を助ける。

▽APPLE TV:「THE SNOOPY SHOW(スヌーピーショー)」で大事にする
Appleのオリジナル新作「THE SNOOPY SHOW(スヌーピーショー)」は2021年2月5日、Apple TV+で世界デビューする。スヌーピーと多くの仲間が登場するエピソードの3分の1は、TAKE CARE WITH PEANUTSのテーマを扱う。THE SNOOPY SHOWはWildBrainの制作。

ピーナッツキャラと関連する知的財産は41%がWildBrain Ltd.(TSX: WILD)、39%がソニー・ミュージックエンタテインメント、20%がチャールズ・M・シュルツ氏一族の所有である。

▽メディア問い合わせ先
Alison Hill for Peanuts Worldwide
714.287.2015
alison@currentpr.com

ソース:Peanuts Worldwide

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ