プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

Dentsu Commerce Roomがホワイトペーパー第2弾 「カンバセーショナルコマースによりECは進化する」を発行

2020年10月5日
株式会社 電通

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)および国内電通グループの17社で構成する「Dentsu Commerce Room」※は、ホワイトペーパー第2弾となる「カンバセーショナルコマースによりECは進化する」を発行しました。

【ホワイトペーパー】
https://www.d-sol.jp/dentsucommercereport/download/201005

 ライブ配信でモノやコトを売るライブコマースや、チャットボットで注文や問い合わせ対応を行うチャットコマースなど、オンライン上で消費者とコミュニケーションを図るカンバセーショナルコマース(Conversational Commerce:会話型コマース)が、グローバルEC市場において発展を遂げ、日本にも普及が始まりつつあります。
 本ホワイトペーパーでは、カンバセーショナルコマースの動向を、世界で起きているケーススタディーと日本国内での今後の可能性、消費者側と店舗側双方のベネフィットの視点により考察しています。

 Dentsu Commerce Roomでは今後も消費者の潜在ニーズを捉え、購買行動をより豊かにしていくソリューションを提供していくとともに、定期的にホワイトペーパーを発行してまいります。

 
【ホワイトペーパー概要】
・カンバセーショナルコマースにより可能となる消費者一人一人へのパーソナライゼーションの精度向上、マーケティングプロセスの効率化
・海外の潮流や成功事例
・日本国内で起きている取り組みと今後の可能性 など

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010025258-O2-dMjotA4H
【ホワイトペーパー】
https://www.d-sol.jp/dentsucommercereport/download/201005

※ Dentsu Commerce Room
電通、電通デジタル、電通テック、電通ダイレクトマーケティング、電通リテールマーケティング、電通tempo、アイプロスペクト・ジャパン、電通アイソバー、セプテーニ、電通北海道、電通東日本、電通西日本、電通九州、アド電通大阪、barritz、電通ライブ、ザ・ゴールの17社が有するコマースソリューション情報を一元的に取り扱う国内グループ横断組織。各社が培ってきた専門的なソリューションを組み合わせ、ワンストップの「顧客体験」(CX)をプランニング、実施することでブランドの売り上げ向上を目指します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010025258-O1-MWO36AC2
以上

【ホワイトペーパーに関する問い合わせ先】
 株式会社電通 トランスフォーメーション・プロデュース局
         Dentsu Commerce Room
         Email:dentsu.commerce@dentsu.co.jp

i201005_image02
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ