プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

電話営業やコールセンター業務の品質をAIで可視化する株式会社RevCommへの出資について

2020年10月5日
NTTドコモ・ベンチャーズ

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之、以下、NDV)は、同社が運用するファンドを通じて、音声解析AI搭載型のクラウドIP電話サービス「MiiTel(ミーテル)」を提供する株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:會田武史、以下、RevComm)に出資を行いました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015216-O1-u96IYOG4
 
 RevCommは“コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る”をミッションに、クラウドIP電話サービスMiiTelを提供しています。MiiTelは、電話営業やコールセンター業務における通話内容をAIが解析し、都度フィードバックすることで、コミュニケーションを可視化し対応品質の向上に寄与するIP電話サービスです。商談獲得率や成約率向上に貢献できるソリューションとして既に多くの企業に導入され、利用社数400社、累計登録ユーザー数1万人を越えました。(2020年8月時点)
 
 MiiTelの音声解析AIによって、全ての会話内容は自動録音・自動文字起こしされ、データ化されます。さらに、営業・応対における会話のラリーの回数や、話す量・聞く量、会話のジャンル、声の高低・遅速等などの詳細項目と、電話応対全体の評価が定量的にフィードバックされます。それらを活用することで、担当者は自身の電話営業や顧客対応に関する評価を把握し、自ら改善することが可能となります。また、マネージャーは、担当者毎の対応品質を把握できるため、担当者へのより具体的なアドバイスが可能です。
録音された通話内容は、詳細に分類されると共に、社内データとの連携やアーカイブとしての蓄積が可能なことから、営業だけでなく社員教育やコンプライアンス目的など、多方面で幅広く活用されています。
                                   
COVID-19の感染拡大を背景とした企業の非対面による営業活動の重要性が増す中で、MiiTelへの需要は今後更に高まると期待されます。また、MiiTelをはじめRevCommの提供するサービスおよびテクノロジーは、NTTグループで展開するBPOソリューションやワークイノベーションに関する取組みとの親和性が高いことから、今回の出資に至りました。今後、NDVは、RevCommとNTTグループとの連携を支援することで、新たな価値創造に向けた取り組みを進めてまいります。

■株式会社RevCommについて
会社名    株式会社RevComm
所在地    東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階 
代表者    會田 武史
事業内容 AI × Voice × Cloudのソフトウェアデータベースの開発
URL        https://www.revcomm.co.jp/

※掲載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

音声解析AI搭載型クラウドIP電話サービス「MiiTel(ミーテル)」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ