プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

タキイ種苗株式会社

廃棄するタネを活用しよう! 調理した後のカボチャのたねで「たねアート」作り

いつもと違う”#ステイホームハロウィン“を楽しもう

廃棄するタネを活用しよう! 調理した後のカボチャのたねで「たねアート」作り いつもと違う”#ステイホームハロウィン“を楽しもう タキイ種苗公式Youtubeチャンネルで作り方動画公開中:https://youtu.be/-x00d0e5f6o

 

 タキイ種苗株式会社(所在地:京都市、代表取締役社長:瀧井傳一)は、ハロウィンでカボチャ料理を作った後に残る“カボチャのタネ”を使った「たねアート」を提案しています。

 

 ハロウィンにはカボチャ料理を作る方も多いと思いますが、調理後に残るカボチャのタネを使って、オリジナルの「たねアート」作りが可能です。洗ってよく乾かしたタネをボンドでくっつけるだけで手軽に作品が完成します。

 

 タネで作る「フラワーマグネット」の作り方動画を、タキイ種苗公式YouTubeチャンネルに公開しています。動画の中では、カボチャ、ひまわり、カンナのタネを使っています※1が、他にもゴーヤ、ピーマン、メロンや、咲き終わった後のヒマワリやアサガオのタネなども利用できます。手に入るタネを使って世界に一つしかない自分だけのオリジナル「たねアート」を作成してみてください。

 

 タキイ種苗では、高品質なタネを供給するために厳しい検査基準を設けています。しかし、基準に満たずやむなく廃棄されてしまうタネも、その造形はどれも個性的で、かわいらしく、ユニークで魅力的です。土に播けないタネの新たな魅力を引き出すために、タネそのものを生かした「たねアート」を社員間で作成しています。その活動の中で「フラワーマグネット手作りキット」が商品化されました。

 

 今年のハロウィンは、“おうち時間”が長くなる中、“#ステイホームハロウィン”で、今年ならではのハロウィンを楽しんでいただきたいと思います。ぜひ公開している動画も参考にしていただきながら、“おうち時間”にタネに触れてみてください。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015173-O1-o0oGQF43

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015173-O2-J3aWHJt6

YouTubeにて「作り方」を公開しています

 

●YouTubeで紹介している「フラワーマグネット」の作り方

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015173-O4-9rY071Dm

 

※1

動画に使用したタネの材料は、『たねぢから・フラワーマグネット手作りキット3種セット』として自社

の通販(https://shop.takii.co.jp)にて販売しています。

 

●『たねぢから・フラワーマグネット手作りキット3種セット』

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103953/202010015173/_prw_OT1fl_R4iDMJqu.png

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015173-O6-O0a013hU

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015173-O3-cRKq1Eg7

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015173-O5-E4wj70wy

cut1
cut2
cut5
cut3
cut6
cut4
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ