プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通、タグピク社、マルシェ社が業務提携

D2CブランドをSNS起点で開発・支援するメソッドの確立を目指し共創

2020年10月1日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博、以下「電通」)は、D2C(Direct to Consumer)事業支援の高度化に向け、タグピク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安岡あゆみ、以下「タグピク社」)、タグピク・グループのマルシェ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:服部貴志、以下「マルシェ社」)と業務提携契約を締結しました。3社の知見を掛け合わせることで、D2Cビジネスに重要なSNSを起点としたD2Cブランド開発・支援メソッドを確立し、顧客企業にサービス提供してまいります。

 昨今、企業が消費者と直接つながってモノやサービスを提供する「D2Cブランド」を立ち上げる企業が増えています。販売方法や顧客接点のデジタルトランスフォーメーション(DX)の需要が高まるとともに、D2C領域への事業参入も加速していくことが見込まれます。事業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に加え、SNSなどのデジタルコミュニケーションを通じて顧客と関係を構築し、ファンを育成、ブランドを確立していくD2Cブランド事業においては、顧客とのより強い共感の醸成が必要であり、そのためのブランドストーリーや、共感の輪を広げるためのコミュニケーション戦略がより一層重要になります。

 本業務提携では、これまで顧客企業にEC事業支援やブランディングを含むマーケティングコミュニケーション戦略を数多く提供してきた電通と、SNSブランディングによる共感形成に大きな実績を持つタグピク社、D2C領域を専門として競争力を持つマルシェ社の知見を掛け合わせてD2Cブランドを共創します。これにより、SNS起点でのD2Cブランドの開発・支援メソッドを新たに確立し、より実践的なメソッドを顧客企業に提供していくとともに、顧客企業とのD2Cブランド共創事業にも取り組んでまいります。
  
 電通は、この取り組みを通じて、顧客企業のニーズに合った高度なD2Cブランドビジネスソリューションの提供と、D2Cブランドの創出に挑戦してまいります。

 

【D2Cブランド共創の流れ】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010015177-O1-wAbDF35z

 
以 上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ