プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダウ(Dow)

ダウとLuhaiが中国でのプラスチック循環性を高めるための提携を発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009305125-O1-x17ckBJy

AsiaNet 85735 (1667)

 
【上海2020年9月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*ダウにとってアジア太平洋で初めてのリサイクル協力

ダウ(Dow)(NYSE: DOW)と中国アモイの総合廃棄物管理企業Luhaiは23日、Luhaiが回収したプラスチック廃棄物にセカンドライフを与え、中国でプラスチックの循環性を高めるための協力関係を発表した。この合意は、2030年までに直接行動と提携を通じ、100万トンのプラスチックを回収、再利用、リサイクルして「Stop the Waste(無駄をなくす)」という新しいダウの持続可能性目標(https://corporate.dow.com/en-us/news/press-releases/dow-sets-targets-to-reduce-ghg-emissions–stop-plastic-waste–an )に沿ったものである。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200917/2920575-1
(写真説明:ダウとLuhaiが中国でのプラスチック循環性を高めるための提携を発表)

Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200526/2813064-1LOGO
(ロゴ)

Luhaiの廃棄物管理事業は、飲料カートンのリサイクルの長い歴史に加え、中国で集められた廃棄物から各種の使用済みプラスチックを回収、リサイクルすることも重視している。同社は現在、福建省アモイ市の地域社会でプラスチック廃棄物を積極的に回収しており、全国の他の都市にも活動を拡大する計画である。

今回の戦略提携を通じ、ダウは素材科学と応用開発の専門知識を活用し、Luhaiが回収するプラスチック廃棄物によってアジア太平洋市場向けの新たなプラスチック循環ソリューションを生み出す。

ダウ・パッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチック(Dow Packaging & Specialty Plastics)のアジア太平洋担当副社長であるBambang Candra氏は「プラスチック廃棄物はアジアで最も重要な環境問題の1つだが、プラスチック廃棄物は新製品に転換できる貴重な資源であり、われわれはこの重要な問題を解決することができる。パートナーと手を組んで積極的に問題に取り組み、新たな用途を生み出し、この重要素材に価値を付加する。Luhaiをリサイクルのパートナーに迎えることができて喜んでいる。それは、共にプラスチック廃棄物管理のループを閉じ、大いに必要とされる変化に影響を及ぼす共有ビジョンの達成に向けて大きく前進しているからである」と語った。

ダウの目標は、プラスチック廃棄物を環境から転用し、エコシステムを保護することである。ダウはこの協力によってさまざまな包装用途に利用し、最終的には地域社会の使用済みプラスチックの回収・リサイクルを増大し、リサイクルプラスチックの価値証明を図る。

LuhaiのJennifer Jiang社長は「われわれはこの20年、中国の廃棄物リサイクル部門のパイオニアとして、プラスチック廃棄物を高価値製品に転換し、廃棄物管理バリューチェーンがプラスチックにセカンドライフを与えることができるようにコミットしており、中国の『Zero Waste(廃棄物ゼロ)』都市開発を加速してきた。持続可能性目標を推進する一方、ダウのパートナーとなり、業界向けの環境に優しい長期的ソリューションとして、革新的手法でプラスチック廃棄物を利用する道を追求できてうれしく思う」と話した。

既に廃棄物管理・リサイクル業界にあるバリューチェーンに沿った組織との提携は、プラスチックの循環経済進展にとって重要である。ダウはLuhaiと協力し、環境に打ち捨てられるか、埋め立てられるはずのプラスチックを終身活用し、中国のプラスチック廃棄物削減に役立つことを目指す。

▽ダウ・パッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチックについて
ダウ(NYSE: DOW)の事業体であるパッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチック(Packaging and Specialty Plastics、P&SP)は、研究開発(R&D)、世界展開、幅広い製品ライン、業界専門技術の強みを組み合わせ、食品包装、個人衛生、インフラストラクチャー、消費材、輸送でエンドユーザー市場向けの高性能技術を提供している。P&SPはポリエチレン樹脂、特殊樹脂、接着剤の世界最大メーカーの1つで、パック・スタジオ(Pack Studios)に支えられ、プラスチックの持続可能なアプリケーション開発、循環経済のライフサイクル設計のバリューチェーンにおける主要なイノベーター/コラボレーターである。www.dowpackaging.com

▽ダウについて
ダウ(Dow)(NYSE: DOW)はグローバルな広がり、資産の統合、スケールを組み合わせてイノベーションとトップ級ビジネスポジションに集中し、利益ある成長を達成している。同社の大望は、最も革新的で顧客を重視するインクルーシブで持続可能な素材科学企業になることである。ダウのプラスチック、工業用中間体、コーティング、シリコン事業のポートフォリオは、差別化された科学に基づく幅広い製品とソリューションを包装、インフラストラクチャー、顧客対応など高成長市場の顧客に提供している。ダウは31カ国の製造施設109カ所で操業し、約3万6500人を雇用している。ダウは2019年に約430億ドルを売り上げた。ダウまたは同社は、Dow Inc.とその子会社を意味する。詳細はwww.dow.com を参照するか、Twitterで@DowNewsroomのフォローを。

▽Xiamen Luhai Pro-environment Co., Ltd.について
Xiamen Luhai Pro-environment Co., Ltd.(Luhai)は2000年12月に創設され、2015年に中小企業株式取引システム(NEEQ)に上場された(株式コード834562)。Luhaiはリサイクル作業、再処理、応用研究、循環事業など、都市の再生利用可能な固形廃棄物の総合運用サービスにコミットしている。同社は主に各種のポスト産業・使用済み廃プラスチックや使用済み飲料カートンをリサイクルしている。主要製品は再生プラスチック、再生パルプ、Re-fine製品、ごみ固形燃料(RDF)などである。21.4エーカーのショウ州工場(アモイから車で1時間)の「National Resource Recycling Base(国家資源リサイクル基地)」には7万平方メートルを超える建設区域があり、年産能力は15万トンで、全国の200人以上を雇用している。

ソース:Dow

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=372221
写真説明:ダウとLuhaiが中国でのプラスチック循環性を高めるための提携を発表

ダウとLuhaiが中国でのプラスチック循環性を高めるための提携を発表
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ