プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社秀英予備校

北海道比布町と秀英予備校が、町内の中学生に対する学習サポート(チャレンジゼミ)の協定を締結

北海道比布町と株式会社秀英予備校は9月30日、比布町内の全中学生が通う比布町中学校の生徒に対し、より質の高い補充学習を提供するため、比布町が進める学習サポートの推進に関する協定を締結いたしました。

<協定の目的>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う中学校の臨時休校により学習に不安を感じている生徒に対し、秀英予備校が有するオリジナルの映像授業及びオリジナルテキストを活用した、学校教育を補充する学習指導を行うことで、学習機会の充実及び学力の定着を図ることを目的としています。

<指導内容>
対象生徒 比布中学校全校生徒(約75名)指導時期・回数 2020年10月から2021年2月までの隔週土曜日(全8回)指導教科 英語、数学の復習単元指導方法
1教室25名程度で、一斉に授業動画(DVD)を視聴し、問題演習中に、指導員が生徒の指導にあたる。1教室には指導員を数名配置する(指導員は現場で準備・配置)。
現場で対応できない質問内容については、とりまとめ、秀英予備校にメール送信。後日回答。
指導場所 比布町改善センター、福祉会館にて実施指導スケジュール60分×2時限×8日(全16時限)

<協定の内容>
休校により学力に不安を感じている生徒に対する補充学習をより充実した内容にするために、比布町と連携し、秀英予備校が作成したオリジナルの映像授業及びテキストを提供する。
教科:数学、英語
映像授業:2教科×3学年×各8回
テキスト:2教科×3学年×各8回

◆お問い合わせ
株式会社秀英予備校 管理本部 人事総務部長 中川 浩
TEL:054-252-1175(総務課直通)   FAX:054-252-1185
(受付時間)平日10:00~19:00

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ