プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Cellebrite

CellebriteがDigital Intelligence Readiness Navigatorの立ち上げを発表

AsiaNet 85777 (1690)

【タイソンズコーナー(米バージニア州)2020年9月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*法執行機関と情報機関がデジタル調査を効果的に管理する能力を評価することをサポートするオンラインツール

デジタルインテリジェンス(DI)ソリューションのグローバルリーダーであるCellebrite(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2927242-1&h=1436584911&u=https%3A%2F%2Fwww.cellebrite.com%2Fen%2Fhome%2F&a=Cellebrite )は30日、法執行機関や情報機関が効率性を生み出し、調査ワークフローにおけるテクノロジースタック、人員、プロセス全体で効率を向上させる能力を理解できるようにする業界初の包括的ツールであるDI Readiness Navigatorの立ち上げを発表した。DI Readiness Navigatorは、DFIR(デジタルフォレンジック・インシデントレスポンス)、サイバーセキュリティーの専門家、さらに簡単なアンケートを提供し、次に、カスタマイズされたDI Readiness Matrixリポートを作成し、機関が大量のデジタル証拠へのアクセス、管理、分析の機会がどこにあるかを理解できるようにする。このリポートは、組織がデジタルインテリジェンスを使用して技術と組織変革の主要な機会を特定することをサポートする。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1280441/Cellebrite.jpg

CellebriteのMark Gambill最高マーケティング責任者(CMO)は「法執行機関向けCellebriteソリューションは、データにアクセスしてデコードする機能を提供することから、AIと分析を含めること、デジタルインテリジェンスツールを最適化してデジタル証拠のチェーンを保護する機能へと進化してきた。調査の過程で法執行機関が、デジタルデータが提示する増大する課題に先んじることをサポートするために、このユニークなリソースを提供することをうれしく思う」と語った。

Digital Intelligence Readiness Navigatorはすべての規模の機関にオンライン(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2927242-1&h=3544962390&u=https%3A%2F%2Fwww.cellebrite.com%2Fen%2Fdi-ready%2F&a=online )で提供される。このツールは、以下の8つの主要カテゴリーにわたる機関のニーズを評価することにより、機関がその過程で、調査でデジタルデータを使用するための標準的な運用手順を最新化および作成することをサポートする:

*デジタル証拠へのアクセス
*デジタルデータワークロードの管理
*デジタル証拠の操作と保管の連鎖
*安全にデータを共有し協力する機能
*デジタル証拠からのタイムリーな知見の活用
*チームのデジタルデータ処理能力のコンピテンシーとノウハウ
*テクノロジーの変化に歩調を合わせる専門能力開発計画
*ワークフローの有効性を測定し、継続的な最適化を推進する能力

年間Cellebrite Global Industry Benchmarkサーベイ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2927242-1&h=2161913323&u=https%3A%2F%2Fwww.cellebrite.com%2Fen%2Finsights%2Findustry-report%2F&a=survey )によると、2020年には合計で犯罪の97%が携帯電話、53%がコンピューター、50%がクラウドデータに関係していた。さらに、依然として大半の捜査官が手入力データをチェックし、ほぼ20%が蛍光ペンを使って抽出レポートを読んでマークしている。

IDC ResearchのAlison Brooks副社長(世界公共安全責任者)は「大量のデジタルデータとCOVID-19パンデミックにより、法執行機関が公共の安全ワークフローを根本的に再考する必要性が高まっている。デジタルインテリジェンス戦略があれば、デジタル成熟度のどの段階からでも、これらの課題に対処する準備ができる。同様にこれはAIをフォースマルチプライヤーとして使用する、デジタル信頼およびテクノロジーの受容可能な使用のためのベストプラクティスを確立する、センサーとしてファーストレスポンダーを使用するなど、新たなトレンドを利用するのに役立つ」と説明する。

Gambill氏はさらに「DI Readiness NavigatorおよびMatrixは、DI戦略を形成するための基礎であり、その育成に不可欠である。顧客との信頼できるパートナーシップを通じて、この重要な行程を顧客に案内できることを楽しみにしている」と語った。

DI Readiness NavigatorおよびMatrixに関する詳細な情報はhttps://www.cellebrite.com/en/di-ready/# を参照。

▽Cellebriteについて
Cellebrite(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2927242-1&h=3128382773&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D2866408-1%26h%3D2918654573%26u%3Dhttps%253A%252F%252Fwww.cellebrite.com%252Fen%252Fhome%252F%26a%3DCellebrite&a=Cellebrite )は、法執行機関、政府、および企業組織向けのデジタルインテリジェンスソリューションのグローバルリーダーである。Cellebriteは、デジタル調査を加速し、より複雑さを増すデジタル時代の犯罪とセキュリティーの課題に対処するために設計された革新的ソ フトウエアソリューション、分析ツール、研修の広範なスイートを提供している。150カ国以上の数千の大手機関および企業から信頼されているCellebriteは、より安全な世界を創出するという共同ミッションの実現をサポートしている。詳細はwww.cellebrite.com を参照するか、Twitterで@Cellebrite_UFEDのフォローを。

▽問い合わせ先
Olga Shmuklyer
Fusion PR
Mobile: +1 (917) 715-0329
Cellebrite@FusionPR.com  

Adam Jaffe, VP of Global Communications, Cellebrite
Mobile: +1 609 502 6889
Adam.Jaffe@cellebrite.com

ソース:Cellebrite

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ