プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Panchshil Realty

Panchshil Realty、プネの旗艦住宅プロジェクトPanchshil Towersで好調な売上高を記録

AsiaNet 85761

Panchshil Realty、プネの旗艦住宅プロジェクトPanchshil Towersで好調な売上高を記録
プネ(インド)2020年9月24日/PRNewswire/ — 本日、Panchshil Realtyは、プネ市東部のIT中心地に位置する旗艦住宅プロジェクトPanchshil Towersにおいて大幅な売上高増を達成し、旺盛な需要を記録したことを発表した。

マルチメディアニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックして下さい:https://www.multivu.com/players/uk/8769551-panchshil-realty-sales-at-panchshil-towers/

過去1年間に、Panchshil Towersにおける売上高は国内市場で好調な2桁成長を遂げ、在外インド人への売上高は3倍に増加した。現在、眼識のある住宅購入者は広々とした間取りの良い住宅を求めており、パンデミック発生以降の販売は好調に伸びている。

Panchshil Towersの売上を押し上げた主要因の1つはカラディからの距離が近いことである。今後3~5年の間に、カラディの総オフィス市場規模は223万平方メートルに達し、労働人口は35万人になると予想されている。

Panchshil Towersは14エーカーの敷地に9つのタワーを建設し、60%がオープンスペースの高級住宅。3.5と4.5ベッドルーム・ホールキッチン(BHK)、面積175~205平方メートルの住宅が提供される(RERA専有面積)。(MahaRERA No. P52100002528)

タワーA、B、D、Eは即入居可。Panchshil Towersのマンション(タワーA、B、D、E)はINR 2,450万*から、他のタワーはINR 1,930万から。

Panchshil RealtyのDirector、Sagar Chordia氏はPanchshil Towersの販売トレンドについて、 「現在、大規模住宅の需要が増加しており、ファミリー層はパンデミック後の安全かつ快適で広々とした家を求めています。また、コミュニティにおけるより上質な生活を希望し、即入居可能な住宅を選択する買い手がますます増えています」と述べている。

Panchshil Towersについての詳細はこちらをクリックしてください

Panchshil Realtyはこれまでに総不動産ポートフォリオ約214万平方メートルを完成させており、そのほかに185万平方メートルが開発中である。Panchshil Realtyの3つの主要事業領域は、住宅、商業、ホスピタリティで構成されている。Panchshil Realtyのオフィスポートフォリオの大部分は、Blackstone Real Estate Private Equity Fundによって支えられ、Blackstone Group LPが運用している。Panchshil Realtyに関する詳細はウェブサイトwww.panchshil.comを参照。

プネ市Panchshil Towersの販売に関するお問い合わせは、Himanshu Rathore(電話:+91-99230-55555、またはEメール:Himanshu.rathore@panchshil.com)まで。

Panchshil Towersに関する詳しい免責事項については、こちらをクリックしてください。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1279116/Panchshil_Towers_Clubhouse.jpg 
インフォグラフィック – https://mma.prnewswire.com/media/1279115/ADVANTAGE_KHARADI_Infographic.jpg
インフォグラフィック – https://mma.prnewswire.com/media/1279117/Key_Drivers_Infographic.jpg
インフォグラフィック – https://mma.prnewswire.com/media/1279118/Sales_Trends_Infographic.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1042836/Panchshil_Realty_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ