プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ビーブレイクシステムズ

フジミック新潟がクラウドERP「MA-EYES」の採用を決定

~業務毎に分かれていたシステムおよびExcelを統合~

2020年9月29日
株式会社ビーブレイクシステムズ

            

                              
フジミック新潟がクラウドERP「MA-EYES」の採用を決定 ~業務毎に分かれていたシステムおよびExcelを統合~

 
 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009284915-O2-Uiv2LKe3】  【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009284915-O1-D55uXpE3

 
株式会社ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩次郎、東証マザーズ上場:証券コード3986、以下「ビーブレイクシステムズ」)は、「株式会社フジミック新潟(本社:新潟県十日町市、代表取締役社長:伊佐野雅男、以下「フジミック新潟」)」の新基幹業務システムにクラウドERP『MA-EYES』の採用が決定し、本稼働に向けた取り組みを進めていることをお知らせいたします。

 
背景
フジミック新潟は、フジサンケイグループの一員として、放送関連システムなどの業務アプリケーション開発に留まらず、IoT、AI等のICT分野で、常に「技術革新への挑戦」をし続けるトータルソリューションサービス会社です。

フジミック新潟では、これまで財務会計、グループウェア、出退勤管理、経費管理、請求管理などの個別システムを都度必要に応じて導入し、また、案件管理やプロジェクト管理についてはExcelで対応していたため、複数システムおよびExcelへの重複入力やデータの整合性チェックなどに時間が割かれていました。また、経営レポートを作成する際も個別システムおよびExcelからデータを抽出、集計、加工などに非常に手間がかかっている状況でした。これらの業務を改善するために統合的なシステムの導入を検討することになりました。

「MA-EYES」を採用した理由
MA-EYESは経理を含む業務全般を統合的にカバーし、システム・情報の一元化が実現できると考えました。一元化により多重入力の抑制、経営レポートの適時出力、柔軟なワークフロー設定による稟議の時間短縮などが実現され、業務の効率化・利益向上に貢献することを期待しています。

 
ビーブレイクシステムズは、これからもITの力でお客様の経営課題を解決し、生産性の向上に貢献してまいります。

 

フジミック新潟 会社概要
商号:株式会社フジミック新潟
本社所在地:新潟県十日町市泉町92番地
代表取締役社長:伊佐野 雅男
設立:1986年12月
社員数:116名(2020年4月現在)
事業内容:システム開発
コーポレートサイト:http://www.niigata.fujimic.com/

ビーブレイクシステムズ 会社概要
商号:株式会社ビーブレイクシステムズ
本社所在地:東京都品川区西五反田2-19-3 五反田第一生命ビル
代表取締役:白岩 次郎
設立:2002年7月
事業内容:システム開発
コーポレートサイト:https://www.bbreak.co.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/bbreakworkpj/
運営メディア”WORK-PJ”「働く」を考える:https://work-pj.net/

 

クラウドERP「MA-EYES(エムエーアイズ)」
プロジェクト管理を中心に企業の業務全般をサポートするERPシステムです。業種や導入方法によって複数のシリーズを展開しています。企業の業務の効率化と生産性の向上に貢献いたします。

MA-EYES 製品サイト https://www.bbreak.co.jp/maeyes/

 
ビーブレイクシステムズにおけるクラウドサービス
ビーブレイクシステムズでは、様々なマネジメントサービスの中からお客様にとって最適なシステム・サービスを選定し、選定された複数のシステムやサービスを繋ぎ一つのシステムとしてご提案する「コネクテッド・クラウド」をご提供しています。

コネクテッド・クラウド サービスサイト https://www.bbreak.co.jp/connectedcloud/

クラウドERP「MA-EYES」
株式会社フジミック新潟
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ