プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

JA三井リース株式会社

ACALL株式会社への出資について

2020年9月28日

各位

JA三井リース株式会社

 

ACALL株式会社への出資について

 

 JA三井リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:古谷周三、 以下「JA三井リース」)は、次世代ワークスタイルのプラットフォームとしてクラウドサービスを提供するスタートアップ企業・ACALL株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:長沼 斉寿、以下「ACALL」)に出資しましたので、下記の通りお知らせいたします。

 

 

1.出資参画の目的

 Withコロナの環境下、企業では在宅勤務やリモートワーク導入の動きが加速しており、時間や場所に囚われない働き方のニーズは一層高まると推測されます。一方で、リモートワーク時のインフラは未だ十分に整備されておらず、コミュニケーションの減少や労務管理の難しさが課題となっております。

ACALLは、入退館・受付・会議室管理システムに加えて、外部SaaSサービスやIoT機器との連携により、生産性向上を図るクラウドサービスを提供。更に、今年6月にはリモートワーク時の業務状況を共有できる「ACALL WORK」をリリースする等、オフィスワークとリモートワークのベストミックスを実現し、働き方改革を推進するサービスを提供しております。

  JA三井リースは、本年6月に発表した中期経営計画「Real Change 2025」にてDX分野への取組を重点施策の一つに掲げており、次世代ワークスタイルDXのプラットフォーマーとなり得る将来性の高さに着目し、ACALLへの出資を決定いたしました。

今回の出資を機に、JA三井リースグループの持つファイナンス機能や営業ネットワークの提供等、連携を加速し、ACALLの事業の成長をサポートしてまいります。

 

2.ACALLの会社概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103460/202009284951/_prw_PT1fl_1ODo9TUQ.png

 

【本件に関するお問い合わせ先】

経営企画部 広報IR室  電話:03-6775-3002

以上

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ