プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Zymo Research Corp.

Zymo Researchが検体採取デバイスに体外診断用医療品のCEマークを取得

AsiaNet 85814 (1719)

 
【アーバイン(米カリフォルニア州)2020年9月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*外気温での体外診断用医療品(IVD)利用で安全・確実な検体保存

Zymo Researchは同社のDNA/RNA Shield(TM)(DNA/RNAの保存試薬)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=288402566&u=https%3A%2F%2Fwww.zymoresearch.com%2Fproducts%2Fdna-rna-shield&a=DNA%2FRNA+Shield%E2%84%A2 )採取デバイスのうち3種が体外診断用医療品(IVD)利用のためのCE IVDマークを取得したと発表した。3種は(1)綿棒付きDNA/RNA Shield(TM)採取チューブ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=3252369511&u=https%3A%2F%2Fwww.zymoresearch.com%2Fproducts%2Fdna-rna-shield-collection-tube-w-swab-dx&a=DNA%2FRNA+Shield%E2%84%A2+collection+tube+w%2F+swab )(2)DNA/RNA Shield(TM)唾液採取キット(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=2367228995&u=https%3A%2F%2Fwww.zymoresearch.com%2Fproducts%2Fdna-rna-shield-saliva-collection-kit-dx&a=DNA%2FRNA+Shield%E2%84%A2+Saliva%2FSputum+Collection+Kit%2C )(3)DNA/RNA Shield(TM)ふん便採取チューブ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=5533377&u=https%3A%2F%2Fwww.zymoresearch.com%2Fproducts%2Fdna-rna-shield-fecal-collection-tube-dx&a=DNA%2FRNA+Shield%E2%84%A2+Fecal+Collection+Tube )である。

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1281947/DNA_RNA_Shield_Collection_Devices.jpg

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/364743/Zymo_Research_Corp_Logo.jpg

DNA/RNA Shield(TM)商品ラインは検体検査に使用される医療検体の採取・保存・輸送デバイスで、体外診断(例えばCOVID-19検査)用に利用できる。CE IVDマークを取得するため、Zymo Researchの科学者らは検体(病原体)の不活性化や核酸保存に関する大量の性能データを集めた。その結果は、検体が外気温で保存される場合に、検体で数週間から数カ月、DNAで何年もの前例のない安定化を確認した。DNA/RNA Shield(TM)はCOVID-19を引き起こすウイルスのSARS-CoV-2を含む病原体を即時不活性化するので、検体輸送は試験施設の専門家や現場の作業員らにとって非常に安全になる。

Zymo Research Corp.のStanislav Forman博士は「当社は臨床・検査環境の検体収集を標準化している。この技術は第一対応者とサービス提供者に同じ安全性を提供する。病原体が不活性化される一方、核酸の特徴は維持される。CE IVDマークによって、現在の感染流行中にCOVID-19検査を実施する人々を含め、世界的にはるかに多くの臨床検査所・機関を支援できる」と語った。

多くの検査所・機関がCOVID-19検査ワークフローを支える検体採取デバイスを必要としており、CE IVDマークは極めて重要なときに取得できた。Zymo ResearchはDNA/RNA Shield(TM)商品によって、シュツットガルト空港のCorona Testing Centre(コロナ検査センター)など、すでに大規模なCOVID-19検査の国際的な取り組みを支援している。検査センターはドイツのチュービンゲンを本拠とする遺伝子診断・次世代シーケンシング(NGS)サービスの事業者CeGaT GmbHが運営している。綿棒付きDNA/RNA Shield(TM)採取チューブが空港の旅客からの鼻咽頭検体採取に使われ、リアルタイムのポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査でSARS-CoV-2ウイルスのRNAをスクリーニングしている。COVID-19拡散を阻止する国家的事業の一環であり、検査結果は翌日に分かる。

Praxis fuer Humangenetik Tuebingen(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=2346687969&u=https%3A%2F%2Fwww.humangenetik-tuebingen.de%2F&a=Humangenetik+T%C3%BCbingen )& CeGaT(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=1485982951&u=https%3A%2F%2Fwww.cegat.de%2Fen%2F&a=CeGaT )GmbH.の最高経営責任者(CEO)であるSaskia Biskup医学博士・理学博士は「重大なSARS-CoV-2診断でZymo Researchの検体採取チューブに頼っている。CE IVD認定のDNA/RNA Shield(TM)ソリューションの不活性化能力を高く評価している。それによってより安全な検体の処理が可能になり、検査所でのより大量の処理につながった」と述べた。

DNA/RNA Shield(TM)と採取デバイスの詳細はZymo Researchのウェブサイト(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=2266718430&u=https%3A%2F%2Fwww.zymoresearch.com%2Fproducts%2Fdna-rna-shield&a=website )を参照、または電子メールでcovid19requests@zymoresearch.com に連絡を。

▽Zymo Research Corp.について
Zymo Researchは1994年以来、最先端の分子生物学ツールを科学・診断コミュニティーに提供してきた株式非公開企業である。「優れた科学は物事をシンプルにする(The Beauty of Science is to Make Things Simple)」がモットーで、これはエピジェネティクスからDNA/RNA精製技術まで同社の全商品に反映されている。エピジェネティクスのリーダーとして認められてきた歴史のあるZymo Researchは、高品質で使いやすい検体採取、微生物測定、診断デバイス、次世代シーケンシング(NGS)技術用の斬新なソリューションで、限界を打ち破り続けている。Zymo Researchのフォローを:Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=4086588565&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fzymoresearch&a=Facebook )、LinkedIn(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=1436996747&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fzymo-research-corp%2F&a=LinkedIn )、Twitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=2514574311&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FZymoResearch&a=Twitter )、Instagram(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2929606-1&h=2524418385&u=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fzymoresearch%2F&a=Instagram

ソース:Zymo Research Corp.

▽問い合わせ先
Marketing Department
Zymo Research Corp.
+1-949-679-1190
marketing@zymoresearch.com;

Sheila T. Brann
Media Relations
KIWI Communications, Inc.
+1-714-979-3464
sbrann@kiwi-comm.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ