プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Ecolution KWH

Ecolution KWH:キネティックエネルギーで食品・医薬品配送の冷凍トレーラーを駆動

AsiaNet 85770 (1684)

【ネイプルズ(米フロリダ州)2020年9月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*ディーゼル排ガス削減はローマ、サンフランシスコ、パリを合わせたカーボンフットプリントを超える可能性
*テクノロジーは“廃”エネルギーを再利用、大型トラックの燃料効率向上をもたらす
*斬新なeモビリティービジネスは成功した起業家や主要な業界リーダーが後ろ盾

eモビリティー・電力企業のEcolution KWH, LLC(Ecolution)は、食品・医薬品を配送する冷凍トレーラーへの廃キネティック(運動)エネルギー再利用で米国の特許を取得した。テスラとその他の企業が開発したように、電気や水素燃料のトラックを合わせれば、Ecolutionトレーラーは数十億ドルのグローバル企業を悩ます炭素排出の全面排除を達成する。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1280470/Ecolution_Logo.jpg

Ecolutionのgreen perfect cycle(グリーン完全サイクル)TM1、MARS(TM)システムは、ディーゼルガス、および、交換可能電池を使って小売店まで商品や医薬品を冷凍する「リーファー(冷凍貨物)」トレーラーに通常使用されるTRU発電ユニットにとって代わる。その結果、冷凍トレーラーの平均重量を1200ポンド削減してトレーラーの運搬能力を増大し、電気トラックのより長い電池寿命を実現する。

主なMARS特許イノベーションは、トレーラーのディスクブレーキに接続する交流電源の使用である。それはリーファートレーラー内で全て、オンデマンドエネルギー用の電池貯蔵ユニットに変換器を通じて送電する。Ecolutionは現在、ドイツ、日本、中国、韓国で特許4件を出願中である。このイノベーションは5年間の研究開発を経た現在、米国、欧州、中南米、アジアで試作段階に入っている。

EcolutionのJohanne Medina Then最高経営責任者(CEO)は「発見の美しさはその単純性にあり、電池ユニットがトレーラーにあるため、テスラなど電気自動車のセカンドライフ電池の再利用が可能で、別の環境問題を除去する役に立つ」と語った。

EcolutionのCraig Bouchard会長は「ほとんどの人はeモビリティーが大型トラックの未来と信じている。今や当社はビジネスケース(投資対効果検討書)を提示した。冷凍トレーラー(そして列車)は、われわれ世代の有数の有害な環境問題を生み出している。食品配送のネットゼロカーボン排出は、このグローバル問題で唯一のソリューションである」と語った。

Johnny Then Gautier最高技術責任者(CTO)は「Ecolutionの使用事例は配達地点の冷蔵スペースが不足している食料品店で一層完全である。リーファーは駐車場に数時間か数日駐車していることが多く、待っている間に発電するためディーゼル油を燃やしている。それは深刻な騒音、健康、環境問題を発生させている」と語った。

Ecolutionの役員会には次のように業界大物が何人かいる:

*Richard Giromini氏-北米最大のセミトレーラー・液体輸送システムメーカー、Wabash National Corporationの元CEO兼社長
*アーネスト・比嘉氏-ヒガ・インダストリーズ社長兼CEO、ウェンディーズジャパンCEO
*Jack Greenberg氏-マクドナルドの元会長兼CEO
*William Farley氏-実業家、Fruit of the Loom創業者兼CEO
*Randolph Read氏-Nevada Strategic Credit InvestmentsのCEOで、慈善家Michael Milken氏の仕事仲間
*Craig Bouchard氏-Ecolution会長、大手金属企業3社の創業者

Ecolutionの特許はコミューター、地下鉄、貨物列車事業の発電にも適用される。

ソース:Ecolution KWH

▽問い合わせ先
P.J. Kinsella
973-255-7153
pj@paragonpr.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ