プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

農林水産省

#元気いただきますプロジェクト 大手4社デリバリー・テイクアウト事業者が連携を発表

2020年9月24日

#元気いただきますプロジェクト事務局

あなたのひとくちが、ニッポンを元気にする。
#元気いただきますプロジェクト
デリバリー・テイクアウト事業者連携記者発表会
大手4社デリバリー・テイクアウト事業者が連携を発表

 農林水産省は、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛や輸出停滞などの影響で価格低下や売り上げ減少などが生じている国産農林水産物等の販売促進を目的とした「#元気いただきますプロジェクト」を始動し、消費者の皆さまに国産食材をおいしく味わっていただく機会の提供、提案を行っています。

 コロナ禍における消費行動の変化からデリバリー・テイクアウトサービスの需要が拡大する昨今、外食産業の支援を通じて国内の農林水産物、生産者の皆様を応援することを目的として、この取組に賛同した大手4社デリバリー・テイクアウト事業者(Uber Eats・出前館・dデリバリー・楽天リアルタイムテイクアウト)が、独自の取組・キャンペーンをスタートする運びとなりました。
各事業者の取り組み内容に関しましては、次項をご参照ください。

■#元気いただきますプロジェクトについて

・名称:#元気いただきますプロジェクト
・キャッチコピー:あなたのひとくちが、ニッポンを元気にする。
・目的:新型コロナウイルス感染症の拡大がもたらした外出自粛や輸出の停滞などにより、国産農林水産物等の在庫滞留、価格低下、売上げ減少など多くの問題が発生していることを受け、農林水産物等が適正な出荷時期を逃し価値を失わないよう、また「いのちを支える産業」の循環を次の世代へとつないでいけるよう、影響が顕著な品目の販売促進に取り組み、消費者の皆様に美味しく召し上がっていただく機会を提供します。
・ロゴマーク

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009244780-O1-eXbOJZX9

「#元気いただきますプロジェクトロゴマーク」は、「#元気いただきますプロジェクト」の趣旨に賛同いただいた企業・団体等が、それぞれの活動を推進していく意思を表明いただくためのマークです。

■デリバリー・テイクアウト事業者の独自の取り組み、キャンペーン内容詳細

①Uber Eats
Uber Eatsは、世界45カ国 6,000都市以上で展開するフードデリバリーサービスです。日本では2016年9月29日に東京でサービスを開始しました。注文者とレストランパートナー、配達パートナーの三者をUberの革新的なテクノロジーで繋ぐことにより、最短時間で人気店の美味しい料理をお届けします。2020年9月24日現在、28都道府県でサービスを提供しています。

レストランを支援し、さらに食を支える生産者の皆様を支援する取り組みである#元気いただきますプロジェクトに、フードデリバリープラットフォームとして、本プロジェクトを是非促進したいとの思いから、プロジェクトに参加致しました。

Uber Eatsでは四半期に一度、「対象メニューを1つ頼むともう1つ無料!」となるキャンペーンを実施しています。「#元気いただきますプロジェクト」への参加に伴い、10月1日から14日まで実施している「1つ頼むと、もう1つ無料」となるキャンペーンに参加頂くレストランの中から、国産農産物を使用したメニューを販売しているレストランを特集します。たくさんのおいしいメニューを取り揃え、注文者の皆様へ国産品の需要拡大を訴求していきたいと思います。
詳細はキャンペーン開始当日にUber Eatsより発表するニュースルーム(https://www.uber.com/ja-JP/newsroom/)にてご確認ください。

②出前館
『出前館』は自宅やオフィスで食事をする際にスマートフォンやPCから料理を注文できる便利な日本最大級の出前サービスです。
ユーザーは、多数のジャンルの出前サービス店舗から、メニューや "現時点でのお届けまでの待ち時間"等の情報を見て、特典付きで注文をすることができ、注文してからお届けまで最短20分を実現しています。

コロナ禍でレストランへの来店飲食が困難な中、ユーザーの皆さまが国産食材をご自宅や職場などお好きな場所でお楽しみいただけるように、本企画に賛同し参加致しました。

10月上旬より、今回の国産品目を利用している出前館加盟飲食店を集約したLPを設置し、出前館サイト内へのバナー掲出や、注文完了のサンクスページにてプロジェクト画を露出し、プロジェクトの周知、展開を強化します。また、配達員を直接雇用のもと、配達先の飲食店さまとの連携の強みを活かし、当社加盟店様に向け、チラシ配布などで周知を行っていき、キャンペーン登録飲食店を増やすお手伝いをしていければと考えております。
詳細は10月中旬以降に弊社サイトに作成されるキャンペーンページをご確認ください。

③dデリバリー
dデリバリーは、店舗数国内最大級の出前サイトです。
docomo/softbank/auなどで使え、dポイントが貯まる/使える!10種類以上のキャンペーンを開催しており、お得になっています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛や輸出の停滞などの影響で、国産農林水産物の在庫の増加や価格が低下している中、dデリバリーはニッポンの生産者を応援するため、#元気いただきますプロジェクトに賛同いたしました。

株式会社NTTドコモが提供する出前・フード宅配サービス「dデリバリー」は、国産原料を使った対象の出前商品の注文で10%分のdポイントを還元する「#元気いただきますプロジェクトキャンペーン第一弾」を2020年9月25日(金)から2020年10月15日(木)まで実施いたします。
第一弾は、ピザーラ、VIVA PAELLA、柿家鮨、デニーズ、KFC、ガスト、ジョナサン、バーミヤン、PIZZA SALVATORE CUOMO、肉市場、どん松、SPALA、ピザハットの全13ブランドの商品が対象となっており、エントリーの上LPに掲載されている対象の出前商品を注文すると、注文金額の10%分をdポイント(期間・用途限定)で還元します。なお、本キャンペーン後も2020年12月末までに、対象商品を変更して複数回キャンペーンを実施する予定です。詳細は明日9月25日以降にキャンペーンサイトをご確認ください。(https://delivery.dmkt-sp.jp/campaign/kokusan202009d/

④楽天リアルタイムテイクアウト
「楽天リアルタイムテイクアウト」は、PCやモバイルから飲食店を検索して商品を選び、事前注文と決済ができるテイクアウトサービスです。2020年5月にコロナ下で客数減少などの影響を受けている国内の飲食店を支援しようという思いから立ち上げました。
ユーザーは指定した時間に店頭を訪れることで、出来たての商品を待ち時間なくテイクアウトすることができます。

楽天は、コロナの影響を受けた国産の農林水産物を販路の多角化を通じて支援する#元気いただきますプロジェクトと、国内の飲食店をテイクアウトサービスで支援する「楽天リアルタイムテイクアウト」の事業目的に大きく重なる点があると考えて、本プロジェクトに賛同致しました。

「楽天リアルタイムテイクアウト」は、国内で1億以上の楽天会員数と70以上のサービスを抱える楽天エコシステム、幅広いサービスで貯めたり、使ったりすることができる「楽天ポイント」などの楽天グループがもつ強みをいかして本プロジェクトに取り組みます。10月中旬をめどに、「楽天リアルタイムテイクアウト」を通じて本プロジェクトに参加している飲食店のテイクアウトサービスをご利用いただくと、通常1%の「楽天ポイント」還元率が20倍となるポイント20倍キャンペーンを実施します。また、楽天の出前・宅配注文サービス「楽天デリバリー」でもキャンペーンを実施予定です。
キャンペーンの詳細は10月前半にご案内予定です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009244780-O6-v4ifGz3a

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009244780-O7-x6S8S0JU

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009244780-O8-K29cX0O0

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202009244780-O9-WGmO1GXg

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ