プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Antzertech

AntzertechのMQTT車両トラッカーはネットワーク帯域幅を節約しつつ、リアルタイムレスポンスを向上させる

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009234693-O2-N5E76XX7

AsiaNet 85723 (1662)

 
【台北2020年9月22日PR Newswire=共同通信JBN】台湾を本拠とするインタ―ネット・オブ・ビークル(IoV)およびテレマティクスソリューションのプロバイダーであるAntzertechは、標準規格に準拠したMQTTプロトコルを同社の車両トラッカー製品でサポートすると発表した。MQTTは、顧客にとび抜けた優位性を提供し、業界をリードするAntzertechの車両トラッカー製品のポートフォリオを強化する。

▽顧客にとっての主要なメリット
従来のTCPベースのトラッカーと比較して、AntzertechのMQTTベースのトラッカーは、ネットワーク帯域幅を少なく消費し、より信頼できるコネクティビティー、より優れたリアルタイムレスポンスを特徴としている。MQTTはIoTアプリケーションで幅広く使用されている標準プロトコルであり、顧客はパブリックないしはプライベートクラウドにフリート管理プラットフォームを設定することができる。Antzertechの車両トラッカーによって、顧客はMQTTの軽いデータ負荷のおかげでトラッカーの豊富な機能を犠牲にすることなく、大幅にコストを節約することができる。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200922/2924489-1-a

▽次世代フリート管理アプリケーション向けの適切なプロトコル
MQTTは、フリート管理アプリケーションの車両に特有である制約付きデバイスや低帯域幅、高レーテンシー、頼りないネットワーク向けに開発されたオープンスタンダードプロトコルである。HTTPと比較して、MQTTはより迅速なレスポンスとスループット、バッテリーおよび帯域幅の低い使用を特徴としており、コネクティビティーが一時的に停止したり、帯域幅が極めて高い料金であったり、クラウドアプリケーションが複数のトラッキングデバイスと相互接続する必要があったり、信頼できるデータ送信が主要要件であったりするフリート管理アプリケーションに最適である。MQTTの低帯域幅要件のおかげで、ユーザーは低コストのデータプランや、LTE-MないしはNBIOTといったLPWANを使用することができる。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200922/2924489-1-b

▽全ての車両トラッキング・ニーズに向けた業界をリードするソリューション
Antzertechのトラッカー製品は、複数車両I/Oインターフェース、ユーザー定義のジオフェンシング、運転行動アラート、Mobileye(TM)Advanced Driver Assistance Systems(ADAS)通知、ODBIIおよびJ1939 CANプロトコル、デッドレコニング(DR)、特許取得済みCAN-to-ADR技術、多数のWWAN通信インターフェース・オプションなどの機能を搭載している。これらの豊富な機能オプションと柔軟なカスタマイズオプションによって、Antzertechの車両トラッカー製品は全てのアプリケーション要件を満たし、ユーザーのクラウドアプリケーションに容易に接続する。

AntzertechはInnodisk Groupの子会社である。同社はInnodisk Groupの統合された販売ネットワークおよびサポートを活用し、総合的な製品およびサービスを世界の顧客に提供する。

Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200922/2924489-1LOGO

▽Antzertechについて
2015年創設のAntzertechは、信頼される革新的な車両通信(RAW CAN、OBDII、J1939、J1708、FMS)製品およびソリューションを提供する専門企業である。総合的なハードウエア、ソフトウエア、システムインテグレーションの専門技術によって、Antzertechはフリート管理、公共輸送、法執行機関、車両データ収集、車両トラッキング、テレマティクス、利用ベース保険(UBI)、無人車両システム向けに最高かつ最もシームレスなソリューションを提供する。

ソース:Antzertech

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=372176
画像説明:AntzertechのMQTTベースの車両トラッカーは、フリート管理アプリケーションに大きなメリットをもたらす

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=372178
画像説明:AntzertechのMQTTベースの車両トラッカーによって、オペレーターはより迅速なレスポンスおよびスループット、バッテリーおよび帯域幅の低い使用、より少ないフリート管理コストを享受できる

AntzertechのMQTTベースの車両トラッカーは、フリート管理アプリケーションに大きなメリットをもたらす
MQTT車両トラッカーにより、オペレーターはより迅速なレスポンス、スループットなどを享受できる
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ