プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

iPoint-systems-TTS-JP GmbH

iPointが豊田通商システムズと戦略提携を締結

AsiaNet 85708 (1655)

【ロートリンゲン(ドイツ)2020年9月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*日本におけるiPointのソフトウエアに持続可能な市場プレゼンス

環境とソーシャルプロダクト・コンプライアンスならびに持続可能性に向けたソフトウエアとサービスの大手プロバイダーであるiPoint-systemsは22日、日本の一流IT商社、豊田通商システムズ株式会社(TTS)(https://www.ttsystems.com/ )との新たな提携を発表した。この提携により、iPointの日本でのプレゼンスはさらに拡大する。iPointは日本で長期にわたって強力な提携関係をDTTデータ グローバル・サービス(https://www.ipoint-systems.com/newsroom/news-detail/even-stronger-presence-in-japan/ )(以前の社名はNTTデータ エンタープライズ・アプリケーション・サービス)、エムエスシーソフトウエア(https://www.ipoint-systems.com/newsroom/news-detail/ipoint-and-msc-software-enter-strategic-partnership-for-responsible-design/ )、産業環境管理協会(JEMAI)(https://www.ipoint-systems.com/newsroom/news-detail/ipoint-and-jemai-form-strategic-alliance/ )の3社と展開しているが、それに加えて今、iPointはデジタル循環経済への移行を推進するために日本の自動車産業におけるTTSのネットワークからの恩恵を受けることも可能になった。

iPointとTTSの戦略提携は両社の強みを活用し、双方に利益をもたらすものである。この提携は新しい市場セグメントを開拓して日本市場でのiPointの地位とブランド認識を強化する一方、TTSはiPointのマテリアルコンプライアンス、持続可能性、循環経済向けの優れた産業間共有ソリューションにより、TTSの広範なソフトウエアサービスを強化できる。TTSは日本と世界の10拠点に巨大なネットワークを持つ。TTSはトヨタグループの商社部門である豊田通商の関連会社で、全世界でデジタル変換を進めるためのITソリューションを開発・提供している。

TTSの代表取締役社長、椿本光弘氏は「自動車業界は100年に1度の変革の中にあるといわれている。この部門では、ビッグデータ、人工知能、ブロックチェーンといった技術革新がデジタル変換を加速し、前例のない方法で社会と産業構造を変えている。当社はプロアクティブITを創出するテクノロジーグループである。そのため、iPointの最先端ソフトウエアソリューションを通してコンプライアンスと持続可能性の分野に当社の製品を広げることをうれしく思う」と述べた。

iPoint-systemsの創立者兼最高経営責任者(CEO)、Joerg Walden氏は「iPointは、日本市場に革新的なITソリューションを紹介する経験を持った、このような一流のパートナーと協業できることに興奮している。コンプライアンスと持続可能性の面で、日本経済、とりわけ自動車産業には巨大な成長の可能性がある。世界最大の市場の1つとして、持続可能であることについて日本は取り組みを強化している。それと共にTTSの専門知識、強力なネットワーク、現場対応能力は強力なコンビネーションである。それにより、当社は今後何年にもわたり、われわれのソリューションに対して増大する日本のニーズに柔軟に応え、日本ならびに事業全体に収益増をもたらす」述べ、さらに「iPointは日本だけでTTSと協力するのではなく、それはグローバル市場にも及ぶ。われわれはさまざまな産業のグローバルな顧客層を共有し、対応することができるからだ」と付言した。

▽メディア問い合わせ先
Dr. Katie Boehme
Head of Corporate Communications & Sustainability
iPoint-systems gmbh
+49.7121.14489-60
circular@ipoint-systems.de

▽iPointについて
iPointは環境とソーシャルプロダクト・コンプライアンス、プロセスコンプライアンス、持続可能性に向けたソフトウエアとサービスの大手プロバイダーで、5万5000社を超える顧客層を擁している。iPointは2001年の創立以来、循環経済の統合デジタルプラットフォームを構築するビジョン実現に向け、そのポートフォリオを常に拡大している。より詳しい情報はwww.ipoint-systems.com を参照。

▽TTSについて
1994年の創立で豊田通商グループの一員である豊田通商システムズ株式会社はICT分野のプロフェッショナルチームで構成されている。人・社会・地球との共存共栄を図るというTTSの哲学により、同社は顧客が必要とするサービスとソリューションを正確に把握・提供し、顧客がビジネスで成功することに貢献する。より詳しい情報はwww.ttsystems.com を参照。

ソース:iPoint-systems-TTS-JP GmbH

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ