プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

成都ハイテク産業開発区

成都ハイテク区:パークシティーの「トレンディーなアイデア、山のコミュニティー」に世界中から流行の仕掛け人を呼び込む

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009214612-O1-sBA34gGt
AsiaNet 85671 (1635)

【成都(中国)2020年9月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*雪をかぶった山の裾にあるパークシティー、成都は世界中の流行の仕掛け人を呼び込む「山」と「水」の融合がある独特な地域の誕生を見届けようとしている

9月18日、成都ハイテク産業開発区(成都ハイテク区、Chengdu Hi-tech Zone)のQilong エリアにあるQilong Innovation Parkの都市設計計画が発表された。設計によると、Qilong Innovation Parkは「Trendy Idea, Mountain Community(トレンディーなアイデア、山のコミュニティー)」という革新的なコミュニティーを作り出すための緑の環状帯、段々畑、貯水地、景観のよい居住地、大通り、小道などを含む8つの特徴的な空間的アイデアを融合して建設される。これは、本部の経済産業、文化革新産業、都市型サービス産業、都市型レジャー農業に基づいた3+X産業システムを採用し、生態学、環境にやさしい生活、集中的開発、共有、文化を統合した新しい産業コミュニティーを実現する。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200918/2921791-1

Qilong Innovation ParkのあるQilongエリアは、当初のDemonstration Zone for China-Japan Regional Development Cooperation(中国・日本地域開発協力実証区)の建設区域で、Chengdu New Economic Zone(成都新経済区)にある6カ所の産業機能コミュニティーの1つだと報告されている。将来的にはアニメーションゲーム、情報サービス、クリエーティブデザイン、文化貿易、文化金融の開発に焦点を当て、中国・日本共同イノベーションと創造性の中心地を築くことを目指す。

今年の4月以降、パークシティー建設、区画に分けられた開発、TOD(公共交通指向型開発)、EOD(開発の容易さ)などのコンセプトに基づき、成都ハイテク区は世界標準、世界的視野、国内外の優れた設計企業からの成都の特徴を持った都市設計を募集してきた。その目的は都市型スタイルの管理とコントロールを強め、土地資源活用効率性を向上し、産業開発を導き、全体的な計画調整の役割をさらに発揮させ、成都の特徴を持つ質の高い都市空間を作ることである。

Qilongコミュニティーの建設は、成都の国際的な影響力をより高め、新しい開発のコンセプトを真に体現するパークシティー実証地域の建設に役立つだろう。

ソース:Chengdu Hi-tech Zone

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371990
(写真説明:設計計画)

設計計画
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ