プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Subex

SubexがPartner Ecosystem Managementプラットフォームを立ち上げ

AsiaNet 85657 (1625)

 
【ベンガルール(インド)2020年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*このクラウド対応プラットフォームにより、サービスプロバイダーはデジタルパートナーシップを通じた複数ドメインにまたがる新しいサービスの立ち上げを加速し、5820億ドルの潜在市場に対処することができる

「Digital Trust(デジタルトラスト)」のパイオニアであるSubexは、CSP(顧客サービスプロバイダー)がデジタルサービス・ポートフォリオの拡大を加速できるようにするPartner Ecosystem Management(パートナーエコシステム管理)プラットフォームの立ち上げを発表した。このプラットフォームにより、CSPは価値主導のパートナーエコシステムを創出し、多様なパートナーを特定して迅速にオンボードすることで新しいサービスの市場投入の時間を大幅に改善することができる。また、透明性のあるパートナーエコシステムを生み出すことにより、CSPおよびそのパートナー間のデジタルトラストを実現する。

通信業界では、デジタルサービスの採用増に伴い、消費者行動に変化が生じている。ある報告書は、一部の事業者の収益の20-50%は従来とは異なるサービスによるものであると指摘した。これは間違いなく通信会社を、エコシステムで強力であり、収益を強化する新しいパートナーシップに開放している。SubexのPartner Ecosystem Managementは、コンテンツ、ゲーミング、IoT、5G、ヘルスケア、製造のパートナー、およびディーラーやリセラーなどの内部エコシステムパートナーとシームレスに協力するため、ドメインにとらわれないプラットフォームをCSPに提供する。CSPはさまざまなKPIに基づいてパートナーにスコアを付け、パフォーマンスを全体的に監視することができる。このプラットフォームにより、ビジネスの可視性、リポートへのリアルタイムアクセス、およびダッシュボードが増大し、外出先で情報に基づいた意思決定を行うことができる。

SubexのPartner Ecosystem Managementは、CSPが企業部門と消費者部門の両方の需要増大に対応するのを支援する。CSPは今や、既存の収益源をより有効に活用しつつ、新しい収益源を生み出すことを目指すことができる。Subexは、旅の途中にあるどのCSPもDigital Service Providers(デジタルサービスプロバイダー)となることを可能にする。

Subexの戦略・製品責任者Rohit Maheshwari氏は今回の立ち上げにコメントし「Partner Ecosystem Managementプラットフォームの立ち上げにより、顧客が現在のサービス提供を強化し、また5G時代に移行していく中で、当社は変化する市場力学と顧客のニーズに対処してきたと考えている。組織だけではデジタル化が約束するサービスを提供するために必要なインフラストラクチャー、スキルおよびリソースを持っていない可能性があるため、堅固なデジタルパートナーエコシステムを創出することが必要である。Subex Partner Ecosystem Managementにより、CSPは一連の適切なパートナーとの有益なパートナーシップを促進することができる。このプラットフォームにより、企業はシームレスな顧客体験を保証しつつ、より新しいサービスと技術を立ち上げることが可能になる」と語った。

SubexのPartner Ecosystem Managementプラットフォームは、オンボーディングから請求および決済までのパートナーのエンドツーエンドのプロセスを管理する。このスイートは、Partner Lifecycle Management、Contract Lifecycle Management、Digital Services Billing、Enterprise Billing、Wholesale Billing & Routing、Roaming Settlementsなどさまざまなソリューションで構成されている。 SubexのPartner Ecosystem Managementプラットフォームは、IoT、M2M、コンテンツ、ホールセール、音声、SMS、データなどのデジタルおよび従来型サービスを管理するように設計されている。

▽Subexについて
Subexは、世界中のビジネスのためにDigital Trust(デジタルトラスト)を実現するパイオニアである。

1994年に創設されたSubexは、25年以上にわたりグローバルな通信サービス事業者の収益と収益性の最大化を支援してきた。ビジネスの最適化と分析のための世界クラスのソリューションを通じて市場に貢献してきたレガシーを擁するSubexは、顧客のビジネスエコシステムでオールラウンドなデジタルトラストを実現することにより、業界を先導している。プライバシー、セキュリティー、リスク軽減、予測可能性、およびデータの整合性に注力しているSubexは、企業がビジネス環境のディスラプションを受け入れ、デジタルトラストで成功することをサポートする。

Subexは、収益保証(Revenue Assurance)、不正管理(Fraud Management)、ネットワーク分析(Network Analytics)、パートナー管理(Partner Management)などの分野で受賞歴のある製品ポートフォリオを、IoT SecurityやInsightsなどのデジタルソリューションとともに活用している。Subexは、スケーラブルなマネージド・ビジネスコンサルティングサービスも提供している。Subexは90カ国以上に300超の施設を置いている。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1224279/Subex_Logo.jpg
キャプション:Subex

ソース:Subex

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ