プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人サントリー芸術財団 サントリー美術館

リニューアル・オープン記念展 Ⅲ 「美を結ぶ。美をひらく。 美の交流が生んだ6つの物語」開催

2020年9⽉17⽇
サントリー美術館 https://www.suntory.co.jp/sma/

サントリー美術館 リニューアル・オープン記念展 Ⅲ
「美を結ぶ。美をひらく。美の交流が生んだ6つの物語」開催
会期:2020年12月16日(水)~2021年2月28日(日)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009154411-O1-Dfd4u4RQ
  
サントリー美術館(東京・六本木/館長:鳥井信吾)は、2020年12月16日(水)から2021年2月28日(日)まで、リニューアル・オープン記念展 Ⅲ「美を結ぶ。美をひらく。美の交流が生んだ6つの物語」を開催いたします。

サントリー美術館は、2007年3月、六本木の東京ミッドタウンに移転開館して以来「美を結ぶ。美をひらく。」をミュージアムメッセージに掲げ活動してきました。例えば、古いものと新しいものが時代の枠組みを越えて結びつく。東洋と西洋、国や民族といった文化の境界にとらわれず結びつき、新しい美が生まれる。このように異なるものが結び、ひらくことは美術の本質であり、絶えることのない交流の中で今なお魅力的な作品が生み出されています。

本展覧会は日本美術を軸に、江戸時代から1900年パリ万博の約300年間にちりばめられた「美を結ぶ物語」「美をひらく物語」を、サントリー美術館の珠玉のコレクションから選び取ってみました。欧州も魅了された古伊万里、将軍家献上の使命で研ぎ澄まされた鍋島、東アジア文化が溶け込んだ琉球の紅型、西洋への憧れが生んだ和ガラス、東西文化が結びついた江戸・明治の浮世絵、そして異文化を独自の表現に昇華したガレ。国・時代・素材を越えて結び、ひらいた6つの美の物語をお楽しみください。
 
【開催概要】
▼会 期:2020年12月16日(水)~2021年2月28日(日)
※作品保護のため、会期中展示替を行います。
※会期は変更の場合があります。最新情報は当館ウェブサイトでご確認ください。
▼主 催:サントリー美術館、朝日新聞社
▼協 賛:三井不動産、三井住友海上火災保険、サントリーホールディングス
▼会 場:サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
〈最寄り駅〉 都営地下鉄大江戸線六本木駅出口8より直結
東京メトロ日比谷線六本木駅より地下通路にて直結
東京メトロ千代田線乃木坂駅出口3より徒歩約3分

【基本情報】
▼開館時間:10時~18時
※金・土および1月10日(日)、2月10日(水)・22日(月)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※開館時間は変更の場合があります。最新情報は当館ウェブサイトでご確認ください。
▼休館日:火曜日(ただし2月23日は18時まで開館)、12月28日(月)~1月1日(金・祝)
▼入館料:
・当日券:一般1,500円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
・前売:一般1,300円、大学・高校生800円
※サントリー美術館受付、サントリー美術館公式オンラインチケット、ローソンチケット、セブンチケットにて取扱
※前売券の販売は展覧会開幕前日まで
※サントリー美術館受付での販売は開館日のみ
▼割引:
・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引
※割引適用は一種類まで(他の割引との併用不可)

▼呈茶席(お抹茶と季節のお菓子)
日時:12月17日(木)・24日(木)、2021年1月7日(木)・21日(木)、2月4日(木)・18日(木)
13時、14時30分、16時にお点前を実施(この時間以外は入室不可、及びお茶とお菓子は召し上がれません)。
会場:6階茶室「玄鳥庵」 定員:各回10名。1日30名 呈茶券:1,000円(別途要入館料)
※呈茶券は当日10時より3階受付にて販売(予約不可、お一人様2枚まで)
※変更・中止の場合があります。詳細および最新情報はウェブサイトをご覧ください。
 
▼一般お問い合わせ:03-3479-8600
▼美術館ウェブサイト:http://suntory.jp/SMA/

art-revisited_750x600
art-revisited_1920x900
art-revisted_1200x1200
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ