プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Human Horizons

世界初のレベル4完全自動車両パーキングシステムがHuman HorizonのHiPhi Xに搭載

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009174523-O2-c1nuC309

AsiaNet 85644 (1617)

 
【上海2020年9月17日 PR Newsiwre=共同通信JBN】中国のスマートモビリティーと自動運転研究の大手企業であるHuman Horizonsは、HiPhiXの生産車に世界初のレベル4自動バレーパーキング(AVP)システムが搭載されることを発表した。この発表は上海研究センターにおける開発と試験を成功裏に終えたことを受けたもので、最先端の自動運転技術研究にマイルストーンを記すものである。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200917/2920329-1-a

Human Horizonsの創立者兼最高経営責任者(CEO)、Ding Lei氏は「Human Horizonsは、
当社のプロジェクトではユーザーの安全を優先しながら運転の体験と効率性を向上するテ
クノロジーを活用する。当社はこれを念頭に置いて自動運転を促進し、大量消費市場に投
入する体制が整ったV2Xテクノロジーを発表する」と言及した。

この新たに開発されたAVPは車両と道路を統合した技術のインテグレーションをベースに
した最先端のレベル4自動運転体験をもたらす。レーザー、レーダー、通信デバイスといっ
た駐車場の固定センサー機器は車両と障害物の位置特定と追跡が可能で、車両にこの情報
を5Gで送り、安全な駐車スペースへと導く。ドライバーは駐車場のどこでも車から降車し、
自動的に駐車することを車に任せることができる。帰るとき、ドライバーはモバイルアプリ
を使って自分の現在位置まで車を呼び出し、そのまま運転できる。

このAVP統合システムはGPS信号が届かない地下駐車場、ブラインドスポット、狭い曲
り角などで自動運転車両が直面する困難を克服できる。これにより、HiPhi Xはこの分野
における産業リーダーになっている。

HiPhi Xはこのテクノロジーを搭載し、2020年北京モーターショーでデビューしてレベル4の完全自動パーキングを達成した世界初の大量生産スマート電動車両になる。

AVPシステムの他、HiPhi Xで新たに導入されたオートパイロットシステムも開発の前面にユーザーの安全を位置付けたものだ。このシステムは航空機の安全設計と同じ原理を用い、バックアップコンポーネントとして二重冗長性システムを使用し、1つのコンポーネントが故障したときでさえシステムの信頼性を確保する。このシステムは静止状態から時速130キロの速度範囲で車両の発進、停止、ターン、運転が可能である。これにより、ドライバーは自分の足、手、目、注意を道路からはずすことができる。それを可能にするのは車全体に配置された24のセンサーである(スマートフロントビュー、周囲ビューカメラ、ミリ波レーダー、超音波レーダー、ドライバーの状況検知DMSカメラなどを含む)。これが高精度マッピング技術と一体になってHiPhi Xのレベル4自動パーキングを実現したことで、中国でこれを達成した初の生産車になった。

2019年、Human Horizonsはスマート車両、スマート道路、スマートシティーのエコシステムの戦略的青写真の一環として、江蘇省塩城市にV2X運転が可能な世界初のスマート道路を構築した。また、このチームは5G車両・道路・都市統合実証プロジェクトを上海のZhangjiang Artificial Intelligence Park(張江人工知能パーク)に立ち上げた。AVP、そして駐車場とハイウエーにおけるその応用を開始することで、コネクトされ、自動的でスマートなモビリティーというHuman Horizonsのビジョンが一歩近づいた。

▽HiPhiについて
HiPhiはHuman Horizonsが創出し、同社のユーザーによって強化される高級ブランドである。HiPhi Xは軽量のハイブリッド・アルミニウム構造で、かつ持続可能な植物由来のレザーとリサイクル可能な素材を使用した電気自動車(EV)であり、持続可能性を高めている。

▽Human Horizonsについて
Human Horizonsは、革新的で優れたインテリジェントモビリティー技術、ならびに未来志向のスマート車両の工業化を研究・開発する目的で設立された。さらに、Human Horizonsはスマート輸送技術を構築してスマートシティーの開発に貢献し、人間のモビリティーを再定義する。

ソース:Human Horizons

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371814
(写真説明:世界初のレベル4完全自動車両パーキングシステムがHuman HorizonのHiPhi Xに搭載)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371794
(写真説明:ドライバーは自分の足、手、目、注意を道路からはずすことができる。それを可能にするのは車全体に配置された24のセンサーである(スマートフロントビュー、周囲ビューカメラ、ミリ波レーダー、超音波レーダー、ドライバーの状況検知DMSカメラなどを含む))

世界初のレベル4完全自動車両パーキングシステムがHuman HorizonのHiPhi Xに搭載
ドライバーは自分の足、手、目、注意を道路からはずすことができる。それを可能にするのは24のセンサー
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ