プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

easyMarkets

easyMarketsがレアル・マドリードと3年間のスポンサー契約

AsiaNet 85613 (1595)

【リマソル(キプロス)2020年9月16日PR Newswire=共同通信JBN】
easyMarketsは、世界で最も有名なチームの1つで、2020年のLa Liga Championであるレアル・マドリードとの将来的なパートナーシップを発表できて興奮している。

同社は、2020/21シーズンの始まりから今後3年間クラブのOfficial Online Trading Partnerとなることを発表した。これには、easyMarketsのブランディングの取り組みに素晴らしい価値を与え、確立された金融サービス企業にこれまでにないレベルの評判をもたらす可能性がある。

最高マーケティング責任者(CMO)であるOhad Golan氏はスポンサーシップについて「easyMarketsは、すぐ認知され、豊かな歴史があり、忠実で熱心なファン層を持つチームとの提携を目指していた。」

「われわれは、試合ごとに数百万人が注目する世界的に魅力のある組織との契約を求めていた。そして、レアル・マドリードはその明確な選択だった。」

「今後もレアル・マドリードの絶大な人気と世界的な魅力を戦略的に活用できるのを楽しみにしている」とコメントした。

レアル・マドリードのInstitutional Relations Director、Emilio Butragueno氏は「レアル・マドリードとeasyMarketsはどちらも各業界のリーダーであり、共通の価値観を持つ。20/21シーズンから、Official Online Trading Partnerとして彼らと一緒に仕事を始めるのが楽しみだ」とコメントした。

▽easyMarketsについて
easyMarketsは、全ての市場へのアクセス、革新的な取引プラットフォーム、簡単な取引と価格透明性へのコミットメントを持つ受賞歴のある世界的なブローカーである。

easyMarketsは取引の民主化というアイデアの下に創設された。当社の目的は、望む人には誰でも市場へのアクセスを提供することだった。結果として、当時Forex(外国為替)しか提供していなかったオンライン取引業界を根本的に変えた。2001年、当社は25ドルから最初の入金を受け付け、手間のかかる銀行送金(振込)ではなくクレジットカードを用いてオンラインで処理した。顧客の忠誠心が当社の成長につながった。

長年にわたり、当社はグローバル・インデックス、エネルギー、金属などを含めCFD製品を拡大してきた。2016年には、easy-forexからeasyMarketsにリブランディングした。当社は取引を民主化し、より簡単にアクセスできるようにしたが、当社が新たに顧客に提供できるものは常にもっと存在している。

当社は、投資した額より大きな損失が出ない真のオンライン取引プラットフォームを初めて提供した。無料のストップロス保証、insideViewer、Freeze Rate、そして少額の手数料で1時間以内に損失の出た取引を取り消すことができる当社の最も革新的なツールのdealCancellationなど、価値ある取引ツールと条件を提供して革新を続けている。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1274917/easyMarkets_Logo.jpg 
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1274915/easyMarkets_RealMadrid.jpg

ソース:easyMarkets

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ