プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社明治

産地別の香味を楽しむチョコレートへと生まれ変わりました!!「明治 ザ・チョコレート」9月29日新発売

産地別の香味を楽しむチョコレートへと生まれ変わりました!!
「明治 ザ・チョコレート」
9月29日 新発売/全国

 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、カカオ豆からチョコレートに至るまでのさまざまな工程にこだわり抜いたBEAN to BARチョコレート「明治 ザ・チョコレート」ブランドより、産地ごとに異なる香味を楽しめる「明治 ザ・チョコレートベネズエラカカオ70」「明治 ザ・チョコレートブラジルカカオ70」「明治 ザ・チョコレートペルーカカオ70」「明治 ザ・チョコレートドミニカ共和国カカオ70」を、2020年9月29日から全国で発売します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114261-O1-EQ39ZSO5
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114261-O2-64lmtkLA
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114261-O3-vxD8FWne
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114261-O4-bbp4DBr7

左から:「明治 ザ・チョコレートベネズエラカカオ70」「明治 ザ・チョコレートブラジルカカオ70」「明治 ザ・チョコレートペルーカカオ70」「明治 ザ・チョコレートドミニカ共和国カカオ70」
参考小売価格:各220円(税別)/内容量:各50g
 
 
特長①:産地からこだわってつくりあげた、明治スペシャリティカカオ豆※1を使用!※1 カカオ産地との取り組みにより実現したこだわりのカカオをカカオマスに使用し、その豆の香りと味わいをより引き立てる発酵やローストを行っています。
特長②:発酵、ロースト、型、パッケージなどカカオ豆からチョコレートに至るまでのさまざまな工程にこだわり抜いたBEAN to BARチョコレート!
特長③:同じカカオ含有量70%でありながら産地によって異なるカカオ本来の香りと味わいを楽しめる!

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114261-O5-e6npUW52
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114261-O6-6dYC6TOK
*カカオベルトとは
赤道をはさんで南北20度の間にある地域は、年間を通じて降水量と気温が高く、カカオの栽培に適していることから「カカオベルト」と呼ばれています。

 「明治 ザ・チョコレート」は、カカオの産地から厳選を重ね、カカオ豆からチョコレートに至るまでのさまざまな工程にこだわったBEAN to BARのチョコレートです。カカオが持つ特長を最大限に引き出し、カカオ本来の香りと味わいの違いを楽しんでいただけるよう、カカオ含有量は70%としました。同じカカオ含有量70%でありながら、産地によって全く異なる「ナッティ」「フルーティ」「フローラル」「スパイシー」の4つの香味を感じられます。カカオ本来のおいしさとチョコレートの奥深さ・楽しさを提案する各商品の特長は以下の商品ラインアップの通りです。
 本商品の発売を通じて、チョコレートの新しい価値を提案し、チョコレート市場の拡大を図ってまいります。

商品ラインアップ
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114261-O7-qI66j7nV
「明治 ザ・チョコレート」はサステナブルな取り組みをしているチョコレートです
 当社の研究員が直接カカオ産地に足を運び、カカオ農家の支援、協働の発酵研究、適切価格で継続購入することによる現地との絆づくりを実施しています。そのカカオをカカオマスに使用してつくりあげたチョコレートを、日本中のお客さまに身近な場所で、手頃な価格でお届けしています。生活者もカカオ産地の方々も、みんなが幸せになれる良質な循環を創出する取り組みを行っています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009114261-O8-POpj8GUl

明治 ザ・チョコレートベネズエラカカオ70
明治 ザ・チョコレートブラジルカカオ70
明治 ザ・チョコレートペルーカカオ70
明治 ザ・チョコレートドミニカ共和国カカオ70
産地が違えば、味わい違う。
カカオ産地
商品ラインアップ
サステナビリティ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ