プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Innodisk

パンデミックと自動運転車両の動向の中でInnodiskのCANバス・ソリューションへの需要が急増

AsiaNet 85547 (1556)

 
【台北2020年9月11日PR Newswire=共同通信JBN】
Innodiskの拡大するCANバス製品ラインの需要はとどまることを知らない状況

InnodiskのCANバス拡張モジュールは世界を席巻している。COVID-19パンデミックのさなかの自動運転車両テクノロジーに対する空前の需要に加え、産業オートメーションおよびスマートヘルスケアの成長が継続することは、業界をリードするInnodiskのCANバス・ソリューションは高い需要があることを意味している。

Logo- https://photos.prnasia.com/prnh/20200313/2748001-1LOGO

▽2020年の売上高が倍増
産業市場におけるInnodiskの長年の経験と、CANバス・イノベーションへの同社のコミットメントによって、Innodiskは自動運転車両、オートメーション、医療の市場における大企業および小企業イノベーターに対する主要なサプライヤーになった。その結果、InnodiskのCANバス製品ラインの売上高は2020年前半で倍増し、同期間におけるユニット売り上げは2019年の年間売り上げをすでに上回った。

▽自動運転車両向け専用のイノベーション
最新の自動運転車両システムは、さまざまな沿道環境での自動航法のためにライダー、レーダー、カメラシステムの多数のセンサーに依存している。この多数のセンサーは、車両運転システムが十分な数のCANバス・ポートを備えることを必要とする。

Innodiskは、この需要に応えるためにCANバス拡張モジュール(EGPC-B4S1)向けの新しい4つのM.2ポートを設計した。この拡張モジュールは、カードあたり4つの追加CANバス・ポートを車両運転システムに提供し、CANバス・ポートに対する高まる自動運転車両の需要に応え、新しい技術導入の新しい機会をメーカーに提供する。

▽未来を見据えた工業グレードのCANバス拡張
この新しいInnodisk EGPC-B4S1 CANバス・モジュールは、2020年第3四半期に発売され、Innodiskの拡張するCANバス・ラインアップで、CANバス拡張モジュール向けの2ポートM.2およびmPCIeに加わる。SAE J1939およびCANopen向けの上位プロトコルのサポートは2020年第4四半期にEGPC-B4S1向けが発売されるが、Innodiskの既存のCANバス・モジュールですでに全面サポートされている。

InnodiskのCANバス拡張モジュールは産業アプリケーション向けに設計されており、極端な温度(セ氏マイナス40度からプラス85度)、静電放電保護(空中:15kV、接触:8kV)、2kV HiPot保護をサポートしており、CANバスのイノベーションをあらゆる産業アプリケーションに適用できる。

▽Innodiskについて
Innodiskは産業および企業アプリケーション向けのフラッシュメモリー、DRAMモジュール、組み込み式ペリフェラル製品のサービス重視のプロバイダーである。当社は要求の厳しい各種業界の顧客に満足されており、優れた製品とサービスへのコミットメントによって自らを際立たせている。

Innodiskに関する詳細はウェブサイトhttps://www.innodisk.com を参照。

ソース:Innodisk

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ