プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road

「2020年海のシルクロード国際協力フォーラム」が中国・アモイで開幕

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009104195-O1-y8O89f1F

AsiaNet 85508 (1533)

 
【北京2020年9月10日PR Newswire=共同通信JBN】Silk Road Maritime International Cooperation Forum 2020(2020年海のシルクロード国際協力フォーラム)が9月8日、中国福建省の沿岸都市アモイで開幕した。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200910/2913053-1
(写真説明:「2020年海のシルクロード国際協力フォーラム」の会場風景。9月8日撮影)

「Silk Road Maritime: Route to high-quality development(海のシルクロード:質の高い開発への道)」のテーマの下、同フォーラムは「Sharing prosperity through cooperation and connectivity(協力とコネクティビティーを通じて繁栄を共有)」というビジョンに焦点が当てられ、基調演説やメンバー表彰、ブルーブックの発表など、多彩なイベントが予定されている。

21st Century Maritime Silk Road(21世紀海のシルクロード)の置かれている立場や長所に基づき、福建省は2018年12月に海のシルクロード国際物流サービスを打ち出し、「一帯一路構想」下での新たな海上物流サービスプラットフォームの創設を目指している。

第1回「海のシルクロード国際協力フォーラム」は2019年9月7日、アモイで成功裏に開催され、福建省における海のシルクロードプラットフォームの今後の発展の基盤を築いた。

それから1年間にわたる発展の後、福建省では政府政策、輸送インフラ、国際海事協力などの面で海のシルクロードに関するいくつかの重要な成果がみられ、福建省の対外交流港湾業務や物流、並びに経済や貿易の促進につながった。

東南アジアと欧州をカバーする6つの海のシルクロード急行ルートの第1陣がフォーラムで公式に発表されたことは特筆される。

一方、国内外の海運業界に関係する新たな8企業の「海のシルクロード」連合への加入が承認され、メンバーは計183になった。福建省のZhao Long,副省長によると、現在、東アジア、東南アジア、南アジア、西アジア、アフリカ、欧州をカバーする60以上の海上輸送ルートが運用されており、中国と世界の経済の成長可能性と開発の展望を提示している。

「海のシルクロード」サービス規格制度下での関連する港湾サービスの詳しい内容と、2020年版海のシルクロードブルーブックもフォーラムで発表された。

オリジナルリンク: https://en.imsilkroad.com/p/316059.html

ソース:Xinhua Silk Road

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371078
写真説明:「2020年海のシルクロード国際協力フォーラム」の会場風景。9月8日撮影

「2020年海のシルクロード国際協力フォーラム」の会場風景。9月8日撮影
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ